かれこれ6年来のお客さんが、「あと5年で仕事辞めるんだ」と言ってきました。

その方はまだ40代後半。

「辞めてどうするの?」

と聞いたら「配当金で生活していく」と言うのです。


え?投資してたんだ?


初耳だったので聞いてみましたら「いや、これから始める。今勉強中」


とのこと。


配当金で生活していけるだけの投資資金がもうあるなんて凄いね。退職金も出るんでしょ?


と言ったら


「いや、うちの会社は退職金は出ない。いまから5年で500万貯めて2,000万あれば毎月20万は配当が入ってくるから、田舎に隠居して自給自足で生活していく」


と言うのです。

嫌な予感がしました。


2,000万円で年間240万円の配当金って、それってもしや投資信託?


答えはビンゴでした。


「最近中途で入社してきた人が投資をしている人で、今まで社内に投資をしている人なんていなかったから、色々聞いたら利回り12%くらいの毎月配当金が入ってくるのがあるらしいんだ。2,000万あれば生活していけるんだよ。そのうち年金も入ってくるし」


と、ドヤ顔でした。


どうでもいい人ならば「へ〜そうなんだ」で流しますが、来てくれるお客さんの中でも付き合いは長い方だし、毎月分配型投資信託のカラクリについて助言して、実は私も投資をしている話をしました。

普段、お客さんのほうから投資の話をしてくる場合を除いて、自分から投資の話を振ることはないので、初めてそんな真面目な話をしました。


本当に今まで一切投資に触れたことがない方だったので、「とりあえず右も左も分からないから、証券会社行って、担当にいい投資信託を紹介してもらうように会社の人から言われたんだ。プロが勧めてくるなら間違いないだろ」

と、完全なる「鴨」でした。


元本保証で年利12%なんて商品があったら皆やっているはずです。


その方には

・2,000万円を運用するのなら1つの商品に全額突っ込んでは絶対駄目(分散)
・適正な利回りは5%あれば良いほうだと思って
・2,000万円では残念ながら配当金生活を送ることは難しい


ことを伝え、あとはどうするかは本人の判断なのでこの話は終わりにしようとしましたら「来週から毎週投資の話を聞きにくるわ。とりあえず俺は今まず何をするべき?」

と聞く耳を持ってくれたので、「とりあえずネット証券を作ろう。SBI証券なら私も使ってるし説明しやすい。NISA口座も申し込みしておいてね」

と言いました。すぐに行動に移さない人のほうが多いですが翌日「申込みしたわ」と連絡がきたので、やる気あるんだーと嬉しく思いました。


「右も左も分からない人に教える」ということは改めて自分の考えを整理しなければならないし、自分自身の勉強にもなります。


・くれぐれも投資は100戦100勝はあり得ないこと
・元本は保証されていないこと
・一時的に大きく値が下がることがあっても慌てて売ったりしないこと

等々リスクがあることを十分説明してそれでもやってみたい。と言うならばこちらも親身になって、分かる範囲で教えようと思っています。


彼が今後どうするのかが楽しみです。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)