毎月分配金がいただけるiシェアーズ優先株式&インカム証券ETF(PFF) から9月権利分の分配金をいただきました。9月10日の入金です。

FireShot Ctps_sbisec.co.jp_bff

今回は1口あたり0.160278ドルでNISAで91口保有していましたので(現在は105口)税引後13.14ドルをいただきました。


買付時からの損益は-23.1ドル


プラスになっていましたが、この数日下がり含み損に転じてしまいました。そのため、指値で入れていた注文が約定されていて、11口増えました。

FireShot Cap券)-オンライドで外国株式取引_ - h

利回りは5.59%


株価は日々変動するもの。多少の含み損は気にせず下がれば買いのチャンスですので、下がったからと悲観せずに下がったらラッキーと思うようにしています。


ドルで保有している銘柄に関しては未だ1度も売却したことがなく、ひたすら買い増しだけを行っています。

本来のインカム投資のあるべき姿だと思っています。

下がれば買い増す。上がっている時は見ているだけ。下手に取引を繰り返しても手数料が高くつきますし。


ただ、特定口座で含み損を抱えている銘柄に関してはあえてマイナスで売却することにより、税金を取り戻すことができるので、積極的に行うべきです。


損だしはGMOインターネット (9449)の優待で手数料キャッシュバックがある(実質無料)範囲内で行うようにしています。

手数料がかからず、損だしをして税金が戻ってくるのであればやらない手はありません。


残念ながら米国株は手数料キャッシュバック優待のある銘柄はないため、今のところマイナスであっても損だしはしていませんが、円保有銘柄のマイナス分だけでは枠が余ってしまうようであれば、今年はドル資産も含み損の多く出ている銘柄に関しては損だしを行うかもしれません。


保有中のフィリップ モリス インターナショナル(PM) であれば、48株保有していて含み損が-944.16ドルでています。売却金額の合計は3,507ドル。手数料は0.45%で15.77ドルかかります。

944.16ドル分のマイナスで戻ってくる税金は約188ドル

かかる費用は15.77ドル

もしかすると売却せずにそのまま保有していたら、数年後には含み益に転じている可能性もあるわけです。


15.77ドルの手数料を勿体無いと思うか、手数料を差し引いても172ドル節税できることを優先するかは個人の考え方次第ですが、その辺は11月半ば過ぎあたりから、年内の配当金入金額と相談しながら決めたいと思っています。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)