1月4日の取引です。米国株がまたしても下がっていたのでETFを買付ました。

FireS券)-オンライントレー国株式取引_ - ht

SBI証券ではNISA口座であれば、米国ETFも1口ずつちょこちょこ注文しても買付手数料が無料なので助かります。

分かりにくいので12月28日注文分も合わせてまとめます。

iシェアーズ コア 米国高配当株 ETF(HDV) 83.5ドル・83.49ドルで2口買い増し
バンガード 米国高配当株式ETF(VYM) 77.29ドル・77.1ドル・77.07ドルで3口買い増し
iシェアーズ 米国優先株式 ETF(PFF) 33.9ドル・34.1ドルで3口・4口買い増し
バンガード トータル ワールド ストックETF(VT) 64.52ドルで1口買い増し
iシェアーズ 米国不動産 ETF(IYR)74ドル・73.7ドル・73ドルで3口買い増し
バンガード トータルストックマーケットETF(VTI) 125.75ドルで1口買い増し
iシェアーズ グローバル公益事業 ETF(JXI) 48.45ドルで1口買い増し

合計994.07ドル(1ドル110円換算で109,347円分)買付しました。


今月の買付はこれで終了の予定ですが、大幅な暴落があれば買い増すかもしれません。ちらっと見てみて上がっていれば特になにもせず(ほくそ笑むくらい?)今回買った額よりも下がっていれば買いにいきます。


■2019年1月5日現在米国ETF保有(損益)状況
FireShot Cabisec.co.jp_bff_fbonds_BffAcmary.do

VTIが少ないですね。
今後暴落の際にはVTIを多めに買付ようと思います。

5日のダウは+746.94と上がりました。

買ってから騰がると、あ〜あの時もっと買っておけばよかった・・・といつも後悔するので、ある程度どかっと下がった時には勇気を持って買い増していきたいと思います。

ただ、昨年は12月の暴落の際にNISA枠を使い果たしていて米国株が爆下げの中、買い増すことができずとても悔しい思いをしました。特定口座で買おうかとも悩みましたが、手数料の関係で1銘柄にある程度の額を費やさないとならないので、どこをいつのタイミングで買えばよいかとても迷いました。なので円で買付できて手数料もかからないSPDR S&P500 ETF (1557)をしつこく、しつこく買い増していったわけです。


いずれにせよ、数十年間保有しておけば取得価格はあまり関係なく、いかに長い間分配金を受け取れるかのほうが個人的には大事なので、細かいことは考えず定期的に買い増していくのが一番であると思われます。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)