配当金だけで生活できるその日まで

平均4%以上の高配当株を長期保有して複利で増やしていきます。目指せ1億円!!

カテゴリ: 外国株・ETF

米国ETFで高配当銘柄はないか探していましたらザックスMLP高配当インデックスETF(ZMLP) なるETFが。

利回りは11.62%

分配金年4回

経費率0.65%


利回り11.62%だなんて、怪しい匂いがプンプンします。
タコ足の毎月分配型投資信託のような商品なのでしょうか?

かなりリスクの高いETFなんだろうな。と思いつつ気になるのでどんな内容のものなのか調べてみました。


■ファンド概要
ザックスMLP指数(Zacks MLP Index)の実績に概ね対応する投資成果(手数料および経費控除前)をあげることを目指す。


ざっくりしすぎていて全然分かりません。そもそもザックスMLPって何?


■ザックスMLP
・M L P( マ ス タ ー ・ リ ミ テ ッ ド ・ パ ー トナーシップ)は、米国で行われている共同投資事業形態のひとつであり、その出資持分が米国の金融商品取引所等で取引されています。

・MLPは、総所得の90%以上をエネルギーや天然資源に関連する事業、金利、配当、不動産賃貸料等から得ています。

・MLPの多くは、主として天然資源等のパイプラインや貯蔵施設といったエネルギー関連事業に投資を行い、パイプラインや貯蔵施設等の利用料などを収益源としています。


要はエネルギー事業の指数に連動したETFだということは分かりました。


日本のインフラファンドで利回り7%なんてものもありますし、利益のほとんどを出資者に分配する代わりに法人税が免除されるため、利回りが高いようです。

REITもそういった税金面での優遇があるため利回りが高いので、そこは納得。


▼値動きを見てみましょう
FireShot Ca)外国株式取引_ - ht

良い意味でヨコヨコです。あくまで分配金を受け取り続けることが目的なので、値上がり益は期待していません。このくらいの安定した値動きで十分です。


値動きが少なくても、この分配金ならばリターンもかなり期待できるはず・・・
FireShoード証券)-オ株式取引_ - ht

!!!

5年保有で-47.16%???



リスクが高いと言われているPFFでさえ、そこそこのリターンなのに。
FireShot Caード証券)-オンライント株式取引_ - ht



▼長期のチャートで見てみます
FireShot Ca-オン国株式取引_ - ht

なるほど・・・2016年まで急降下しています。

その後も緩やかに下降。


値動きは長期で見てみないと分からないですね。


更に分配金も2016年からは年間1.6ドルが継続されていますが、2015年度は2.55ドル・2014年度は2.83ドルありました。


今後の減配の可能性も大いにあります。


どこまで下がるのか未知数ですが、もしかすると今が絶好の買い時でたまたま高配当のまま放置されているだけで、今後じわじわ値が上がっていく可能性もあります。


あの時買ってたら利回り11%もあったんだよねー


なんて将来思うかもしれません。

昨年末は株価下落で美味しすぎる利回りの銘柄がゴロゴロしていましたよね。

リスクを承知で利回りをとるか、過去の実績から安定をとるかは自由です。


個人的には資産が億単位であれば、様子見で少しだけ保有してみるのもアリかな。とは思います。


こういった勝負に出られる人が資産を大きく増やせる人なんだと思いますが、資産を急激に増やすというよりは、株価に一喜一憂することなく、安定した配当を得られる平和な日々のほうをとってしまう性格なもので、今の資産規模ではリスクが高すぎて買付はできません。


※投資は自己判断でお願いいたします。


▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)















5月はズルズルと下がりましたので、ちょこちょこと買付をしました。

ただ、今後もダラダラと下がる可能性があるので、まだまだ高値かもしれません。


■そんな5月の米国株買付状況です。
FireShot券)-オンライント国株式取引_ - ht

30日にVYMJXIが約定されていました。

5月の買付はNISA(ETF)2058.7ドル分・特定口座で3054.77ドル分となりました。


S&P 500高配当株式ETF(SPYD)は買ってから徐々に下がり、早速の含み損となっていますが、こればかりは読めませんので買ったことに後悔はしていません。

■2019年度米国株・買付状況
1月 NISA994.07ドル分
2月 NISA577.25ドル分・特定口座3320.86ドル分
3月 0
4月 NISA1292.36ドル分
5月 NISA2058.7ドル分

となっています。騰がっていた3月に無理して買付しなかったのは正解でした。

その分の枠で5月は多めに買付ができました。

米国ETFに関してはバランス良く買い増ししました。
今後も下がれば少しずつ買い増していきたいと思います。


2019年度の残りNISA枠は614,470円です。
全て米国ETFで埋めていきます。

買付手数料がかからないのでちょこちょこと買えてありがたいです。
ETFだけでなく個別株も無料になればもっと良いのですが、ETFが無料になるだけでも助かります。


▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)














5月24日の取引です。

下がっていたのでいくつか注文を入れて就寝。

起きてチェックしてみましたら3銘柄約定されていました。

FireShot Captu証券)-オン外国株式取引_ - ht

バンガード トータル ワールド ストックETF(VT) を72ドルで1口
バンガード トータルストックマーケットETF(VTI)を143ドルで1口
バンガード S&P 500 ETF(VOO)を258ドルで1口

合計473ドル分の買い増しです。


VT・VTIはキリよく20口、10口の保有となりました。


せっかくなので米国ETFの損益状況を確認してみましょう。
FireShot .sbisec.co.jp_bountSummary.do

米国ETFのトータル損益は+719.74ドル

2銘柄以外はプラスになっています。


まだまだ保有数が少ないのでETFのほうからもまとまった分配金がいただけるように、買い増していきたいです。

今年の残りNISA枠はまだ643,892円分ありますので、定期的に下がったタイミングで買い付けていきます。

昨年のように焦ってNISA枠を使い切らないようにしよう。と思いつつも、下がると少しは買い増したくなってしまいます。

少しずつ様子を見ながら買い増していくべきか、早めに買付して権利を1回でも多くとるべきかは悩ましいところですが、高値掴みをしないためにも毎月一定額を買っていくべきなんでしょうね。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)



















投稿したつもりが下書きに入っていて報告が遅れましたが5月13日の取引です。

中国の報復関税のニュースが流れる前でしたので、2銘柄買い増ししてしまいました。


まずは三菱ケミカルホールディングス (4188)を716.5円で100株買い増し。合計200株に
FireShotkabu.click-sec.comkujyoList.do

三菱ケミカルホールディングス (4188)の銘柄詳細はこちらの記事で書いています。

私の買値での利回りは5.6%

買付価格も手頃で利回りも上がっていたので買い増ししました。
200株保有していても、ポートフォリオに対する割合は低いので下がっても気にしません。

昨日の終値は728.8円と意外や意外、買値よりも値を戻しています。



また、上場インデックスファンド新興国債券 (1566)を46,400円で1口買い増し。合計10口に
FireShot CTGate_

465円の分配金が続けば私の買値での利回りは6%になります。

手数料が記載されていますが、10万円以内の取引のため実際には手数料はかかっていません。

昨日の終値は46,250円と更に下がっていましたが、しばらくは買い増し予定はありません。



米国株は予想外に反発していますが、日本株はどうなるでしょうか。

JREITが好調なため、全体の損益はさほどダメージを受けていませんが昨年末はJREITも大幅に下がりましたので油断はできません。

下がるようであれば利回りの低い銘柄と入れ替える等、良いタイミングかもしれません。

買付余力は無限にあるわけではないので、極力保有銘柄は手放さずに買い増しだけをしていきたいところではありますが、保有中の銘柄よりも利回りの高い銘柄と入れ替える等、割安になっている銘柄をうまく拾っていきたいです。

私の場合、現在保有中の銘柄で個別株で5%以上の利回りに満たない銘柄は入れ替え候補となります。

今は利回り5%以上の銘柄がゴロゴロありますので、極力平均利回りを上げていくつもりです。


▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)


















米国による追加関税の引き上げを受け、米国製品にかけている関税を最大25%に引き上げる報復措置を取ると発表したことを受けて、ダウは大幅に下落しています。

アメリカがくしゃみをすれば日本は風邪をひくとよく言われますが、この影響は避けられないでしょう。

長期化すれば底の見えない下落相場が続くかもしれません。


それでもインカム投資家は呑気でいられます。

不祥事等で個別株が下がっているわけではなく相場全体が下がっている場合=絶好の買い場となります。

安く仕込めれば同じ配当でも利回りは高くなり、セール価格で買えることになるからです。


ただ、問題はどこまで下がるか分からない。

これです。


安易に買いに走って早速含み損を抱え、日を追うごとに含み損が膨らんでいく状態ではいくら長期投資といっても良い気持ちではいられません。


今は相場を見守り、買いが入りだしたら少しずつ買い増してまた様子見。が理想の形のように思えます。


底で買いたいのは山々ですが、どこが底かは誰にも分かりませんし、毎日リアルタイムで相場をチェックできない環境の方も多いと思います。

何度も書いていますが、この銘柄が利回り●%になったら欲しいな。と思う値で買えば良いと思うんです。


間違っても増配が続いているような優良銘柄を慌てて売ったりしない。


買付余力と相談しながら少しずつ少しずつ買い増す。


貿易摩擦が落ち着くまではどう相場が動くのか目が離せませんが、安定した配当金が入ってくるインカム投資家は案外気楽でいられるものです。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)














↑このページのトップヘ