どこまで下がるんだ〜〜と皆が注目の日本たばこ産業 (2914)ですが、ようやく前日比+21円と少しだけ上がりました。

02142

まぁ、潔く下がっていますね。

ついに4.77%+優待

という夢のような利回りになってしまいました。

家族名義で保有していた100株を一旦売却して買い戻しました。

これ以上はキリがないので、もう後は下がっても放っておきます。本当は資金に余裕があればもう100株買い増ししたいところなのですが、30万円以上かかりますので、30万円出すならば米国株を新規で欲しいと思ってしまいます。

実は買い増ししようか、物凄く悩んだんです。家族名義のNISA枠を使ってもう100株増やそうか・・・結構悩んだんですが買い増しは辞めました。

もう200株持っているので充分かな、と。

*****

他、家族名義のNISA口座のほうで4月・10月権利のJREITトーセイ・リート投資法人 投資証券 (3451)を1口、107,700円で買い付けました。

BeautyPlus_20180214162312_save


利回りは6.21%の予想で、107,700円の投資で年間6,600円程の分配金を受け取れる予定です。

4月・5月権利銘柄が弱すぎるので補強のために買いましたが、利回り6%以上あれば御の字です。値動きは気にせずに分配金をじっと貰い続けようと思います。


*****

それから、私名義のほうでは手数料無料(1日10万円以内)の範囲で、SPDR S&P500 ETF (1557)を28,400円で1口、上場インデックスファンド新興国債券 (1566)を51,900円で1口買い増しました。
02141

SPDR S&P500 ETF (1557)はキリよく10口になりました。

上場インデックスファンド新興国債券 (1566)は家族名義も含めて12口になりました。


両銘柄共、下がれば買う。上がっている時は放置。資金が不足した時には手数料無料の範囲内で売却して損だしに使ってもいいし、売却益が出てもいい。遊ばせておくよりは分配金を貰いながら、都合の良い時にいつでも売却できるという位置づけで保有しています。

松井証券で保有している銘柄も、購入時は全て10万円以内で買い付けたものになります(上がって10万円以上になった銘柄もありますが)こちらも同様に資金を遊ばせておくよりは、分配金・配当金をいただきつつ、急に資金が必要になった際には手数料無料で売却できるように、と保有しているものばかりです。

極力、資金が足りない。ということはないようにしていきたいですが、今後何があるか分かりませんので、心配症な私としては「いつ売却しても良い銘柄達がある」というのはとても心強いです。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




▼ランキングに参加しています(^o^)
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)