配当金だけで生活できるその日まで

4%以上の高配当株をメインに取引記録を報告するブログ

カテゴリ: 日本株

昨日はダウ-335.6ドルと日本株も下がる予感はしていましたが、結果、-99.93円と予想以上には下がりませんでした。3月権利銘柄が強かったように思われます。朝チェックしていた3月権利銘柄は後半ぐんぐん上がってプラスで終わったものが多かったです。

そんな中、更に下がり続けている日本たばこ産業 (2914)を2966.5円で100株買い増ししました。

03202

ついに利回り5.05%になってしまいました。

家族名義で100株、私名義で200株、合計300株になりましたが、こちらの優待は100株と200株とで優待内容も倍になりますので、このままホールドしていてもいいですし、100株は損だしに使っても良いと思っています。

一時は3,000円を上がってこのまま値が戻るかのように思えましたが、更に下がり続けるのでしょうか?底が見えないですが、良い経験だと思いますので今後どのように展開していくのか見守ろうと思います。

GMO証券の売買手数料無料の優待枠が3月末で更新となるのですが、まだ少し残っているのできっちり使おうと思っています。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




▼ランキングに参加しています(^o^)
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)










今年の家族名義のNISA枠は4月か5月権利銘柄で埋めたいと思っていたのですが、増配を発表した積水ハウス (1928)にしました。

1872.5円で100株買い増して200株にしました。

BeautyPlus_20180312131722_save
権利月は1月・7月になります。

年間の配当は2018年が7,500円、2019年は7,900円の予想です。

来年度の7,900円で計算すると利回りは4.21%となります。

配当性向は39.9%とまだ増配の余裕もありそうです。保有しているだけで少しずつでも増配が続けば資産が増えていくなんて、こんな素晴らしいことはないと思います。

今年の残りNISA枠は179,150円となりました。

さて、何を買いましょうか。

考えているだけでワクワクします。

候補としては、4月・10月権利の投資法人みらい 投資証券 (3476)が179,150円以下に下がればと思っています(現在値182,800円)


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




▼ランキングに参加しています(^o^)
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)










今日は休日だったので、10万円以内で買付できて、配当2.5%以上あってクオカード等の金券に近い優待を合わせて4%以上ある銘柄を探していました。

配当が2.5%以上というのは、最悪優待が廃止になったとしても保有しておけるギリギリのラインだと思っています。

ただし、優待と合わせて6%以上になる銘柄等は配当が低くても検討の余地はあると思います。

私はあくまで配当重視の投資となりますが、配当金の再投資による長期保有という地味な生活にスパイスを与えてくれる意味合いで、ほんの少し優待銘柄も混ぜていきたいと思っています。

また、優待に関しては年間20万円以内では非課税となるため、配当(現金)で受け取るよりも税金分お得になります。


現在保有中の10万円以内優待つき銘柄

・岡部 (5959)
配当 年2,600円(2.69%)
優待 6月・12月に500円ずつのクオカード
合計利回り 合計利回り3.72%
(残念ながら4%には届きませんが、年2回クオカードがいただけるのはモチベーションが上がるので保有しています)

・GMOフィナンシャルホールディングス (7177)
配当 年2,600円(3.65%)
優待 年間6,000円分のGMO証券内での売買手数料がキャッシュバック。300株以上ならば年間1万円分
合計利回り 12%(キャッシュバックを全て利用した場合)
(GMO証券を利用しているならば断然オトクな優待になります)

・ディア・ライフ (3245)
配当 年間1,900円(3.54%)
優待 9月権利で1,000円分のクオカード
合計利回り 5.41%
(5万円台で買付できるので投資資金の少ない方にもオススメ)


監視銘柄

・TBK (7277)
配当 年間1,400円(3.14%)
優待 3月権利で500円分のクオカード(1年以上の条件あり)
合計利回り 4.12%

・大研医器 (7775)
配当 年間2,100円(2.73%)
優待 3月権利で1,000円分のクオカード
合計利回り 4.03%

ヒットしたものはこれくらいでした。

20万円以内で、等と条件を緩めるとたくさんヒットしますが、現状手数料無料で買い付けできる10万円以内銘柄ですとけっこう厳しいですが、ないことはない。といった感じです。

●年以上保有で、という条件つきの銘柄は値が下がっても一旦売却したりすることができないので、少し勝手は悪くなりますが、気長に値動きは全く気にせずに長期保有ならば問題ないと思います。

ただ、やはり業務内容と全く関係のないクオカード等の優待は廃止のリスクがありますので、そこは覚悟の上で優待が貰える限り恩恵を受けて、もし廃止になっても配当だけでも継続して保有していくか、すぐさま売却するかはあらかじめ決めておいたほうがいいかもしれません。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




▼ランキングに参加しています(^o^)
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)







証券会社の手数料ってバカになりません。

今はデイトレをしているわけではないので、そう頻繁に1日に何度も取引を繰り返しているわけではありませんが、今回JTやすかいらーく等の株が下がった際に、一度売却して買い戻して買付価格を下げたいと思っても、ネックになるのが「手数料」なんですよね。

1日10万円以内の取引であれば無料になるところもありますが、10万円以上の銘柄では意味がありませんし、そう何度も手数料をかけて売買するのもなぁ〜と思っていました。

1日20万円まで手数料が無料になるという「岡三証券」の口座を新たに作ろうかな。と考えていた矢先、手数料完全無料の証券会社が誕生する!と目にしました。

これはもう、デイトレーダー大喜びじゃないでしょうか。

アクセスが集中しすぎてサーバーダウンしないといいのですが・・・

株式会社スマートプラスが提供するSTREAM (ストリーム)というアプリのほうで現物取引は4月から取引開始できるようです。

正直、聞いたことのない会社で取引をするのは「怖い」と思ってしまいますが、無料はありがたいので事前会員を募集していたので申込みをしておきましたが、申し込み書類やマイナンバーの発送等のお知らせはまだ来ていません。

4月1日から取引開始をするとなると、早めに口座開設の手続きをしておかないといけないのでは?と思ってしまいますが、まだ今はアプリの事前登録の告知だけとなっています。

4月中に始まるよ。という感じなんでしょうかね。

どちらにしても取引手数料が完全無料ということになれば、NISA以外で保有中のものは移管してしまいたいくらいです。

また手続きについてお知らせがきたら順次報告していこうと思います。


ちなみに、証券会社が破綻したら預けている大切なお金はどうなってしまうのか???ですが、

03071
(日本証券協会のサイトから)

最悪の場合、1千万円までは保証されるようですので、1つの証券会社では保証される範囲内で運用するのが良いかと思われます。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




▼ランキングに参加しています(^o^)
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)









どこまで下がるんだ〜〜と皆が注目の日本たばこ産業 (2914)ですが、ようやく前日比+21円と少しだけ上がりました。

02142

まぁ、潔く下がっていますね。

ついに4.77%+優待

という夢のような利回りになってしまいました。

家族名義で保有していた100株を一旦売却して買い戻しました。

これ以上はキリがないので、もう後は下がっても放っておきます。本当は資金に余裕があればもう100株買い増ししたいところなのですが、30万円以上かかりますので、30万円出すならば米国株を新規で欲しいと思ってしまいます。

実は買い増ししようか、物凄く悩んだんです。家族名義のNISA枠を使ってもう100株増やそうか・・・結構悩んだんですが買い増しは辞めました。

もう200株持っているので充分かな、と。

*****

他、家族名義のNISA口座のほうで4月・10月権利のJREITトーセイ・リート投資法人 投資証券 (3451)を1口、107,700円で買い付けました。

BeautyPlus_20180214162312_save


利回りは6.21%の予想で、107,700円の投資で年間6,600円程の分配金を受け取れる予定です。

4月・5月権利銘柄が弱すぎるので補強のために買いましたが、利回り6%以上あれば御の字です。値動きは気にせずに分配金をじっと貰い続けようと思います。


*****

それから、私名義のほうでは手数料無料(1日10万円以内)の範囲で、SPDR S&P500 ETF (1557)を28,400円で1口、上場インデックスファンド新興国債券 (1566)を51,900円で1口買い増しました。
02141

SPDR S&P500 ETF (1557)はキリよく10口になりました。

上場インデックスファンド新興国債券 (1566)は家族名義も含めて12口になりました。


両銘柄共、下がれば買う。上がっている時は放置。資金が不足した時には手数料無料の範囲内で売却して損だしに使ってもいいし、売却益が出てもいい。遊ばせておくよりは分配金を貰いながら、都合の良い時にいつでも売却できるという位置づけで保有しています。

松井証券で保有している銘柄も、購入時は全て10万円以内で買い付けたものになります(上がって10万円以上になった銘柄もありますが)こちらも同様に資金を遊ばせておくよりは、分配金・配当金をいただきつつ、急に資金が必要になった際には手数料無料で売却できるように、と保有しているものばかりです。

極力、資金が足りない。ということはないようにしていきたいですが、今後何があるか分かりませんので、心配症な私としては「いつ売却しても良い銘柄達がある」というのはとても心強いです。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




▼ランキングに参加しています(^o^)
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)











↑このページのトップヘ