配当金だけで生活できるその日まで

平均4%以上の高配当株を長期保有して複利で増やしていきます。目指せ1億円!!

高配当株・たまに優待・日本株・米国株等インカムゲイン重視で取引を随時報告していきます〜

銘柄入れ替えや増配・減配等の修正をした最新の入金予定表を更新しました。以下の通りです。

FireSho__docs.google.cpreadshe
(見にくいですがクリックすると拡大します)


年間受取予定額は1,041,849円(税引後)となりました。
1ドル107.79円換算

多少の為替の変動があっても100万円は切らないであろうと思われます。

2月・10月の入金額が少ないですが、10万円を超える(予定)の月も3ヶ月出てきました。


引き続き年間120万円を目標に、
・日々節約
・毎月追加資金を最低10万円は捻出する
・利回りの下がった銘柄の入れ替えを積極的に行う

を続けていきたいと思います。


毎日相場をチェックしなくても、特殊な才能がなくても、コツコツ働いて高配当株を買い増していく。という作業を繰り返していくだけで定期的に入ってくるお金(配当金)がじわじわ増えていってくれるので、インカム投資はやろうと思えば誰でもできますし、これといったテクニックや知識も必要としません。

相場が大幅に下落したからといって、うろたえず配当を貰いながら気長に相場が戻るのを待っていれば良いですし、「退場」になることもありません。


最近では年金2,000万円問題で麻生氏の発言には賛否両論ありますが、若い層の証券会社開設数が増える等、いい意味で危機感を与えられたのではないでしょうか。


今後若い世代が積極的に投資を始めて「え!?資産運用してないの?」なんて会話が普通になるようになれば、投資=危ない・怖い・ギャンブル というイメージもなくなっていくはずですが、それでもごく一部の人しか実際には始めないのかもしれませんね。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)



















フィリップ モリス インターナショナル(PM)
より6月権利分の配当金をいただきました。SBI証券には7月18日の入金です。

do_messag

今回は1株あたり1.14ドルで特定口座で30株保有中ですので、税引後27.25ドルをいただきました。

今回は現地課税が0.2%(私の場合0.06ドル)差し引かれました。
微々たる額ですが、以前も現地課税引かれてその後で返金がありましたので、今回も返金があるのか気になるところです。保有額が多い方は0.2%でもバカになりませんよね。

買付時からの損益は-440.1ドル

利回りは5.19%

11年連続増配

配当性向は91.2%


値動きを見てみます。

FireShot Captレード証株式取引_ - h
このところ株価は急上昇しているように見受けられますが、


FireShot Captureレードで外国株式取引_ - h
長期で見てみると2016年から2017年中頃にかけてが上がりすぎていたのが戻った。といった感じです。

何度か買い増ししようかと悩むタイミングはありましたが、最低手数料の壁があり購入に込み込めませんでしたが、今後は78ドル付近まで下がれば利回り5.8%ですので、そのくらいまで値が下がったタイミングで少しずつ拾っていきたいと思っています。


現在タバコ銘柄はBTIMOPMの3つを保有していて、揃って含み損を抱えていますが大幅な減配がない限りは保有を続けていきます。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)














一昨日は−422.94円で昨日は+420.75円と、あっさりと値を戻した日経平均ですが、以前から買い増したいと思っていたケネディクス商業リート投資法人 投資証券 (3453)を265,300円で買い増ししました。

BeautyPlus_20190720051755575_save

家族名義の吉野家ホールディングス (9861)を売却した資金に少しプラスして買付しました。


3月・9月権利で次回分配金は6,480円→6,343円の予想です。


6,343円を基準とすると利回りは4.79%と少し物足りないところはありますが、他・利回りの高いJREITは複数口保有しているため、現在1口しか保有していなかったので買い増したいと思っていました。

物件の入れ替えを積極的に行っていて、格付もA+(安定的)を取得していて分配金も比較的安定しています。


本当は利回り5%以上の水準まで値が下がったら買い増ししようと監視していましたが、いつになっても買えない可能性もありますし、一昨日大きく下がり昨日も少し下げていたので、このタイミングで買付しました。

*****

6月に優待取得のため、思い切って10口まで買い増ししたタカラレーベン不動産投資法人 投資証券(3492)ですが、3,040円4,600円と分配金予想額の修正を発表したため、大きく値を上げています。

上場から日が浅く、分配金額も安定しておらず割安で放置されているうちに買い増ししておいて正解でした。

権利落ちが激しそうですが、そこは毎度のことなので仕方ありません。


エクセルで管理している入金予定分配金額も、増配銘柄の更新をしていませんでしたので週末にまとめて修正して、改めて最新版の入金(予定)額を把握したいと思います。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)





















スターツプロシード投資法人 投資証券 (8979)より4月権利分の分配金をいただきました。7月18日の入金です。

FireShot _DocumentTex718messageNo=201
FireShot Capot.jp_web_DocusplayAction.do_messag
BeautyPlus_20190719024008626_save

今回は1口あたり4,638円で、家族名義のNISAで1口・私名義のNISAで2口・特定口座で1口保有していますので、税引後17,611円をいただきました。

今回の分配金には物件売却益が含まれています。


次回分配金は物件売却益がなくなるため、4,420円→4,420円の予想です。

4,420円を基準とすると利回りは4.9%


買付時からの合計損益は+79,305円

買付時よりも値が上がったため利回り5%を切っていますが、それでも4.9%あれば十分です。



スターツプロシード投資法人 投資証券 (8979)は、住居特化型のREITでしたが、今後はホテルや商業施設もポートフォリオの上限25%まで組み込んでいくようです。

幅を広げることが良いことなのかは分かりませんが、その辺はプロにお任せするとします。それがREITの良いところだと思っています。


現在のNAV倍率が割安であることをかなり意識しているようですが、確かにJREITの中で2番目にNAV倍率が低いです(1番は大江戸温泉リート投資法人 投資証券 (3472)


2017年に買付したJREITは利回り3%台まで下がってしまったものも多く、未だ4.9%の利回りで放置されているので、個人的には含み益は出ていますが割安で放置されている状態です。


自己投資口の取得により発行口数を減らし、その分1口あたりの分配金を上乗せするなどの企業努力も見受けられますし、今後も今の分配金が続く限りは継続して保有していきます。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)


















昨日は日経平均-422.94円と久々に大きく下がった気がします。


保有銘柄も大きく下がりましたが、このままズルズルと下がっていくのか、一時的な下げですぐに反発するのかは分かりません。

ただ、下がってすぐに飛びついて買い増しして、その後早速の含み損を抱えしばらく下がり続ける。ということが幾度となくありましたので、少しくらい下がっても全力投球せずに様子見が一番かと思っています。

とはいえ、ここから反発してしまった時のことも考え、無難に日経平均高配当株50指数連動型上場投信 (1489)を32,000円で1口だけ買い増ししました。

合計18口の保有となりました。

下がれば1口ずつ地道に買い増していきたいと思っています。


個別株に関しては、どこまで下がるか分からないので手が出せません。


ただ、日本たばこ産業 (2914)が利回り6.43%まできました。
一体どこまで下がるのだ?と監視していますが、もしリーマンショック級まで下がることがあれば1,000円台までズルズルと下がっていく覚悟もしておかなければなりません。

FireShot Captureo.jp_ETGate_

仮に1,100円まで下がり、それでも減配がなければ利回り14%等のとんでもない数字になってしまうので現実的ではありませんね。

利回りは魅力的ですが、どこまで下がるのか見えない底なし沼には安易に足を踏み入れられないので、やはり買い増しは躊躇してしまいます。


下がると何かしら買わないと損な気がしてしまいますが、下手に売買するよりもじっとしておいていつか値が戻るのを待っていたほうが懸命かもしれません。


資金に余裕があって何かしら下がっているタイミングで買付したいのであれば、ETFを少しずつ。くらいが丁度良いと思います。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)















家族名義で保有していた吉野家ホールディングス (9861)を2,173.9円で売却しました。

BeautyPlus_20190718030453229_save

+31,333円の売却益です。

配当+優待合わせた利回りが3.64%と魅力に欠けていたのと、牛丼の優待も少し飽きてきたので一旦手放します。

私名義分はすでに売却済みで、1単元は残そうと思っていましたが、決算が良かったためか高騰していて更に利回りが低下したので売約し、利回りの良い銘柄に乗り換えたほうが良いという判断です。


売却後に20円程上がってしまいましたが、「頭としっぽはくれてやれ」ということで今後も値上がりが続いたとしても気にせずに次の銘柄探しに時間を割きたいと思います。


だいたい私が売却するとその後騰がっていくので、本当に売るタイミングが下手だな。と自覚していますので極力頻繁な売買は避けるようにしています。

それでもより利回りの高い銘柄への乗り換えのための売却ならば、長い目で見ればプラスになると思っていますので、適度に銘柄の入れ替えをしつつ、年間受取配当金額を少しずつ増やしていければと思っています。


今回、手数料が少しだけ安くなる。ということでPTS取引で売却してみました。PTS取引は時間外取引のイメージが強いですが、時間内でも取引できます。

料金プランがアクティブプランになっていて、今回の売却手数料ですと308円(税込)でしたが、PTSの手数料は257円(税込)とほんの少しだけ安くなりました。


本当はスマートプラスのほうに移管手続きをして無料で売却しようと思っていましたが、移管手続きに時間がかかりますし、待っている間にどんどん下がってしまう可能性もあるので、久々に手数料を払って取引しました。

今後は無駄な手数料を支払うことなく取引できるよう、SBI証券で10万円を超えてしまった銘柄についてはあらかじめ(売却予定がなくても)移管しておこと思いました。


さて。

買付余力で何を買おうか悩むところです。

最近はJREITも利回りが魅力的な銘柄はすでに複数保有していますし、ETFは来年のNISA枠で買っていけば良いので、利回り重視で選んでいく予定です。


吉野家ホールディングス (9861)売却後も年間受取(予定)配当金額は109,950円となっています。


早く年間120万円(月額10万円)を突破するのが今の目標です。


今年中には難しそうですが、来年中には達成できる金額です。


毎月10万円定期的な収入があると思うと心強いですね。


将来の自分のためにも、今はコツコツがんばるのみです。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)




















↑このページのトップヘ