年末の損だしのため、大きく含み損を抱えていたウエストパック バンキング ADR(WBK)を16.41円で110株売却しました。

口座管理|SBI証券 (4)

合計で105,475円の損だしをしました。

21,000円の税金が取り戻せます。

売却にかかった手数料は962円

買付け時にも同様の手数料がかかっていますので、合計2,000円として19,000円の節税となりました。


ウエストパック バンキング ADR(WBK)は年2回の配当金支払いで、次回権利月は2020年5月ですので、次回権利月までに買い戻すか他銘柄の買い増しに充てるかはまだ決めていません。



損だしに使える含み損銘柄が他に候補がなく、米国株は手数料が高額なので極力売却はしたくありませんでしたが、手数料を支払っても取り戻せる税金のほうが多かったため、今回は売却することにしました。


今回の取引で、SBI証券(私名義)分の特定口座損益は以下のようになりました。

口座管理|SBI証券 (5)

受取配当金額が286,083円で、損益が-173,298円

約34,000円の還付が受けられます。


まだ米国株では含み損を抱えている銘柄もありますが、今後も継続して保有しておきたい銘柄なのと、ウエストパック バンキング ADR(WBK)ほど含み損が大きくないので、手数料を支払ってまで損だしを行ってまた買い戻すとなると手数料負けしてしまいますので、損だしは行いません。


含み損が減るとスッキリしえ気持ちも良いです。


以前は含み損を抱えていても辛抱強く値が戻るまで売らなければいいんだ。と思っていた時もありましたが、節税で活躍してもらったほうが効率が良いですね。


売買損益と配当金とを損益通算できるシステムは非常に便利です。


▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)