このところ相場全体が上がりすぎている気がしています。

右肩上がりだと、今買っておかないとどんどん上がっていってしまうのでは・・・

という気持ちになり、焦って買いに走りがちです。

ですが、過去を振り返ってみても永遠と上がり続けるということはなく、米国株にしても長い目で見れば右肩上がりかもしれませんが、その間に何度も調整があるものです。


過去、個人的に少ない経験ではありますが右肩上がりの相場に乗ってみて、しばらくは上がってもドスーンと含み損を抱える。というパターンが何度もありました。

なのでどうしても今のようなタイミングで買うことに違和感を感じてしまって、いつか大きく下がる気がしてしまいます。


このようなタイミングであっても毎月10万円。等と決めた金額をコツコツ買い増していくべきなのか、買いを控えるべきなのか正解はないと思っています。


なので、私は今

・下落に備えて買付余力を確保しておく
・全く買いをストップするのではなく、1単元の手頃な銘柄に絞って少額ずつ買い増していく

ことにしています。


インカム狙いであれば数十年と配当金を受取り続けていれば、多少の含み損は気にする必要はありませんが、ど天井で買うのだけは避けたいところです。


こう上がり調子だと買いのタイミングは非常に難しいですが、こうして日々買いのタイミングを伺ったり、時には失敗したりしながら経験を積んでいけば良いので、ただ様子を伺って何もしないでいるよりは、ずっと価値があるはずです。


昨年末のような暴落がやってきた際には喜んで買えますね。

いざドスンと下がると含み損も日々拡大し不安になりますが、たまにはバーゲンセールが来て欲しいと思ってしまいます。


▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)