米国株はこのところ大幅な下落もなく、なかなか買い増しができていません。一応指値で注文は入れていますが約定されません。

FireSh - https___global.sbisec.bOrder

焦って高値で買っても仕方ないので、のんびり待つとしましょう。


今、一番注目しているのは先日も書きましたがSPDRポートフォリオS&P 500高配当株式ETF(SPYD) 

S&P 500採用銘柄の中から利回りの高い銘柄を集めたETFになります。

利回りも4.2%程と、ETFの中では良いほうです。ただ、今買ってもまた天井で買ってしまった・・・となりかねないのでじっと監視する日々です。


FireSオンライントレードで外国_ - ht

36ドル付近で買えたらいいな・・・と思っていますが、このまま上がり続けるのか、調整はやってくるのか、分かりませんが買うならば特定口座のほうで買い付けする予定ですので、まとまった額を買わないと手数料負けしてしまいます。

NISAであれば1口ずつ様子を見ながら買い増していけますが、すでにNISAでは8銘柄保有していますので、これ以上銘柄数を増やしすぎても1銘柄あたりの割合が減ってしまいますので、悩むところです。


仮に今よりも2ドル下がったら買おう。とタイミングを伺っていて数年経っても下がらなかった場合、今買付して年間1.6ドルの分配金を貰ったほうが良い場合もあります。

こればかりは分かりませんが、買うタイミングを考えている時間もまた楽しい。

ということで、自分なりにあれこれ考えて答えを出そうと思っています。


時間を戻せるならば、VTVYMの分をSPYDの買付に回したかったな〜

と思います。米国ETFはNISAで買付すれば買付手数料が無料になるので、1口ずつちょこちょこ買い増しができてかなり便利です。

下がれば買い増して、また下がれば買い増して、とできるので買付時期を分散することができるのは非常にメリットがあります。


手数料を気にしなければ特定口座でも1株(口)ずつなど買うことはできますが、最低手数料が5ドルかかりますので、トータルの手数料を考えると非常に効率の悪い買い方となってしまいます。

将来的に米国株の売買手数料が安くなることを期待していますが、現状は手数料のことを考えて買付していかなければならないので、そう考えると円で買付できる米国商品のETFは為替手数料もドル転の手間もありませんし、多少利回りは低くても1口ずつ等のちょこまか買いもできるので、非常に便利な商品だと思います。

もっと選択肢が増えてくれればありがたいです。


▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)