配当金だけで生活できるその日まで

平均4%以上の高配当株を長期保有して複利で増やしていきます。目指せ1億円!!

カテゴリ: 配当・分配報告


フィリップ モリス インターナショナル(PM)
より6月権利分の配当金をいただきました。SBI証券には7月18日の入金です。

do_messag

今回は1株あたり1.14ドルで特定口座で30株保有中ですので、税引後27.25ドルをいただきました。

今回は現地課税が0.2%(私の場合0.06ドル)差し引かれました。
微々たる額ですが、以前も現地課税引かれてその後で返金がありましたので、今回も返金があるのか気になるところです。保有額が多い方は0.2%でもバカになりませんよね。

買付時からの損益は-440.1ドル

利回りは5.19%

11年連続増配

配当性向は91.2%


値動きを見てみます。

FireShot Captレード証株式取引_ - h
このところ株価は急上昇しているように見受けられますが、


FireShot Captureレードで外国株式取引_ - h
長期で見てみると2016年から2017年中頃にかけてが上がりすぎていたのが戻った。といった感じです。

何度か買い増ししようかと悩むタイミングはありましたが、最低手数料の壁があり購入に込み込めませんでしたが、今後は78ドル付近まで下がれば利回り5.8%ですので、そのくらいまで値が下がったタイミングで少しずつ拾っていきたいと思っています。


現在タバコ銘柄はBTIMOPMの3つを保有していて、揃って含み損を抱えていますが大幅な減配がない限りは保有を続けていきます。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)













スターツプロシード投資法人 投資証券 (8979)より4月権利分の分配金をいただきました。7月18日の入金です。

FireShot _DocumentTex718messageNo=201
FireShot Capot.jp_web_DocusplayAction.do_messag
BeautyPlus_20190719024008626_save

今回は1口あたり4,638円で、家族名義のNISAで1口・私名義のNISAで2口・特定口座で1口保有していますので、税引後17,611円をいただきました。

今回の分配金には物件売却益が含まれています。


次回分配金は物件売却益がなくなるため、4,420円→4,420円の予想です。

4,420円を基準とすると利回りは4.9%


買付時からの合計損益は+79,305円

買付時よりも値が上がったため利回り5%を切っていますが、それでも4.9%あれば十分です。



スターツプロシード投資法人 投資証券 (8979)は、住居特化型のREITでしたが、今後はホテルや商業施設もポートフォリオの上限25%まで組み込んでいくようです。

幅を広げることが良いことなのかは分かりませんが、その辺はプロにお任せするとします。それがREITの良いところだと思っています。


現在のNAV倍率が割安であることをかなり意識しているようですが、確かにJREITの中で2番目にNAV倍率が低いです(1番は大江戸温泉リート投資法人 投資証券 (3472)


2017年に買付したJREITは利回り3%台まで下がってしまったものも多く、未だ4.9%の利回りで放置されているので、個人的には含み益は出ていますが割安で放置されている状態です。


自己投資口の取得により発行口数を減らし、その分1口あたりの分配金を上乗せするなどの企業努力も見受けられますし、今後も今の分配金が続く限りは継続して保有していきます。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)

















グラクソ スミスクライン ADR(GSK) から5月権利分の配当金をいただきました。SBI証券には7月12日の入金です。

FireShot Cat.jp_web_Documesag

今回は1株あたり0.473036ドルで特定口座で110株保有していますので、税引後40.79ドルをいただきました。

ADR銘柄のため、現地課税の10%は引かれませんが手数料として0.82ドルが差し引かれました。


買付時からの損益は+429ドル

利回りは4.52%

配当性向は63.3%


2重課税がないとはいえ、4.52%の利回りは少し寂しいものがありますが、ヘルスケアセクターはどんなに不況が訪れようと病気になれば薬は必要ですし、嗜好品と違って必ず必要になってくるものです。


そういった面からタバコ銘柄よりは安定感があると思っています。


値動きですが、2017年終わり頃から急激に下がっていましたがこのところ持ち直しています。
FireShot Captureド証券)-オンライン取引_ - h

また38ドル付近まで下がることがあれば買い増ししたいと思っています。

連続増配が続いているというわけではありません。配当金額もバラツキがありますので、過度な期待と保有率が高くなりすぎないように注意しながら、少しずつ買い増していきたいと思っています。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)


















アルトリア グループ(MO) から6月権利分の分配金をいただきました。SBI証券には7月11日の入金です。

FireShot Ceb_Documentmo.do_messag

今回は1株あたり0.8ドルで特定口座で45株保有していますので、税引後25.84ドルをいただきました。

買付時からの損益は-630.45ドル

利回りは6.49%

配当性向は80%

増配歴は10年


タバコ銘柄(BTIMOPM)日本株では日本たばこ産業 (2914)は揃って大きな含み損を抱えています。

保有銘柄で利回りも高く、含み益が出てるのはAT&T(T) くらいです。
利回り6.09%
含み益は+93.5ドルとわずかですがプラスになっています。


他銘柄もこのくらいのパフォーマンスであれば最高なのですが、2017年まではどこを買っても上がっていくような気がするくらい、米国株は好調でした。

FireShot C取引_ - h

早く買わないとどんどん上がっていってしまうような感覚に襲われたものですが、2018年以降はガタガタと崩れてしまった感じがあります。

私はちょうどド天井の2017年に米国株を始めたため、含み損の個別株が多いのですが、もっと以前から保有を続けている方はまだ含み益が出ているはずです。

買うタイミングは本当に難しいですが、こればかりは誰にも分かりませんので配当金をいただきながら、じっくりと値が戻るのを待ちたいと思います。




▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)



















iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF(PFF)
から7月権利分の分配金をいただきました。SBI証券には7月10日の入金です。

FireSh__trading0.sbispffjp_bff

今回は1口あたり0.161188ドルでNISAで90口保有していますので、税引後13.06ドルをいただきました。

買付時からの損益は-10.8ドル

利回りは5.68


先月は買い増しをしていませんので保有口数は変わらずです。


▼分配金を再投資した場合のリターンは以下の通り。
FireShot Caド証券で外国株式取引_ - h
私は保有して2年ですので、5.76%あたりになります。


米国ETFの中で唯一の含み損となっていはいますが、徐々に含み益が減ってきました。

利回り5%以上あれば株価はとんとんで構わないと思っていますので、予想通りといったところです。


毎月安定した分配金の入金があるのはモチベーション維持にも重要ですので、今後も下がったタイミングを見て買い増していきたいと思っています。


もう1銘柄くらいは毎月分配金の出るETFを保有しておきたいと思っています。保有するとしたら特定口座のほうになりますので、最低手数料5ドルの壁がなくなるのが待ち遠しいです。


それまではじっと待機しています。


▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)














↑このページのトップヘ