配当金だけで生活できるその日まで

平均4%以上の高配当株を長期保有して複利で増やしていきます。目指せ1億円!!

2018年11月

毎月月末に報告するようにしている投資信託の運用状況です。

FireSh_site2.sbisec.co.jp_ETGate_

楽天・全米株式インデックス・ファンド+3,446円(+4.6%)と、前回の+1,365.32円(+1.95%)よりは少し回復しました。


また、ひふみプラス+3,405円(+4.31%)と前回の-352.2円(-0.47%)に比べ、こちらも何とかプラスになってくれました。

気長に値が回復してくれるのを待つことにします。


ひふみプラスは毎週1,000円ずつ自動積立をしているのを解除したはずでしたが、なぜか未だに自動積立されています。

謎ですが(たぶん決定ボタンを押し忘れた?)他銘柄の買付資金が不足した際にはいつでも解約して良いという位置づけで、継続して毎週1,000円をもう少し続けてみようと思います。


来年度はひふみプラスの積立分をS&P500指数に連動している三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の積立に充てようかな、と検討中です。

今年の残りのNISA枠10,960円分を埋めるべく、お試しで保有していますが現在は残念ながら-218円とマイナスです。

米国ETFで「VOO」・円で買付できるETF「SPDR S&P500 ETF (1557)」も保有していますが投資信託の場合とでほぼ同じパフォーマンスなのであれば、投資信託を地道に自動積立するのもアリかな、と思います。

今年の7月に設定されたばかりの投資信託ですので今年中は様子見をしようと思っていましたが、SBI証券の月間積立件数、積立金額では堂々の1位となっています。

ドルで資産を持つのは面倒だけれど、米国株にも分散投資をしたい。という方が多いということでしょうか。

ただ、分配金が出ない分投資信託は退屈です。

モチベーションの維持が難しいですが、存在を忘れて1ヶ月に1度だけチェックするだけもOKという楽ちんさは魅力的です。

将来的にリタイアして1度に数十万と1銘柄に投資ができない環境になった際にも、毎週1,000円等の少額であれば捻出できるはずですので、そうなった時に投資信託は投資先としてアリなのか?という試験的にも今試してみている。というのもあります。

これからも毎月月末に評価格をチェックしていきたいと思います。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)












日産自動車 (7201)より9月権利分の配当金をいただきました。11月28日の入金です。

FireShot Ca_web_DocumentTextDisplayAction.do_message

FireShb_DocumentTextDisplayAction.do_messageNo=2018

NISA枠で100株、特定口座で100株(現在は200株)保有中でしたので、税引後5,122円をいただきました。

買付時からの損益は-28,540円と大きく含み損を抱えています。

利回りは5.87%

高配当で有名な日産でしたので保有している方も多いと思いますが、連日ニュースでも報道されて、株に興味のない方にも強烈なインパクトを与えた「カルロス・ゴーン氏逮捕問題」がありましたが、海外では日本のクーデターであるとか、裏切りだ等と報道されているようですが、ゴーン氏個人の問題から国際問題に発展し、今後の動向が注目されています。

私は300株保有していましたが、すぐには売却せずに様子を見ることにしました。

報道翌日には大きく下げることは予想できますが、その後の動きは全く予想ができなかったからです。


Twitterでも「日産売りました!」等のツイートをたくさん見かけたので、大きな被害を受ける前に手放した方も多いはずです。


結果として、こんなものか・・・というくらいの下げで今のところは留まっていますが、今後の展開次第ではどこまで下がるのか分かりません。また、ルノーと日産が完全に決別するようなことが起きた場合、減配の可能性もありますし、米国の自動車税増税問題など、他にも不安な点がつきまといます。

不祥事等で株価が暴落している時こそ、仕込み時だ。等と言う人もいますが今回は日産 vs ルノーだけの問題ではなくルノーの筆頭株主であるフランス政府を巻き込んでの大きな戦いですので、ちょっとした不祥事で一時的に株価が下がっているケースとは異なります。

こういった場合、どのような選択が正しいのだろうか?

1)損をしたくないのなら売却して退散する
2)損を覚悟の上で保有し続けて結果を見守る
3)損を覚悟の上で買い増す
4)複数株保有している場合は一部は売却し残りは保有して結果を見守る

等の選択肢が思い浮かびます。

個人的には4)の特定口座で保有分は損切りして節税に使い、NISAで保有中の100株だけはマイナスも覚悟で様子を見よう。

という結論となりました。


今回、このような問題になりましたが私が保有している金額としては30万円程ですので、ポートフォリオに対する割合は1.25%です。

これがもし、30%等の比重でしたらおおごとです。

いくら高配当で業績もよく増配が続いている会社であっても、いつ何があるか分かりません。

お気に入りの銘柄はどうしても多めに買い増したくなりますが、その気持ちをぐっとこらえて分散して資産を投資していかないと危険です。

100戦100勝する必要はないのですから、こうした経験をたくさん積み重ねていって強いポートフォリオを作っていきたいものです。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)













岩井コスモホールディングス (8707)から9月権利分の配当金をいただきました。11月27日の入金です。

FireShoumentTextDisplayAction.do_messageNo=2018


今回は1株あたり20円で100株保有のため、税引後1,594円をいただきました。

買付時からの損益は+14,600円

利回りは5.4%

配当金は28年55円→29年55円→30年75円の予想となっています。

業績も順調ですし、来年度の家族名義のNISA枠で買い増ししたいと思っています。


NISAで買う銘柄としては、
・値動きが激しくない
・優待はなく配当金だけの銘柄
・増配ではなくとも安定した配当が続いている

が望ましいのですが、家族名義のNISAで保有しているキヤノン (7751)は大きく含み損を抱えてしまっています。損出しもできず放置したままになっていますが、ゆっくり値が戻ってくれるのを待つしかなさそうです。

なかなか安定の高配当銘柄を探し出すのは難しいですね。

税金がかからないのでメリットの多いNISAではありますが、何となく買ってしまうと後で後悔することも多々ありますので、じっくり考えて購入しなくては。


9月権利銘柄は本来12月の入金ですが、11月中の入金が多く12月の入金が少なそうです。早く入金していだける分にはウェルカムですので、来年は10月入金分を強化していきたいと思います。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)











26日はいくつか買い増しをしました。

まずはGMO証券でヘルスケア&メディカル投資法人 投資証券 (3455)を112,400円で1口買い増し。

FireShot - https___kabu.clickabu_yakujyoList.do

合計で2口にしました。


また、SBI証券の手数料無料の範囲内でSPDR S&P500 ETF (1557)を29,970円で1口、インヴィンシブル投資法人 投資証券 (8963)を46,350円で1口買い増しました。

FireShot Captbisec.co.jp_ETGate_


SPDR S&P500 ETF (1557)は合計15口、インヴィンシブル投資法人 投資証券 (8963)は15口の保有になりました。

インヴィンシブル投資法人 投資証券 (8963)はこのところ下がり続けているので、松井証券で保有中のものは毎日のようにちょこちょこ損出しをして取得価格を下げています。

SPDR S&P500 ETF (1557)は本当は米国ETFのほうで買付したいのですが、今年のNISA枠はもう使ってしまったので、特定口座で買い付けると、買付手数料が高いので1口ずつ等、ちょこまか買えないので下がっている時には1557のほうで、日本円で且つ手数料のかからない範囲で買い増していっています。

現在は+15,002円(+3.96%)と値上がり益もさほど出てはいませんし、分配金利回りは1.86%程と低いですが、短期間でのパフォーマンスは求めていないので気長に長期間保有していきます。


いくつか買い増しをしましたが、買付単価が低いのでまだ年間受取予定配当金(分配金)は794,005円(月額66,167円)です。


10月26日の時点で806,637円(月平均67,219円)でしたので、年内に減ってしまった分は埋めたいと思います。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)












明光ネットワークジャパン (4668)より8月権利分の配当金と優待のクオカードが到着しました。11月26日の入金です。

BeautyPlus_20181127213633546_save

今回は1株あたり21円で100株保有していましたので、税引後1,674円クオカード1,000円分をいただきました。

明光ネットワークジャパン (4668)は日本株では珍しく連続増配が続いていましたが、残念ながら2019年度は減配を発表しましたので、すでに売却済みです。

FireShot C報 -_ - http___www.me_dividend.html

減配を知ってすぐに915円で売却しましたが、現在は1,014円まで値を戻しました。もっと下がると思っていたので、本当に値動きって読めないですね。

でも増配を続けていたのにあっさり減配をしてしまうということは、今後も優待を廃止するのでは?等と不安がありますので、手放したことに後悔はありません。

2018年度は配当性向169.8%とカツカツでしたから仕方がないと言えば仕方がないのかもしれませんが、もう少し頑張って欲しかったです。


減配や優待改悪があってすぐに売却すると、その後一時的には下がってもまたじわじわと値を戻してくることが多いです。

慌てて売却せずに少し様子見をしておく余裕も大事なのかもしれません。

とはいえ、減配等ないに越したことはないので、できるだけそういった心配のない銘柄選びをしていきたいところです。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)













↑このページのトップヘ