配当金だけで生活できるその日まで

4%以上の高配当株をメインに取引記録を報告するブログ

カテゴリ: 外国株・ETF

米国楽天・全米株式インデックス・ファンドですが、始めて7ヶ月目となりました。

FireShot Capture 券_ - https___site2.sbisec.co.jp_ETGate_
(↑クリックすると拡大します)

+2,048円(+4.1%)
とようやくプラスになってきました。

長いことマイナスが続いていたので正直あまり見てもいなかったのですが、プラスになってきてくれて何よりです。

運用報告のほうも3月ぶりになってしまいました。

ということで、こちらも自動積立の設定をしました。

設定内容は、毎週金曜日に1,000円ずつ積立としたいと思います。

基本月に1度評価格をチェックするだけで、放ったらかしておきます。毎日チェックしても仕方ないですしね。ETFは自動積立できませんが、投資信託は自動積立設定ができるので便利ですね。

ひふみプラスの積立と合わせて月間1万円(年間12万円)の積立ですので、額としては小さいですが上がっている時も下がっている時も自分の意志と関係なく淡々と買い増してくれるドルコスト均等法と、自分が「買いだ!」と思ったタイミングで買い増していくのとでは、どちらが良い成績を残せるのかを実験していきたいと思っています。

こちらも毎月月初に運用報告をしていきたいと思います。

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="8309740292">




▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)

















昨年から米国株デビューした新参者ですが、初めは米国ETFで始めました。

ETFはわずかな手数料でプロが厳選した銘柄を順次入れ替えてくれ、1社に投資するのとは違って倒産して株価がゼロになる。という危険性がありません。万一組み込まれた銘柄の中に無配に転じてしまったり業績悪化した会社があれば自動的に外され、入れ替えをしてくれるので放っておけば分配金が少しずつ入金されますので、米国株についての知識がほとんどなかった私には最高に便利な商品でした。

ただ、難点は分配金が少ない。という点です。

高配当を謳っているiシェアーズ コア 米国高配当株 ETF(HDV)でさえ、3.54%の利回りです。

バフェット一押しのバンガード S&P 500 ETF(VOO)に至っては1.77%と物足りないものがあります。

私は米国株に関しては手数料も高額ですし、売却益は狙っていません。あくまで安定した配当金・分配金をいただき再投資することによって保有数を積み上げていくのが目的です。

そう考えると、値上がり益を含めた総合的な利回りよりも値上がり益を無視した分配(配当)利回りが高い銘柄のほうが今の私には都合が良いのです。

そこで、個別株にも手を出し始めたわけですが、個別株の配当利回りはETFに比べ5%以上の銘柄も多く、増配年数も数十年と増配を意識した会社が多く存在します。

今年に入ってから株価はイマイチですが、今のところ保有銘柄に関しては減配により利回りが下がってしまった。ということはありません。

では今後、個別株を買い増していくべきか、安定のETFを買っていくべきかで悩むところです。

でも、この件で悩んでいること自体、数年前の私から見たら「成長したな」と思うわけです。数年前はETFという名前すら知りませんでしたし、米国株?わたし日本人だし日本株だけで充分でしょ。と思っていました。

以前中国株が流行った時にも一切やりませんでしたし、自分がよく分からないことには投資しない。と勝手に決めつけていました。

でも米国株に関するブログが増えてきて、興味を持って色々な方のブログを読ませていただいているうちに、私でも知っている馴染みのある会社が米国にもたくさん存在しました。

先日買付したコカ-コーラ(KO)なんて、日本人でも知らない人はいないと思います。ジョンソン & ジョンソン(JNJ)も名前くらいは聞いたことがあるはずです。プロクター & ギャンブル(PG)もアリエールやSK-Ⅱ、パンテーン等使ったことはなくても名前くらいは知っているはず。

聞いたこともない業務内容も謎の会社には怖くて投資できませんが、知ってる!知ってる!という会社であれば日本株を買うのと同じ感覚ですんなり始めることができました。

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="8309740292">


話は脱線しましたが、

ETFと個別株、どちらが良いのか?

よくS&P 500 ETFにパフォーマンスで勝てるのはプロの投資家でも非常に難しいと言われています。だったらS&P 500 ETFだけで良くない???

となってしまいます。

ひたすらS&P 500 ETFだけを買い増していって分配金も全て再投資すれば負けなしなのでは?となってしまいますが、それでは「つまらない」という点と今まではS&P 500 ETFのパフォーマンスは素晴らしかったかもしれませんが、今後数十年先まで同じパフォーマンスを維持していくという保証はありません。投資にリスクの分散は必須です。

いくら過去の成績が良くとも全ての資産を注ぎ込むのは非常に危険です。

というわけで、私が出した結論としては増配が続いている高配当個別株も買うし、分散の効いたS&P 500 ETFも買えばいいじゃない。

ということです。どちらか一方しか買えないわけではないですし、資金の問題でどっちも買えないのであれば奇数月はETFを買って偶数月は個別株と買うとか、ボーナス月だけ個別株を買うとか、とにかくどちらも均等に買い増していって数年、数十年とどちらが良い成績を上げてくれているか自分の実体験で感じるしかないと思います。

ただ、本業が忙しく銘柄研究なんてしている暇はない!という完全に放ったらかしておきたい派の方はETFのほうが良いと思います。それでも1つのETFだけに突っ込むのではなく、いくつか分散させる必要はあると思います。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)














おはようございます。
昨日も松井証券のほうで保有している上場インデックスファンド新興国債券 (1566)を49,850円で1口売却しました。

BeautyPlus_20180523151624445_save

合計で10口の保有になりました。

松井証券のほうではまだまだ相殺できる配当金のほうが多いので、残りの分も売却してまた買い戻そうと思っていますが、次回の分配金も下がるようならば更に値が下がるでしょうから、どこまで下がるか予想できないので少し考えものです。

さて、下がり続けている上場インデックスファンド新興国債券 (1566)の値動きを見てみますと、

FireShot Capture site2.sbisec.co.jp_ETGate_

47,000円台くらいまでは下がる覚悟をしていたほうがよさそうです。

分配金がどんどん下がるようならば更に下がる可能性もあるので、分配金情報はまめにチェックしておいたほうが懸命です。

分配金お知らせはhttps://www.nikkoam.com/products/etf/lineup/bcemこちらのページからチェックできます。次回は7月10日ですね。

ただ、次回分配金が横ばいもしくは上がるようであればまた値も戻ってくると(個人的には)思いますし、そう慌てる必要もないと思っています。

私が連日売っているのは、単に取得価格を下げたいからで、この銘柄を見切って手放そうと思っているわけではありません。

隔月分配金がいただけて、現地課税もありませんし利回りも昨日の終値で5.85%ありますのでまだまだ魅力的なETFです。

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="8309740292">




▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)










ダラダラと下がり続けている上場インデックスファンド新興国債券 (1566)ですが、4万円台にまで下がったので、手数料無料の範囲内で2口売却しました。
BeautyPlus_20180521160458508_save

今日は松井証券のほうで保有分だけ売却しましたが、明日以降も下がるようならばSBI証券で保有中の分も売却して、平均買付額を下げたいと思います。

分配金が下がってから売りが続いているのでしょうか。

本当はインカムゲイン投資であれば値動きは気にする必要はないのですが、税金対策のためあえて損だししています。

*****

全然関係ないですが、今日から金曜までマックで朝7時〜10時までアイスコーヒー無料ですって。明日さっそく貰いに行ってこよう☆
BeautyPlus_20180521173624129_save


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)











今週はiシェアーズ 米国不動産 ETF(IYR) を76.6ドルで1口、iシェアーズ グローバル公益事業 ETF(JXI) を48.35ドル、48.38ドル、48.39ドルの計3口買い増しました。

FireShot Capturlobal.sbisec.co.jp_erHistory_search

今月のETFの買い増しはこれで終了とします。

また来月、10万円分を買い増したいと思います。

個別株はだだ下がりですが、ETFに関しては大きな下げもないので、下がりきるのを待たずに毎月まんべんなく買い増していく方針です。

そもそもいつが底かなんて分かりませんから、底を待っていたらいつになっても買えません。

JXIに関しては、ずっと上がり調子で買いのタイミングがありませんでしたが、ちょうど下がってきたので3口買い増しできてよかったです。

SBI証券でのNISA枠でETFの買付手数料が無料なのは、本当にありがたい特典です。

1口ずつちょこまか買えるので、少しずつ口数を増やしていけるのは便利です。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




▼ランキングに参加しています(^o^)
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)
















↑このページのトップヘ