配当金だけで生活できるその日まで

4%以上の高配当株をメインに取引記録を報告するブログ

カテゴリ: 雑談

今まで家族名義の銀行口座は都市銀行しか持っていなくて、いちいち通帳記入したり面倒でしたので、ようやく楽天銀行を作ってもらいました。

BeautyPlus_20180409183935_save

母親世代は、ネットバンクは「通帳がないから不安だ」と思うようですが、慣れてしまえばかなり便利です。

通帳はないけれど、入金があればメールでお知らせしてくれますし、パソコンやスマホから入出金履歴も確認できますし、ある程度残高があれば月に何回か振込手数料が無料になりますし、わずかながら金利も高いので、通帳がないことは気にせずに作ったほうが便利だと思います。

特に投資をしていると、証券会社に入金する際にも即時入金サービスが利用できるので、これはかなり便利です。

今までは証券会社の口座に振込をして、反映されるまで数時間待って。ということをしていました。

更に自動で残高を更新してくれる「マネーフォワード」で今後は資金を管理していきたいので、手入力しなければならない都市銀行は不便だったんです。

これでまた少し便利になります。

ネットバンクを持っていない方は是非作ったほうが良いと思われます。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




▼ランキングに参加しています(^o^)
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)








去年、親戚のマンションを共有名義というかたちで遺産でいただいたのですが、その物件は今売却したならば6,000万円程になります。賃貸の家賃は22万円です。去年の3月に募集を開始してすぐに入居者が決まったのですが、今年の3月いっぱいで退去してしまいました。

次の入居者が決まるまで、月額22万円がゼロになるわけです。

遺産で引き継いだものなので、ローンの返済等はありませんが、もしこれがローンを組んで投資用に買った物件であれば冷や汗ものです。

月額22万円でも管理費や修繕積立費等を差し引くと利回りは4%程です。

空室のリスクがあって満室の場合で利回り4%・・・

だったら4%の配当が出る銘柄を複数保有していたほうが、よっぽどリスクが少ないと思ってしまいます。

6,000万円の部屋を1室ということは、6,000万円分を1銘柄に突っ込んでいるようなものです。普通投資をしていて1銘柄に数千万円を突っ込むのは、よほどの資産家でないとしないはずです。

複数の銘柄に分散していれば、もし1社が無配になったり不祥事を起こして株価が暴落したとしても複数のうちの1社であれば速やかに売却して、損益通算すれば問題ありません。

そう考えると、不動産というのは目に見える資産ではありますが、とてもリスクが高いことが分かります。

税金はとられますが本当は6,000万円で売却できるうちに売却してしまって、その資金を高配当株の買付に充てたいところですが、共有名義ゆえ、私の意見だけではどうにもなりません。

ただ、ここから数ヶ月空室が続いた場合には売却を提案したいと思っています。

この件に関しては、またいつかご報告したいと思います。

というわけで、3月から家賃収入がゼロになりました。
いくら旅行へ行くからとはいえ、先月の追加投資がゼロだったのもこれが大きいです。

不動産投資は以前、かなり興味があり1,000万円程で購入できるワンルームマンションを探していた時がありましたが、あの時もしマンションを買っていたら・・・と仮定して資産のうち1,000万円まではREITで保有しても良いことにしています。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




▼ランキングに参加しています(^o^)
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)







以前から、「私のポートフォリオは4月・5月権利銘柄が少ないから強化したい

と書いてきていますが、年間の収入は分かっているんだから、配当の入ってこない月のためにとっておけばいいじゃないか。

と思うかもしれませんが、単に配当金が貰える月が分散されるだけでなく、権利落ち後はほぼ値が下がりますので、例えば3月・9月権利銘柄ばかりを保有していると、3月の権利落ち後に持株のほとんどが下がってしまう。という何ともモチベーションの下がる展開となってしまいます。

いくら値上がり益は期待しないと言っても、損益が大幅にマイナスになっては精神衛生上よろしくありません。

権利月を分散させるのは、権利落ち後の値下がり銘柄も分散させる意味合いもあります。

先程書いたように、権利落ち後の値下がりを平均化するためにも、権利月を分散させるのは投資を長く続けていく上でメンタル面でもポイントとなります。

どうしても日本株は3月・9月権利銘柄が多いのでこれは仕方がないですが、その他の権利月の銘柄を組み合わせていると全体で見ると権利落ち後の値下がりもマイルドになるので、さほど気にならなくなります。

それから、将来的に配当金生活を目指す上で「毎月安定した収入」は重要となってきます。

6月は配当金が60万円入ったけれど7月、8月はゼロだった。というよりは毎月20万円ずつ入ってくるほうが計画も立てやすく、リタイアへの道が見えてきます。

ただ、権利月のためだけに利回りの低い魅力のない銘柄を買い集めては本末転倒ですので、自分の基準に合った長期で保有しておける銘柄を探さなければなりません。

3月・6月・9月・12月あたりは日本株でも権利月が多いですが、4月・5月って本当に少ないんです。だから私はJREITを活用しています。

他にも日本円で新興国に投資できる上場インデックスファンド新興国債券 (1566)やオーストラリアのREITに投資する上場インデックスファンド豪州リート(S&P/ASX200 A-REIT) (1555)等は隔月で(年6回)分配金が支払われますので、配当の少ない月にも分配がいただけて権利落ちも少ないです。

更に米国株も年4回配当金が支払われる会社が多いので、日本株・JREIT・米国株(ETF)等を組み合わせることにより、毎月安定した配当金(分配金)を受け取ることは可能になります。

私も毎月安定した収入が得られるようにポートフォリオを作成中です。

追加資金を毎月いくら捻出できるかでリタイアできるまでの年数も変わってきますから、リタイアを夢見てポートフォリオを早く完成させたいと思います。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




▼ランキングに参加しています(^o^)
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)










今日はJREITが上がってくれたお陰で全体の損益がプラスになりました。

去年、日々下がり続けるREITを広い集めて良かったです。

米国株も少し持ち直してくれました。

※※※※※

花粉症の薬のせいなのか、最近仕事にやる気が出ません。寝てばっかりいます。

私も人間なので、そういう時期もありますから、無理してがんばらずにやる気が出てくるまで待とうと思います。

インカムゲイン投資の良いところは、放っておいても定期的に配当金がいただけるところだと思っていますので、一応相場はチェックしますが、上がっている時は特に何もする必要がないので、楽チンです。

コツコツ働いて資金を捻出→暴落の際に買い増し→放置

これの繰り返しで良いので今のようにやる気が起きない時には本当に助かります。

4月は3月ほど受け取れる配当金は多くないですが、入金された時の嬉しさを励みに、質素に生活していきたいと思います。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




▼ランキングに参加しています(^o^)
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)








買い付けた銘柄は1つ1つエクセルで管理するようにしているのですが、米国ETFは1口ずつ買付してもNISA枠での買付ならば手数料がかからないので(SBI証券の場合)、1口ずつ細々買付しているので、入力が手間なのですが休日にまとめてつけるようにしています。

量がありすぎて全部載せたら大変なので直近の物を載せます。

▼米国ETF保有リスト
03251

こんな感じで自分が分かれば良いだけなので適当ですが、買付日・コード・銘柄名・購入単価・数量・購入時のドル・金額・年間分配金・利回り・税引後の実際の分配金

を入力しています。

年間でいただける分配金の合計や税引後の実際に入金される(予定)の金額が把握できて便利です。

▼日本株も同様に1つ1つつけています。
03252


日本株は優待欄も設けています。

保有銘柄が少しずつ増えていくのは嬉しいことです。

私名義の日本株(REIT含む)・家族名義・米国株の3つに分けて管理しています。
合計した配当(分配金)の年間受取金額は818,974円(税引後679,633円)の予定となっています。

評価格が下がってテンションが下がりますが、こうして少しずつ増えていく配当を眺めてはモチベーションを上げていくようにしています。

インカムゲイン目的の長期保有ならば、一時的な値動きは気にする必要がないので気が楽ですね☆


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




▼ランキングに参加しています(^o^)
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)









↑このページのトップヘ