配当金だけで生活できるその日まで

平均4%以上の高配当株を長期保有して複利で増やしていきます。目指せ1億円!!

高配当株・たまに優待・日本株・米国株等インカムゲイン重視で取引を随時報告していきます〜

すみません。最近知りました(笑)

リートって何?(以下コピペです)


 リートとは、投資家からお金を集めてオフィスビルや賃貸住宅、流通施設などの不動産を購入し、不動産から得られた家賃収入や売却益を利益として分配する投資商品です。

一般的に不動産投資を行うには、多額の資金が必要になりますが、投資家はリートを通じて、不動産に間接的に投資をすることができます。

リートは株式と同じように市場で投資証券の売買をすることが可能です。


要するに 、株の不動産バージョンみたいなものですね。しかもリートの配当は、利益の一定の額を配当金として分配しなければいけない仕組みになっているので、配当率が高め。7%以上なんていうところもあります。

ちなみに配当は高めですが投資信託と違って全て「普通分配」です。


今の私のポートフォリオには、5%以上の配当が必要なんです(平均値を上げるため)。 ただ、出来高があまりにも少ない!まだまだ浸透していないようですね。実際、投資好きなお客さんと話していてもリート?なにそれ?みたいに聞かれたりします。

JリートのJは日本のJです。
ということは海外のリートもあるわけですが、まだまだ海外リートは勉強中なのでひとまずはJリートから買って行こうと思っています。


▼高配当リートランキング
rito1

 

購入時

1777円×100株

配当年4000円(2.31%)

配当だけだとさほど高配当ではないのですが、年間6000円ぶんの食事券の優待があるので、合わせると5.64%になります。

ガストにはたまに行くのでこれはありがたい!と思って購入してみました。

そして何より順調な業績☆

ssukai


高値掴みした気もしますが、気にせず長期保有していきたいと思います。

ちなみに300株保有していると、年間2万円分の食事券がいただけます。
300株に増やそうか検討中。もう少し値が下がったら買い増ししようかな?


 すかいらーくの優待が使えるお店は意外とたくさんあります。
外食をよくする人にはありがたいです。

 sukai2


毎月分配型の投資信託を購入してみた経緯についてはこちらを御覧ください。

待望の1ヶ月目の配当が入りました。
私は3万円購入しています。


1


おお!625円入っているではないですか!

さてさて特別分配金の割合は???


1-1


普通分配金136円
特別分配金489



結局普通分配金だけで計算すると5.54%でした。

買付手数料は無料

信託報酬1.565%(年)

かかるので、どうなんでしょうね(笑)

実験なので、このまま保有してまた来月ご報告したいと思います。



 続きを読む

私は購入したのは、大和-通貨選択型アメリカン・エクイティ・αクワトロ(毎月分配型)という商品です。


分配利回り41.39%(年)
トータルリターン49.67%(年)

というとんでもない数字(笑)

私なりに選んだ条件は、

・健全率100%以上
・余裕月数100ヶ月以上
・値が下がり続けていないこと
・トータルリターン年30%以上

普通分配金が何割で、というのは購入してみるまでどうやら分かりません。健全率100%以上ならば、普通分配から出るのはないか?

試しに3万円分購入してみました。

結果は毎月報告していきたいと思います。

さて、どうなることやら。



 

証券会社の人気ランキングを見ているとよく目にする利回り30%!等の毎月分配型の投資信託。

気になって夜も眠れなかったので調べること1週間。

毎月分配化型の投資信託はオススメしない!

と皆、口をすっぱくして書いている。

投資信託には『普通分配金』 と『特別分配金』なるものがあるらしい。

特別分配金?

初めて聞く単語に更に調べていくと、配当30%等と書いてあるにも関わらず、実際は元金を切り崩して配当を分配しているという意味不明なもの。

更には高額な信託手数料まで取られるとは・・・

それでも、本当に毎月分配型の投資信託は危険なのか?
全ての商品がダメなの?
それならば、そんな商品すぐに噂が広まって、なくなるのではないか?

という疑問が湧いた。

人の言うことは素直に聞く方ではあるが、実際に自分で経験してみないことには、腑に落ちないままなので、【捨ててもいいと思える金額】で、且つ【自分が納得した商品】を3万円分だけ買ってみることにしました。

ということで、実際の体験談は次回に続きます。


 

・日本株にこだわらず、高配当であればリートやETF等も購入する

・配当は平均4%以上(税引き後3.2%)以上を目指す

・購入したものは値を下げてもあまり気にせずに長期保有で配当をいただく(優待の廃止等の場合は除く)

・優待はあまり重視しないが、クオカード等お金に近いものはチェックする

・リスク分散のため、お気に入りの銘柄であっても大量保有はしない

・配当は生活費に使わず全額再投資する

・給料から毎月10万円は投資に回す→15万円に変更





 

↑このページのトップヘ