配当金だけで生活できるその日まで

飲み屋で働けるのも限界があるので、コツコツ働いたお金を投資していきます。 利回り4%以上で運用していけるよう奮闘していくブログです。 目指すは1億円!!

4%以上の高配当株をメインに配当益重視で投資していきます。配当報告等随時していきます☆

外国株・ETF

SPDR S&P500 ETF (1557)分配金受け取りや損益通算について(続き)

10万円以下の取引が無料である松井証券で、1557をコツコツ買っていこうかと思っていましたので、まずは松井証券のほうへ分配金の受取について問い合わせてみましたところ、

郵便局での受取になる。

との回答をいただいたことを先日書きましたが、次にSBI証券のほうへ同じ質問をしてみましたところ、


株式数比例配分方式が利用できない国内上場外国株式、および国内上場外国ETFの配当金・分配金は、ご登録いただいている「国内上場外国株配当金振込先口座」に振り込まれます。

誠に恐れ入りますが、証券口座での受取はできかねますので、ご了承ください。

「SPDR S&P500 ETF(1557)」につきましても、株式数比例配分方式が利用できない国内上場外国ETFのため、NISA口座で買付された場合でも分配金は非課税とならず、「国内上場外国株配当金振込先口座」に振り込まれます。


とのことでした。
やはり証券会社の口座に振り込んでいただくことはできないようです。


更に分配金に関する損益通算は特定口座内でできるのか問い合わせてみましたところ、以下の回答でした。

誠に申し訳ございませんが、特定口座の損益対象にはなりません。

なお、配当所得と譲渡損失とで損益通算するには、信託銀行から送付される配当金計算書をもって、特定口座の「年間取引報告書」、一般口座での損益とあわせて確定申告を行なう必要がございます。
※特定口座、および一般口座にて譲渡損失がない場合には、配当金に対する源泉徴収の還付はできません。
※一般口座売却分の損益は、「年間取引報告書」には含まれないため、取引報告書などを用いてお客様ご自身で計算していただきます。


確定申告をすれば損益通算できるようです。

売却した際の損益通算は特定口座内でできるようです。

確定申告したくないから特定口座で取引していのにーって方には残念ながら特定口座のほうで購入しても、損益通算の対象にはならないので、少し勝手が悪いですね。


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="4464367899">



ちなみに、カブドットコム証券のほうにも同様の問い合わせをしてみたのですが、2日経過しても返信はありません(´;ω;`)

SBI証券のメール問い合わせは返信かなり早いです。

電話で問い合わせればいいじゃん!て話なんですが携帯からですとナビダイヤルで20秒10円かかるので無料のメールで問い合わせています。履歴も残りますし。

ということで、SBI証券の手数料プランを1日10万円までの取引は無料になる「アクティブプラン」に変更しました。

タイミングを見てお試し買いをしてみたいと思います。

なお、SPDR S&P500 ETF (1557)はNISA口座で購入しても非課税の対象外のようですので、NISAでの購入を検討されている方はご注意ください。


配当・配当金ランキングへ

株式投資人気ランキングへ

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">













SPDR S&P500 ETF (1557) VS バンガード S&P 500 ETF(VOO)

米国ETFで、これだけ持っていれば大丈夫だ、と皆さんが口を揃えてオススメする  S&P 500 ETFなのでありますが、米国ETFで購入する場合、NISAの範囲での買付ならば手数料は無料となりますが、特定口座で購入しようと思うと高額な手数料がかかります。

今年はもうNISA口座が使えないので来年まで待とうと思っていましたが、東証に上場している同指数に連動するETFも存在します。

本来であれば直接米国ETFを買い付けるべきなのでしょうが、手数料等を加味してどちらが得なのか?調べてみました。

対象とするETFはSPDR S&P500 ETF (1557)で比較したいと思います。

■信託報酬
バンガード S&P 500 ETF(VOO) →0.04%
SPDR S&P500 ETF (1557)→0.09%

■買付手数料
バンガード S&P 500 ETF(VOO) →最低5.4ドル
SPDR S&P500 ETF (1557)→10万円以内の少額ずつの購入ならば無料(カブドットコム証券ならばフリー)

■分配利回り
バンガード S&P 500 ETF(VOO) →1.93%
SPDR S&P500 ETF (1557)→1.87%

■税金
バンガード S&P 500 ETF(VOO) →外国税・日本での課税
SPDR S&P500 ETF (1557)→外国税・日本での課税

■分配金支払い
バンガード S&P 500 ETF(VOO) →年4回、基準日から1週間程度で入金
SPDR S&P500 ETF (1557)→年4回、基準日から約2ヶ月後に入金
分配金は証券会社の口座に入金されないという噂あり→証券会社に問い合わせ中

■値動き
バンガード S&P 500 ETF(VOO) 

1072

SPDR S&P500 ETF (1557)

1071

為替の影響もありますし、全く同じ動きというわけではありません。


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="4464367899">



■その他
・バンガード S&P 500 ETF(VOO) の場合ドルへの為替手数料がかかってくる。一番安い住信SBIネット銀行で1ドルあたり4銭(5,000ドルで2,000円)円に戻す時も同様

・SPDR S&P500 ETFでは自分の好きなタイミングで日本円に変えることができない(基準日の価格で換算されて日本円で分配金が支払われる)

・SPDR S&P500 ETFは出来高が少ない


ネットで調べているだけでは様々な情報が飛び交っていて良くわからないので、やはり身銭を切って試してみるのが一番である。と思いましたので、得意のお試し買いでSPDR S&P500 ETF (1557)を少額購入してみたいと思います。

次の権利日は12月ですので分配金の入金はだいぶ先になりますのが、気長に待ちたいと思います。


配当・配当金ランキングへ

株式投資人気ランキングへ

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">











バンガード トータルストックマーケットETF(VTI) から分配金のお知らせをいただきました

バンガード トータルストックマーケットETF(VTI)から、9月22日権利確定分の分配金のお知らせが届きました。

9293

1口あたり0.553ドルで、私は2口保有のため10%の外国税が引かれて1ドルの入金となります。

分配利回りは1.87%となっています。

外国税を引かれると1.68%ですので分配利回りだけを見ると高配当とは思えないのですが、こちらは分配利回りよりも値上がり益重視で保有しています。


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="4464367899">



9281


過去の値動きを見てみますときれいに右肩上がりとなっています。

NISA口座での保有のため5年間は保有予定ですので短期間での値動きは気にしませんが、過去5年間の分配金を再投資した場合の騰落率は91.22%と、え!??

と思う数値となっていますが、あくまで過去の成績ですので過度な期待はせず、来年以降も少しずつ買い増していきたいと思っています。


私は7月18日に購入しましたが、購入時からは2口で5.04ドルのプラスになっています。


ちなみにネットバンクのほうに入れている残高に毎月利息がつくのですが、100〜150万円の残高で毎月1円ずつ入金されています(笑)

もちろん普通預金ですので資産価値が増えることも減ることもないのですが、年間12円と考えるとVTIは3万円程の投資で年間480円程の分配金がいただけると思うと、ありがたいですね。


配当・配当金ランキングへ

株式投資人気ランキングへ

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">















外貨預金状況・米国ETF損益状況

今日はお熱でフラフラの中、商品の発送だけはしなくてはということで、ヨレヨレしながら梱包しました。

どんなに体調悪くても家でできる仕事はありがたいです。

お母さんは明日退院だそうです。8日間の入院でした。私のインフルエンザが移らないように私はしばらく部屋にこもっていようと思います。

さて、今日の相場ですが微妙に下がっていて、これといってバーゲンセール品もなく、見ているだけで終了でした。

円安の影響でトヨタ自動車 (7203)がどんどん上がっていきます。来年のNISA枠(家族名義)ではトヨタ自動車 (7203)を購入予定でしたが、今の利回り(3.11%)では買えません。

円安の影響でもう1つ。先日1ドル107円台になった時にドル転しておいたドル達ですが、プラスになっていました。

9141

円に戻す予定もないので上がろうが下がろうが気になりませんが、マイナスよりはプラスのほうが気分的にいいかな?というくらいです。


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="4464367899">



米国ETFもしれっとプラスに戻ってきました。特にVOOの上昇率はさすがです。

▼2017年9月13日米国ETF損益状況

9142

来年まで買い増しすることができないので、あまり米国ETFは見ないことにしていますが、週に1度くらいどうなってるのかな〜?と覗くようにはしています。

NISA口座での保有のためしばらく売却予定もないので、安定した分配金さえ出していただければと思っています。

配当・配当金ランキング

株式投資人気ランキングへ



style="display:block; text-align:center;"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5305997651">



iシェアーズ 米国優先株式 ETF(PFF) より分配金をいただきました

毎月分配型のETF,iシェアーズ 米国優先株式 ETF(PFF) より分配金をいただきました。

9111
1口あたり0.177328ドル×11口でNISA口座での保有のため、10%の外国税のみ引かれて1.76ドルいただきました。

昨日の終値で1口あたり38.88ドルとなりますので、利回りは5.69%となります。

8月が8日で7月が13日と入金日がバラバラなんですね。土日を挟んでいたりする関係でしょうか?

11口しか保有していないので1ドル110円で計算しますと、47,045円分ですので1ヶ月で考えると189円てとてもかわいい数字ですが、年間ですと2,268円ですからこの分配金が続いてくれることを願います。

値上がり益は期待できませんが、年間4%の利回りで十分満足な私のお気に入りのETFです。

あと4年の間に100口までは買い増していく予定ですが、それ以上の投資をするつもりもありません。あと480万円ぶんを8種のETFにバランスよく分散していきたいと思います。


配当・配当金ランキング

株式投資人気ランキングへ



style="display:block; text-align:center;"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5305997651">











マネー雑誌売上ベスト10
PVアクセスランキング にほんブログ村
おすすめ証券会社
ライブスター証券


3ヶ月間売買手数料無料!
Twitterはこちら
スマホからはこちら
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
プロフィール
記事検索