バンガード S&P 500 ETF(VOO) から9月権利分の分配金をいただきました。10月2日の入金です。

入出金・振替|SBI証券 (4)

今回は1口あたり1.3014ドルでNISAで19口保有していましたので(現在は20口)、税引後22.25ドルをいただきました。

買付時からの損益は+457.4ドル

利回りは2.03%


最近の米国市場は下がっては戻し、といった感じで数日間下がり続ける。ということが少ないです。


そのため、ガツンと下がるタイミングを待っていてはなかなか買い増すことができず、底値付近を狙って買うよりも、せめて天井で買わないように、少し下がったくらいのタイミングで少しずつ拾うようにしています。



あまり予備知識もないまま米国ETFを買い始めてしまったので、2年経過して色々と思うところがあります。

これから初めて米国ETFを買ってみよう。と検討されている方へ、保有してみて(個人的に)今ならこの銘柄にする!!と思うのは以下2銘柄

iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF(PFF) 
利回りも5.6%ありますし、値上がり益は期待できませんが、毎月分配金が支払われるのでモチベーションアップに繋がります。

S&P 500高配当株式ETF(SPYD) 
S&P 500 指数に採用されている銘柄の中から配当利回りの高い80銘柄に絞ったETFで、利回りは4.62%あります。 S&P 500 ETF(VOO) の利回りは2%程ですので、VOOよりは値上がり益は期待できませんが利回りの高さは魅力的です。


ぶっちゃけ、この2銘柄に分散するだけで良かったかな。と思っています。


NISAで保有する特権として、分配金を非課税で受け取れる。というのが大きいですが(現地課税は引かれますが)ロールオーバーして10年間保有をする前提であれば、値上がり益を期待して保有するよりも、都度引かれる分配金に対する税金を免除されることに重点を置いて保有をしたほうがメリットがあるのではないか、と思っています。


そのため、値上がり益も含めたトータルのパフォーマンスも勿論大事ですが、値上がり益はあくまで売却した際に発生するもので、売却した際にかかる税金がNISA保有期間内であれば非課税にはなりますが、ロールオーバー終了後に特定口座へ移行して、数十年後に生活費として使いたいと思うようになったタイミングで売却するのであれば、その際には売却益にかかる税金も発生してきます。

あくまで米国ETFに関しては短期保有ではなく、長期保有で考えていますので、NISA期間終了後に一旦利確してまた特定口座で買い直す。ということも考えていません。


私のような考えですと、NISAで保有するETFに関しては
・極力利回りが高い
・でも値が下がり続けている銘柄は避けたい


という結論になります。そうなると上記の2銘柄に絞られてきます。


他ETFに対しての個人的な感想

iシェアーズ グローバル公益事業 ETF(JXI) →安定の公益事業に特化したETFだと思い保有していますが、値上がり益もさほど見込めない上に利回りも3.07%と少し寂しいです。3%も利回りがあれば上等だ。という方には値動きも緩やかで安心して保有を続けられると思います。もしNISAでもう1銘柄保有しておきたい。と思うのであればJXIにすると思います。


iシェアーズ コア 米国高配当株 ETF(HDV) バンガード 米国高配当株式ETF(VYM)→高配当ETFという位置づけですが利回りも3%台ですし、SPYDを保有しておけばカバーできてしまいます。


iシェアーズ 米国不動産 ETF(IYR) →不動産のREITであれば4%は利回りが欲しいところです。利回り2.6%は少し物足りないものがあります。ただ、値上がり益も含めたトータルのパフォーマンスは保有中のETFの中で抜群です。

SBI証で外国株式取引を-
保有するならば、手数料改定のあった今ならば特定口座のほうで良いかもしれません。



バンガード トータル ワールド ストックETF(VT) →全世界8,000銘柄に投資できるETFだなんて画期的だと思っていましたが、ほとんど含み益も乗っていない上に利回りは2.39%と、残念なパフォーマンスとなっています。全世界ではなく、やはり米国に特化した商品で十分だった。と後から思いました。


バンガード トータルストックマーケットETF(VTI) →色々な方のブログで絶賛だったETFですが、実際のところ利回り1.85%で値上がり益も含めたトータルのパフォーマンスもさほど良くありません。


バンガード S&P 500 ETF(VOO) →値上がり益も含めたトータルのパフォーマンスは1年保有で6.96%・2年→19.02% 利回りは2.03%と高くはないので値上がり益を期待しての保有となります。ならば特定口座での保有で良いと思いました。


皆さんそれぞれに投資方針があると思いますし、どこに重きを置くかはそれぞれ違うと思います。

インカム重視の長期保有・配当金(分配金)再投資という私個人の考えでは、値上がり益をあまり重視していません。でもいくら配当金(利回り)が良くても下がり続けているような銘柄も好ましくなく、あくまで値動きは緩やかで利回り4%以上はある銘柄が一番安心して値動きも気にせずに保有を続けられます。

分散して保有しておいたほうが安心だ、と思い8銘柄もETFを買い付けてしまいましたが、そもそもETFはそれ自体である程度の分散は効いているので、多くても3銘柄くらい保有していれば十分だったな。というのが今の思いです。




▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)