配当金だけで生活できるその日まで

平均4%以上の高配当株を長期保有して複利で増やしていきます。目指せ1億円!!

カテゴリ: 日本株

2月10日の取引です。


今年は利回りの低い銘柄を売却して、利回りの高い銘柄への入れ替え作業を積極的にするようにしています。

約定履歴 - GMOクリック証券 (3)

まずはGMO証券のほうで保有していたフロンティア不動産投資法人 投資証券 (8964)を450,000円で売却。-1,169円地味に損だしです。


売却理由は同時期に買い付けした他REITがどんどん値が騰っていく中、数少ない含み損が出ていた(価格低迷中)ためです。


利回りは4.68%


さほど低くはありませんし、安定感は抜群ですが1口あたりの価格が高く、45万円あれば10万円台で買付けできる銘柄を3〜4つに分けて保有したい。と考えが変わったことです。


投資資金に余裕があって利回り4%以上あれば十分と思える状況でしたら、継続して保有していたと思います。


売却した資金でソフトバンク (9434)を1,488.5円で100株新規買付。上場時には今後も安定した配当が続くのか?不安な面も多く、話題にはなりましたが手を出しませんでしたが2020年の予想配当利回りも5.7%あり、株価も安定してきたと個人的に判断したためひとまず1単元買付けしてみました。

NISAで保有するのは怖いので特定口座での保有です。


取引|SBI証券 (2)

また、家族名義の特定口座で東京個別指導学院 (4745)を690円で100株買い増し。100株ずつの保有にしました。手数料を拘束されていますが、一時的な拘束で実際には1日50万円以内の取引なので無料です。


銘柄詳細についてはこちらをご覧ください。


2月権利銘柄なのに謎に下がっています。1月31日に706円で買ってから690円まで下がり、優待と合わせた利回りは5.94%


ただ、今回権利分の優待で図書カード1,500円分が選択肢になく、お米1キロ等の優待となった場合は利回りは4.49%程とかなり下がってしまいます(お米1キロ500円換算)。


今回の優待で図書カードがあるかどうかは正直分からないので、なかったら速やかに売却しようとNISAではなく特定口座で買付けしました。



また、新規銘柄を検索していて最近監視していた日本ピストンリング (6461)を1,454円で100株新規買付けしました。


日本ピストンリング (6461)聞き慣れない会社ですが、自動車用のピストンリング等を製造・販売する会社のようです。配当は2019年が年75円・2020年も年75円の予想で利回りは5.17%


15万円以内で買付けできて、2012年以降は減配はなく利回り5%以上あるため買付けすることにしました。


特定口座で保有したほうが懸命か悩みましたが、今後の業績を心配しすぎてもNISAで買える銘柄がなくなってしまうので、NISAでの買付けにしました。


売却分で3銘柄を買付けして、残り9万円程はまた後日の買付け資金に充てたいと思います。


今回の銘柄入れ替えで年間受取(予定)配当金額は1,070,141円(税引後)となりました。


今年の目標は年間120万円(税引後)ですが、あと13万円をいただくためには、平均利回り5%(税引後4%)として330万円程の資金が必要になってきます。


無理そうな額ではありますが、達成できたら嬉しいですね。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)


















昨日は日経平均一時-429円程下がり監視銘柄もバーゲンセール状態でしたので、前日比-6.32%下がっていたFPG (7148)を家族名義のNISA枠で966円で100株新規買付しました。

取引|SBI証券 (1)

FPG (7148)聞き慣れない社名ですが、航空機やコンテナ・船舶等複数のリースがメインの会社になります。


過去配当金は
2016年35.5円
2017年45.8円
2018年49.25円
2019年53円
2020年60.1円(予想)

となっていて増配が続いています。


配当は年1回(9月権利)なのが残念ですが、利回りは6.23%あります。


1単元10万円以内で買付けできたので、もし今後多少の減配があったとしてもダメージは少ないと思い保有してみました。


優待として500株以上保有していると1,000円分のUCギフトカードがいただけますが、500株で1,000円分ではあまり旨味がありませんのでカウントしていませんが、この利回りが続くのであれば、500株まで増やしても良いかもしれませんね。


長期保有優遇もあって
1年以上保有で1,000円分⇒1,500円分
2年以上保有で2,000円分にアップします。

また、1,000株保有で2,000円分・5,000株保有で5,000円分と保有数に応じて優待額もアップします。


NISAで保有するか特定口座で保有するか悩みましたが、1単元あたりの価格も安く優待目当てではなく配当利回りが高いので、NISA枠で保有することにしました。


あまり考えすぎてもNISA枠が使えなくなってしまいますし。


ということで、他にも欲しい銘柄がたくさんありましたが、このまま暴落が続くのかすぐに値を戻すのか分かりませんので、とりあえず1銘柄だけ拾ってみて慎重にいきたいと思います。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)



















久々の個別株、新規買付けになります。

2018年の優待内容変更時から監視をしていた東京個別指導学院 (4745)を706円で100株、買付しました。

約定履歴 - GMOクリック証券 (2)

こちらは2月・9月権利で配当金は13円×2回の年26円。配当利回りは3.69%


優待として年1回2月権利で優待カタログより選択できます。優待内容は毎年変わるようですが2019年度の優待は以下の通り。

jyukuyuutai


お米1キロ私の中で500円換算なので、他もだいたいスーパーで500円分くらいのものだなーと思いきや、


図書カード1,500円分!!


配当・優待を合わせた利回りは5.8%


実は東京個別指導学院 (4745)については配当・優待合わせた利回りが高いので気になってはいましたが、こういったおいしい利回りの銘柄はことごとく優待内容が変更になったり減配になったりして手放してきましたから、どうせすぐに図書カードなくなるでしょー。と思っていました。


久々に値動きを見てみましたら2018年9月以降、右肩下がりです。ギュイーン

国内株式|SBI証券 (5)

2018年9月に一体何があったのだろう?と調べてみましたがこれといった要因も見つからずでした。


このまま下がっていくのか、今の株価をキープしていくのかは分かりませんが、2019年度の優待にもまだ図書カードが健在していたので、2020年の優待にも図書カードがあることを願っての買付けです。


配当についても年26円が(今のところ)安定して続いています。


今後も増配はなくとも、26円の配当と図書カードの優待が続いてくれることを期待しています。


ただ、いつ優待内容に変更があるかは分かりませんので、NISAでの保有ではなくいつでも売却できる特定口座のほうで買付けしました。


なかなか配当利回りだけで5.5%以上で継続して安定して配当が続いている会社が少なく、銘柄選びに苦労します。


極力現金に近い優待を合わせて5.5%以上の利回りで。とスクリーニングし直しました。


余談ですが、私が買うと翌年くらいには優待内容変更や減配がおきがちです。


変更はないかしっかりチェックしていかないといけませんね。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)














12月16日の取引です。

約定履歴 - GMOクリック証券 (1)

先日611円で損だしのため売却したGMOフィナンシャルホールディングス (7177)を603円で買い戻しました。優待で半年につき3,000円分、GMO証券での売買手数料がキャッシュバックされます。配当金については年27.59円の配当が続くと仮定すると利回りは4.58%あります。

12月が権利日ですので買い戻しました。


また、以前から1口くらいはポートフォリオに加えておきたかったマリモ地方創生リート投資法人 投資証券 (3470)が、このところ下がってきていたので128,300円で1口新規買付けしました。

その名の通り地方に特化したREITになります。

資産規模はJRITの中で2番目に少なく、万年高配当の位置づけに君臨しているイメージです。

悪く言えば不人気で出来高も少ないです。


次回分配金は3,494円(うち利益超過分配金は499円)⇒3,400円(うち利益超過分配金は497円)⇒3,400(うち利益超過分配金は498円)の予想で、利益超過分配金を除く分配金利回りは4.52%


利益超過分配金も含めた分配金利回りは5.3%


では何故不人気銘柄を買付けしたかと言うと、地方に特化した独特の投資方針と、増配はなくとも今の分配金水準をキープしてくれれば良いと思ったこと。物件売却益を含む一時的な高配当ではないこと。他REITが価格高騰により利回りが下がってきているので1口くらいならば保有しておいても良い。

という判断です。


また、マリモ地方創生リート投資法人 投資証券 (3470)を買付けする際に買付余力が不足していたので、上場インデックスファンド新興国債券 (1566)を47,450円で1口売却し買付資金に充てました。地味に-181円の損だしを行いました。


上場インデックスファンド新興国債券 (1566)は次回権利日は1月10日になりますので、それまでに買い戻すか現在の口数(8口)をキープするかは検討中です。


以上で12月16日の取引は終了です。


先日のウエストパック バンキング ADR(WBK)売却も含め、最新の年間受取予定配当金額は1,080,718円(税引後)となりました。


今は来年度のNISA枠買付資金を確保しておきたいため、米国株も買い増しを控えていますが、来年度の枠が使えるようになりましたら、また定期的に買い増しを行っていきます。


来年中の目標は年間受取配当金額120万円(税引後)を当面の目標に掲げ、目標達成できるようコツコツいきたいと思います。


▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)















米国につられて日経平均も-453.83円と久々大きく下がりましたので、いくつか買い増しや銘柄の入れ替えをしました。

BeautyPlus_20190803040617033_save

まずは家族名義の特定口座でSPDR S&P500 ETF (1557)を31,550円で1口買い増し。私名義分と合わせると合計21口に。

また、なかなか下がらないiシェアーズ 米国リート ETF (1659)を2,113円で地味に2口買い増し。もっとたくさん指値で入れていましたが、約定されていたのは2口だけでした。

*****

FireShot Caック証券 ec1-6_kabu_yakujyoList.do

私名義のGMO証券でしつこく下がる日経平均高配当株50指数連動型上場投信 (1489)を31,350円・31,300円で買い増し。こちらは先日損だしのため2口売却していましたので、保有数に変わりはありません。


また、先日も買い増ししたケネディクス商業リート投資法人 投資証券 (3453)が更に下がって、ついに利回り5%を超えたので256,000円で1口買い増し。合計4口に。


買付資金が不足していたので、7月に権利落ちしてズルズル下がっているヘルスケア&メディカル投資法人 投資証券 (3455)を130,500円で1口売却。+16,519円


また、値動きの激しいGMOインターネット (9449)を178,700円で一旦売却。+42,795円
また次の権利日(12月)までに下がったタイミングで買い戻す予定です。


今回の下落がどのくらい続くのかは分かりません。来週にはあっさりと反発しているかもしれませんが、ズルズル下がることも予想されるので、少し現金比率を上げておこうと思い、利益の出ているうちに一旦売却しました。


以上、今回の銘柄入替えと米国株を少しずつ買っているものも含めて、年間受取予定配当金・分配金額は前回の1,045,490円(税引後)→1,053,356円(税引後)1ドル106.61円換算

+7,866円の微増となりました。106円台までドルが下がっているため、前回集計時よりも為替の影響で9,300円程変わってきます。

このあたりはドル資産を保有している限り、きっちりと受け取れる額を把握できないのは仕方がないことですし、引き続き下がれば少しずつ拾っていきたいと思います。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)
















↑このページのトップヘ