12月中に入金があった配当金・分配金の報告です。

・円(JREIT・貸株金利・円で受け取った米国ETF等含む)74,178円
・ドル 135.9ドル(110ドル換算で12,896円)

合計89,127円
(税引後)


優待
・ヤマダ電気割引券 4,000円分
・ディア・ライフ クオカード2,000円分




今年の受取配当金・分配金


1月 18,001円 
2月 27,182円 
3月 88,329円 
4月 65,068円 
5月 60,520円 
6月 90,524円 
7月 86,661円 
8月 80,391円 
9月 82,387円 
10月 68,873円
11月84,263円
12月89,127円

合計841,326円(税引後)

という結果となりました。

12月受取分が11月中に入金されていた銘柄をいくつか11月分でカウントした関係もあり、11月入金分に比べ微増でしたが今年中で一番入金が多かったので良しとしましょう。


年間84万円という金額を多いと思うか少ないと思うかは個人の資産にもよりますが、一度買って後はぼけっとしていても減配がない限り毎年この金額が入金されるわけですから、個人的には下手に副業したりするよりもよっぽど良いと思います。

今年は大暴落があり、評価格が大幅に減ってしまった方も多いと思われますが、下がっても一切気にせずただひたすらに配当金が入金されているのだけを見て喜べる鋼のハートを持ち合わせている方は、今年もとてもハッピーな1年だったはずです。

下がり続けていくのを見ているのが辛いならば一切株価を見ない。というのも1つの手ではありますが、
私はせっかくだからこの大暴落がどのようになるのかを見届けたいと思い、毎日下がり続けていく様子を見ては、下がった銘柄を買い、すぐに含み損を抱え、また買っては更に含み損を抱えてみたりしました。


また、昨年からは年末にあえてマイナス銘柄を売却して節税する損出しも積極的に行いました。

暴落の際にはどこが底なのか分かりませんし、どのように立ち回るのが正解なのかは実際に経験してみないことには分かりませんから、多少損を出したとしても思ったことをしてみました。


まだ相場が落ち着いたわけではないので、2019年以降どのような結果となるかは分かりませんが、精神的にも鍛えられましたし良い経験をさせていただけたと思っています。


年末であれば損出しを積極的に行うこともできますが、そうでない場合「買付余力は大事」だということを痛感しました。

欲しい銘柄がいくら下がっていても買付資金がなければチャンスを逃してしまいます。

来月の給料が入ったら買おう。なんて思っている間に戻ってしまうかもしれないですし、やはり余力は大事ですね。

そして定期的に入金される「配当金」の存在は暴落の際にも最高の安定剤となってくれるので、インカムゲイン投資最高!!

と改めて実感させられる1年でありました。


ブログを開設して丸2年が経過しました。Twitterを始めてから1年3ヶ月。今まで周りに投資について語り合える仲間がいませんでしたが、自分の思ったことを発信したり、困った時には教えていただいたり、実際にお会いしたことはありませんが、ブログもTwitterも始めて本当に良かったと思っています。

来年も「出来る限り毎日更新」を目標に続けていきたいと思っています。

できれば80歳くらいになってもハズキルーペでも掛けながら一生懸命パソコンに向かって更新を続けていくつもりですので、皆さん一緒に年を重ねていきましょう(笑)



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)