バンガード トータルストックマーケットETF(VTI)より12月権利分の分配金をいただきました。1月6日の入金です。

入出金・振替|SBI証券 (15)

今回は1口あたり0.8855ドルでNISAで17口保有していますので、税引後13.56ドルをいただきました。

買付時からの損益は+406.98ドル

利回りは1.77%



円で投資できる楽天・全米株式インデックス・ファンドを保有していましたので、昨年はVTIの買い増しはほとんどしていませんでしたが、昨年売却しましたので今年はもう少し買い増していこうかな、とも思ったのですが利回りも1.77%と高くありませんし、買い増しをするならばS&P 500高配当株式ETF(SPYD)の買い増しに充てたいと考えが変わってきました。


あまり知識がないまま米国ETFをNISAで買ってしまった2017年。


S&P 500高配当株式ETF(SPYD)も知りませんでしたし、VTIは米国株3,500以上の銘柄に投資できるなんて、なんて便利なんだ。と思い買付けしましたが、500銘柄に絞ったバンガード S&P 500 ETF(VOO)のほうだけで良かったな、と今になると思います。


今保有中のNISA分は今後どうしようか

2017年に買付けした分は2021年(来年)に一旦NISA期間が終了となります。


以前でしたらそのままロールオーバーして10年間非課税で分配金を受け取り、10年間保有後は特定口座へ移す予定でした。


ところが最近考えが変わってきました。


というのも、売買手数料最低5ドルの壁がなくなり少額の売買でも手数料が一律となりました。


NISA保有分も売却の際は手数料がかかってしまうため、少額を売却しても手数料負けしてしまうと思っていたから売るという選択肢がなかったわけですが、NISA期間終了後に売却してその資金でS&P 500高配当株式ETF(SPYD)買付けに回したほうが良いのではないか。


5年保有後に売却して空いた枠は翌年のNISA枠が使えるようになります。


新たにNISA枠も使えるようになりますし、その方向でいくつもりです。まだNISA期間終了まで時間がありますので期間終了までは保有を続けていきます。



あと、ご質問をいただきましたのでこちらで回答させていただきます。

【ご質問】
iシェアーズ優先株式&インカムETF(PFF)をNISA口座で、S&P500高配当株式ETF(SPYD)を特定口座で購入されていますが、S&P500をNISAで購入しない理由があるのですか?
よろしければ教えて頂きたいです。

【回答】
先程も書かせていただきましたが、私が米国株を始めた2017年の自分はS&P500高配当株式ETF(SPYD)というETFの存在を知りませんでした。2015年10月にできた新しいETFだったため、まだ情報も少なく他の方のブログ等でも保有されている方は(私が知っている限りは)いなかったので、選択肢にありませんでした。

2019年に初めて買付けしましたが、NISA枠は2017年に決めた8銘柄の買い増しをしていく。と決めていたので特定口座のほうで買った。というだけの理由ですのであえてNISAで買わなかったわけではありません。

今年のNISA枠ではS&P500高配当株式ETF(SPYD)iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF(PFF)を中心に買っていくつもりです。

この件に関しては書いていたら物凄く長くなってしまったので、今回はひとまず回答だけにさせていただいて、後日NISA枠で保有する銘柄について書きたいと思います。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)