配当金だけで生活できるその日まで

4%以上の高配当株をメインに取引記録を報告するブログ

カテゴリ: 外貨積立・外貨

先日売却した3,000ドル分の外貨建MMFの分配金のお知らせをいただきました。

11272

2.19ドルから税引後、1.75ドルをいただきました。


為替レートが110.47円となっていましたので、損益がマイナスになりまして、還付されました。

11271


5,068円のマイナスが出たようです。
特定口座のほうから5,068円が差し引かれます。

実際にはドルで受け取っているのでマイナスは出ていませんが、還付されるのはありがたいです。

昨日も書いたように、特定口座のほうで米国個別株を購入しようと、円高のうちに今日2,000ドル分の外貨建MMFを追加で売却しました。

住信SBIネット銀行の分と合わせると6,000ドル程の買付余力となりますので、タイミングを見て今年中に1銘柄購入しようと思っています。


配当・配当金ランキングへ

株式投資人気ランキングへ

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">








一時期ドルが上がってしまい、ドルの仮置き場として利用していた外貨建てMMFの含み益がかなり出てしまい、どうしよう・・・

と地味にビビっていました。

というのも、何度も書いていますが外貨建MMFでは売却してドルで受け取ったとしても、円に換算した場合の為替差益に対する税金(約20%)が差し引かれてしまいます。

ドルをドルで受け取っているのに、一旦円で換算した場合の損益が関係してくるのは腑に落ちませんが、そういうシステムなので文句を言っても仕方ありません。

だったら逆手にとって、円安の時に解約すれば為替差益で損をした。とみなされ税金が還付されます。

私は112.16ドルの時に外貨建MMFを買い付けました。

11243

現時点では111.27ドルになっていますので、マイナスを出すことができます。


待ってました!!(′∀`)


本当は12月ギリギリまで外貨建MMFのほうで保有して分配金を受け取りたかったので、全額売却せずに一旦3,000ドル分だけ解約しました。

11242

まだ下がるかもしれませんしね。

残り6,834.43ドル分はまたドルが下がったら少しずつ売却していく予定です。


配当・配当金ランキングへ

株式投資人気ランキングへ

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">









一時期114円台まで上がってしまったドルですが、昨日は111円台と下がってきたので少しずつドル転しています。

11181

外貨建てMMFを解約するタイミングとして、112.16ドルよりを下がるのを心待ちにしているので、下がったら解約して来年のETF購入資金としてすぐに使えるようにスタンバイしておこうと思っています。

本当は年内ギリギリ保有しておいて分配金をいただき、来年に入ってすぐに解約できるのが理想なのですが、そう上手くいくわけではないので、ちょこちょこドルの動きはチェックしておこうと思います。

外貨建てMMFが解約できなかった時のことを考えて、少しずつドル転している次第です。

米国株に投資されている方のブログを拝見していると、あまりドル転のタイミングは考慮されていないようですが、私は少しでも安い時に仕込んでおきたい派なので、地道にドルも増やしていこうと思います。

*****

毎年12月はお店が1年で一番忙しい時期になるので週6日フル出勤しているのですが、今年はどうしようか悩んでいます。

毎年4月に海外旅行へ行っているのですが、12月に普段の3倍くらい稼いでそのお金で旅行へ行っているので、旅行を励みに12月は無心で仕事だけする1ヶ月にしていたのですが、体力がもつでしょうか。

たぶん相場を見る余裕もなくなりそうです。

週6はやめて週5出勤くらいでがんばるか・・・葛藤しています。



配当・配当金ランキングへ

株式投資人気ランキングへ

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">








外貨建MMF10月分の分配金のお知らせです。

1101

9,826.08ドル分外貨建MMFを保有していまして、8.23ドルから税引後、6.58ドルが再投資されました。

10月の利回りは0.98%となっています。

前回の利回りは0.949%となっていて、少しだけ上がっています。
前回分配金の記事はこちらをご覧ください。

毎月6.58ドルが再投資されると考えるととってもありがたいですが、いざドルに変えて米国ETFを買付ようとした時に問題なのが、私の場合、購入時よりもドルが上がってしまっているため、実際には日本円に換金しない限りドルの金額は同じなのに、日本円に換算したと仮定しての為替差益をとられてしまう点です。

ちなみに私が外貨建MMFの平均買付額は112.16ドルなんですが、現在は113.96ドルになっています。

もし今、9,832.66ドルぶん外貨建MMFを解約してドルに戻しますと、
1102

日本円に換算して17,698円の為替差益が出てしまいます。

ここに約20%の税金がかかりますので、3,540円程税金が引かれてしまうんです。

毎月いただける分配金が750円程度ですので、もし今売却してしまうと税金のほうが多く取られることになってしまいます。

長い期間預けていれば750円×●ヶ月・・・と、税金負けすることもなくなります。

逆に、112.16ドルの時に買付して、112ドルの時に売却すると若干ですが為替差益がマイナスになり、むしろ税金が少し戻ってきますので、分配金はまるまる利益となります。

もしこのままドルが上がり続けるようなことがあれば、私は無理して外貨建MMFを解約せずに、これはこれで置いておいて、分配金を再投資しつつ、いつかドルが下がった頃合いを見計らって売却しようと思います。

なので、近々に使う予定があるドルの一時置き場としては

外貨建MMFはオススメしません!!!

実際に自分でやってみないことには分からないことだらけでしたので、身銭を切って試してみましたが、いい感じにドルが下がってくれたらかなり使い勝手のいい商品ですが、そううまいこといくわけでもないので、せっかくの分配金が税金でむしろマイナスになってしまう場合もありますので、

気長に保有しておける余裕資金であればいいと思いますが、そうでない資金であれば、おとなしく外貨普通預金に入れて0.4%の利息を受け取りつつ、買いだ!という時にいつでも使えるようにしておいたほうが懸命です。


配当・配当金ランキングへ

株式投資人気ランキングへ

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">










来年NISA口座で購入予定の米国ETFの購入資金の仮置き場として、外貨建MMFを利用していることは以前も書きましたが、毎月月末に分配金を自動的に再投資してくれるのですが、その金額のお知らせをいただきました。

8283

9月18日に7,221.58ドル分追加しましたので、1ヶ月分まるまるではありません。

現在の利回りは0.949%となっていまして、分配金は3.65ドルから税金を差し引かれて2.95ドルが再投資されました。(ちなみに前回は利回り0.912%1.54ドルが再投資されました)

利回りはわずかですが上がっていて嬉しい限りです。

来月分から9,826.08ドル分の分配金がいただける予定です。

買付余力として証券会社内に置いておいても1円も増えないので、ほんの数百円ですが毎月増えていくというのは嬉しいものです。


また来月報告したいと思います。


配当・配当金ランキングへ

株式投資人気ランキングへ

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">












↑このページのトップヘ