日経平均株価と日本株はある程度連動していると思われますが、日経平均株価の推移を見てみましたら、ほぼ天井なのではないか?と思われました。

 nikkei2


私はど素人なのでよくわかりませんが、この先、25000円まで上がるようなことは特別な材料がない限り、ないのでは?この範囲の中で下がったり戻ったりをくり返すのでは?と。

もちろん全ての株が日経平均に連動しているわけではないし、個別に成長していく銘柄も多々あるでしょうが、全体を通りて、値上がり益を期待して投資をするのは難しい気がします。

長期投資の良いところは、値が下がったとしても、配当さえきちんと出してもらえたらそれで良いという点だと思います。

笑える程下がることはあっても、長いスパンで見ればじわじわ値は戻ります。

長期といっても一生保有できるような銘柄ならば良いですが、時代の流れで需要がなくなってしまった商品を扱っているなど、魅力が薄くなってしまった銘柄があったとして、配当で累計5万円いただいていたとして、値が購入時よりも2万下がっていても、3万円のプラスだと思って売却してしまえばいいわけです。

頭としっぽはくれてやれ

投資で良く使われる言葉ですね。配当も欲しい。値上がり益も欲しい。そりゃ皆そう思って投資していますが、全てにおいてそう上手くいくわけではないので、値が下がり続けてる!どうしよう!失敗した!株なんてやるんじゃなかった!

と慌てふためくのではなく、10年持っててダメなら考えよう。と気楽に考えたら良いです。

一番困るのは購入時は高配当で、無配当や減配になってしまうこと。

そういう銘柄に当たらないためにも、最低10年はこの先通用すると自分の中で確信できる会社であれば、万一そのような事態になっても納得できるはずです。

ただ、会社の不祥事だったり、天災や誰にも予測できない事は起きますから、投資はリスクは覚悟の上でしなくちゃですね。

だったらやっぱり銀行に預けておくのが一番じゃないか!という人はそうしたらいいと思います。

私は全財産がなくなるレベルのリスクは絶対に嫌ですが、多少のリスクは許容の範囲だと思っています。失敗しないと分からないことも多いですし、これからも気長に投資を楽しんでいきたいと思います。


配当・配当金ランキング

株式投資人気ランキングへ