配当金だけで生活できるその日まで

4%以上の高配当株をメインに取引記録を報告するブログ

カテゴリ: 外貨積立・外貨

3月16日17時まで住信SBIネット銀行のドル買付手数料が無料だったので、駆け込みでドル転しておきました。

03171

住信SBIネット銀行のドルの残高は1133.84ドルになりました。
SBI証券の買付余力は4137.2ドルありますので合計5271.04ドルになります。

まだドルが下がるかもしれませんし、一気にドル転しすぎてもなぁ。ということで当面のETF買付資金として活用したいと思います。

*****

書き忘れていましたが、14日にiシェアーズ コア 米国高配当株 ETF(HDV)を88ドルで1口買い増して、15口にしました。

03172

3月が権利日なので15口で10ドル程分配金がいただけそうです。分配利回りは3.36%と高配当という割にはさほど高配当ではありませんが、個別株よりも分散が効いているので良しとしましょう。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




▼ランキングに参加しています(^o^)
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)








ついに1ドル108円台まで下がりましたね。

108円台の時にはチェックしていなくて109円台の時に少しドル転しました。

01252

現在住信SBIネット銀行のほうに6,941.21ドル分あります。

SBI証券の買付余力は1,098.91なので、今年のNISA枠分にはまだ足りないのでもう少しドル転していかなければ、です。

将来的にドル高へ進むと言われていますが、下がっているうちにせめて今年分はドルを確保しておこうと思います。

*****

昨日はバンガード S&P 500 ETF(VOO)を259.7ドルで1口、バンガード トータルストックマーケットETF(VTI)を145ドルで1口買い増しました。

01251

VOOは合計6口・VTIは合計3口になりました。

なかなか上がりっぱなしで買い増すタイミングが難しいですが、下がるのを待っていたらいつになっても買い増すことができないので、前日よりも少しでも下げたタイミングで少しずつ買い増すことにしています。

ただ、今年もまだ11ヶ月ありますので1年で120万円のNISA枠をゆっくり埋めていきたいので、前半で焦って買いすぎてもし後半で下げても、指を加えて見ているのも悲しいので、焦って買わないようにはしようと思います。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




▼ランキングに参加しています(^o^)
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)









コメントをいただきましたので、記事にさせていただきます。
________________________

待ちに待った円高でドル転❤️→外貨MMF って思ったんだけど、過去記事にやめたって書いてありましたよね。 
私も去年AT&T買うときにドルで解約したら為替差益の税金取られてドルなのに何で税金取られるのかな?って思ってたんだけど、そういうことを言ってるのかなぁ? 

あと、特定口座で損出したらこの分は戻ってこないのかなぁ…? 
________________________


米国株をされている方の中には円高の時にドルを買い付けておいて、いざ買い付けるまでの間、普通預金に預けておいても微々たる利息だし、少しでも効果的に増やしたいと思っている方は多いと思います。

私もそう思っていて、色々調べているうちに「外貨建MMF」の存在を知りました。

私が利用している住信SBIネット銀行ですと、普通預金での金利が年0.4%ですが、外貨建MMFの金利は現在1.103%と倍以上の金利となっています。

しかも毎月利息が発生し、利息を含めた金額を自動的に再投資してくれるということで「最高じゃん」と思いました。

でもネットで調べてみても税金のこと等よくわからなかったので、実際に身銭を切ってやってみるのが一番だ、と思い去年約1万ドルを外貨建MMFで運用してみたのですが、一番やっかいな点が

いざ米国株を買い付けたいと思った時に外貨建MMFを解約してドルに戻すわけですが、ドル→ドルで受け取っているはずなのに、買い付けた時と解約時とのドルの差によって税金が発生してしまう点です。

ドル→日本円に戻した際に為替差益が発生していればそこに税金がかかってくるのは納得ですが、ドル→ドルなのに税金がかかってきてしまいます。

逆に外貨建MMFを買い付けた時よりも、解約時のほうがドルが下がっていればマイナス分の税金が戻ってきます。

特定口座であれば自動的に還付されます。

私も実際にあえてマイナスになるように、ドルが下がった時に解約して還付されました。

01141

合計で15,516円分マイナスになったことになるので、特定口座のほうで保有している配当等からこの15,516円分が控除され3,000円程節税できたことになります。

更に保有していた期間中、分配金をいただいていたので実際には節税以外にも旨味がありました。

ただ、問題なのはドルが下がるのを待ってから解約しようと思うと、米国株を買いたいと思うタイミングで買えないことがあり、チャンスを逃してしまう可能性もあります。

今後円安が進むと解約するタイミングがわからなくなってしまうかもしれません。

今年中に買付予定のドルはおとなしく普通預金に入れておくのが一番かな〜と。

しばらく(数年)使う予定のないドルであれば、一部を外貨建MMFで保有しておくのは「アリ」だと思います。



実際にやってみた私の個人的な感想です。
投資は自己責任でお願いいたしますm(_ _)m


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




▼ランキングに参加しています(^o^)
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)









ドルが113円台から111円台まで下がってきたので、ちょこちょこドル転しました。

01111
01112

住信SBIネット銀行のドル残高は5,631.49 ドルとなりました。

SBI証券の買付余力が3,531.07 ドルありますので、合計9162.56ドルです。

NISA枠の120万円分と、今年は個別株もいくつか買付したいと思っているのでもう少しドル転しなければです。

*****

昨日は米国ETFを1口ずついくつか指値で注文してみたのですが、みごとに1つも約定されていませんでした。

01113

めげずに今日も下がっていたら注文を入れたいと思います。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




▼ランキングに参加しています(^o^)
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)







先日売却した3,000ドル分の外貨建MMFの分配金のお知らせをいただきました。

11272

2.19ドルから税引後、1.75ドルをいただきました。


為替レートが110.47円となっていましたので、損益がマイナスになりまして、還付されました。

11271


5,068円のマイナスが出たようです。
特定口座のほうから5,068円が差し引かれます。

実際にはドルで受け取っているのでマイナスは出ていませんが、還付されるのはありがたいです。

昨日も書いたように、特定口座のほうで米国個別株を購入しようと、円高のうちに今日2,000ドル分の外貨建MMFを追加で売却しました。

住信SBIネット銀行の分と合わせると6,000ドル程の買付余力となりますので、タイミングを見て今年中に1銘柄購入しようと思っています。


配当・配当金ランキングへ

株式投資人気ランキングへ

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">








↑このページのトップヘ