配当金だけで生活できるその日まで

平均4%以上の高配当株を長期保有して複利で増やしていきます。目指せ1億円!!

カテゴリ:収入報告 > 利確・損出し報告

ようやく!!第一目標だった「年間受取配当金額100万円(税引後)」を達成することができました。


以前からやろうと思っていた利回りの低い銘柄から高い銘柄へ乗り換える作業をいくつかしまして、追加投資資金なしで銘柄を入れ替えました。


まずは先日売却したさくら総合リート投資法人 投資証券 (3473)2口・スターアジア不動産投資法人 投資証券 (3468)1口の資金でヘルスケア&メディカル投資法人 投資証券 (3455)タカラレーベン不動産投資法人 投資証券 (3492)を買い増し。

_20190605_231139

ヘルスケア&メディカル投資法人 投資証券 (3455)は合計6口・タカラレーベン不動産投資法人 投資証券 (3492)も6口になりました。

売却した資金は米国株買付に充てる予定でしたが、予想外にすんなり騰がってしまったため、JREIT買付に充てました。


また、利回り3.91%と4%を切ってしまった平和不動産リート投資法人 投資証券 (8966)を3口中1口売却(+31,695円

年間4,800円の分配金予想ですが、利益確定をする基準として2年分の分配金(予想)額よりも含み益が出ていて、利回りが低下した銘柄。と個人的に定義しています。今回は約6年分の分配金以上になりました。

_20190605_231038

売却した資金で他REITに注文を入れていましたが約定されずでした。

今回買い増した銘柄は貸株金利が1%つく銘柄でしたのでGMO証券で買付しました。




_20190606_024938

更に家族名義のスマートプラスのほうでも、大江戸温泉リート投資法人 投資証券 (3472)を1口買い増し。合計3口に。買付資金が不足していたので、買いすぎてしまった日経平均高配当株50指数連動型上場投信 (1489)を32,150円で1口売却(地味に250円の損だし)合計15口に。


ということで、年間受取配当金・分配金(予定)は1,001,743円(税引後)となりました。

1ドル108.37円換算ですので、ドルが下がれば100万円を切ってしまいますので、余裕を持ってもう1銘柄早急に買い増したいと思います。


他にも利回りの低い銘柄がいくつもありますので、時間のある時に随時銘柄の入れ替えをしていきたいと思います。


今回銘柄の入れ替えに踏み切ったのは、JREITの適時開示を見ていてどのREITも「より利回りの高い物件への入れ替えを積極的にしている」と感じました。


売却益もあり、その資金でより利回りの高い物件へ乗り換え、利益を拡大している構図は株式投資でも同じで、株価が上がろうが利益確定せずにひたすら保有しておくべきなのか、利益確定して他銘柄の買付に回すべきかの正解はありませんが、全てを入れ替えなくとも、利回りが下がってしまった銘柄の一部は、より利回りの高い銘柄へ入れ替えるのも1つの方法だと思っています。


今ちょこちょこと口数を増している銘柄達も、数年後に株価が上がり利回りが下がるかもしれません。そうなった時に6口中の2口を手放し、他銘柄の買付に回す。等がしやすいように極力1単元の単価が安い銘柄に絞って買い増すようにしています。

1単元が50万円以上するような銘柄は私の資産規模では1単元しか保有できないので、一部を売却するようなことができないので、今は買いを控えています。


株の売買では、取引頻度が多い程手数料がかかって結局損をする。下手に取引をしないほうが懸命だ。という考えもありますが、今回家族名義で利用したスマートプラスのように売買手数料のかからないアプリや、GMO証券のように優待で売買手数料がキャッシュバックされる範囲内での取引であれば、手数料のことは考える必要がなくなります。


どちらにしても正解はありませんので、ひとまずは銘柄の入れ替えを一部してみて様子を伺ってみようと思っています。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)




















5月29日の取引です。昨日1口売却したさくら総合リート投資法人 投資証券 (3473)を91,800円でもう1口売却して残り1口にしました。

FireShot Cリック証券_ - hom_sec1-1_

+6,943円のプラス

6月は権利月ですし、何もなかったかのように値が騰がっていくのかは分かりませんが、リスクを少しでも減らしておきたいと思って売却です(リスクに関する詳細は昨日の記事をご覧ください)。

残り1口はこのままホールドしておくことにします。

代わりにタカラレーベン不動産投資法人 投資証券 (3492)に注文を入れていましたが約定されずでした。

5月権利銘柄の権利落ち日でしたがそこまで下がっておらず、焦って高値掴みをしても仕方ないので、このところ下がっている米国株買付資金に充てればいいかな、とも思っています。


米国株の監視銘柄をしげしげと眺めていたのですが、ここを買えば間違いない!!と思える銘柄もなく、ちょびちょびとETFを買って終了。

iシェアーズ 米国リート ETF (1659)もほんの少し買い増ししたりしましたが、指値でなかなか約定されず、約定されていたのは本当にかわいい額です。

5月末までに買い増したETFはまとめて更新したいと思います。


改めて銘柄選びって難しいですね。

利回り5%以上あって、数十年と減配がなく安心して長期保有しておける銘柄なんてそうそうありません。

S&P 500高配当株式ETF(SPYD)が利回り5%以上になるまで下がるまでじっと待つか・・・

32ドルまで下がることはそうそうない気もしますが、もしそこまで下がることがあればためらわず買いにいきます。


こうやって銘柄選びで悩んでいる時間は楽しいですね。完全に「趣味」となっていますので、時間さえあれば延々見ていたいです。

なかなか仕事も家事もやらなければならないことが多く、時間を割けるのは少しの時間ですが1人でパソコンに向かっている時間は至福のひとときです。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)

















5月28日の取引です。

JREIT利回り上位銘柄がほぼ騰がっている中、下がっていたスターアジア不動産投資法人 投資証券 (3468)

権利落ちでもないのに何があったんだろう?と適時開示を見ていましたら【スターアジアグループによる「さくら総合リート投資法人とスターアジア不動産投資法人との合併に向けたご提案」に関するお知らせ】なる文面が。

FireShodata_disclos140120190510421

5月10日発表のものでけっこう日にちが経過していました。

確かに両社微妙な資産規模で利回り上位に長い間君臨しています。合併して規模を大きくしたほうがメリットがあるだろうな。なんて呑気に思っていましたが、


さくら総合リート投資法人投資証券 (3473)の適時開示を見てみましたら、アレレ?

FireShot Capturjp_data_disclose_2523434

さくら総合リート側は同意していない?


スターアジア不動産投資法人 投資証券 (3468)が一方的に合併の提案を発表している状況?そんなことってあるの?


▼以下、さくら総合リート側の見解
FireShot Capt0190523434


FireShot Care.ifis.co.jp_data_discl190517430


長くなりすぎるので詳しくは両社適時開示をご覧いただければと思いますが、要は、スターアジア不動産投資法人 投資証券 (3468)さくら総合リート投資法人投資証券 (3473)を敵対的買収しようとしている!!!

ということですね。


こういった場合、最終的にどうなるのでしょう?

FireShot Csclose_2_140120190523434


さくら総合リート投資法人投資証券 (3473)の株主の2/3以上の賛成がないと合併は成立しない。という解釈で正しいでしょうか(間違っていたらご指摘ください)

決議権を行使しない=合併に賛成

ということになってしまい、明らかに不利な条件でさくら総合リート投資法人投資証券 (3473)は合併することになる。


何だかドラマみたいです。


穏やかだったJREITに影が・・・


そんな印象を受けてしまいました。


ということで、1口だけ保有していたスターアジア不動産投資法人 投資証券 (3468)は即売却!!合併が成功して大きく成長したとしても、今度は株主を裏切る気がして怖いです。


それから、3口保有していたさくら総合リート投資法人 投資証券 (3473)も1口だけ売却。全力で応援してあげたいのは山々なのですが、私の資産規模ではどうにもなりません・・・。

FireShot https___c1-b_kabu_yakujyoLt.do


売却益は狙っていませんでしたが、合わせて12,533円のプラスとなりました。

FireShot CV〕 - GMlick-sec.com_sec1-b_

年末に含み損が出てしまっている銘柄を売却して損だしできるよう、売却益も少しはためておいたほうがいいかな。くらいの位置づけです。昨年は売却益がけっこうあったので、ばさばさとマイナス銘柄を売却できて清々しかったです。


代わりにエスコンジャパンリート投資法人 投資証券 (2971)を104,400円で1口買い増し。

合計4口にしました。

1月・7月権利で次回分配金は2,629円→3,653円→3,218円の予想です。

2,629円を基準にしてしまうと利回りは4.98%ですが、3,200円程が続けば利回りは6.1%あります。


まだ上場して日が浅いREITなので、今後も安定した分配金が支払われるか不安な部分も多いですが、人気のないうちに買付しておいてじっくり寝かせておきます。

売却して年間受取分配金額も減ってしまったので、なるべく早いうちに売却分(残り10万円程)の買付をしたいと思っています。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)
















金曜日の取引です。このところ上がり調子だったJREITが少し下がってきたので、利回り4.59%とJREITの買付基準である5%を切っていたMCUBS MidCity投資法人 投資証券 (3227)を2口利確しました。

Screenshot_20190414-003636~01

Screenshot_20190414-003822~01

合わせて+28,960円

現在の保有数は2口となりました。


SBI証券では1日10万円以内の取引であれば手数料が無料になるので(アクティブプランの場合)、10万円を切ったタイミングで売却しました。

また年末に含み損を抱えてしまった銘柄を損だしできるよう、売却益も少しは蓄えておこうと思っています。

売却した資金で利回りの高い銘柄と入れ替えます。


ゴールデンウィークの10連休前にポジションを軽くしておこう。と考える人が多いかもしれないので、買付余力を多めに確保しておきたかったのもあります。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)















Twitterのほうでは先に報告していましたが、38円→19円への大幅な減配を発表したすかいらーくホールディングス (3197)を、PTS(時間外取引)にて何とか微益にて売り切りました。

BeautyPlus_20190216042804074_save

BeautyPlus_20190215195051615_save

初めてNISA銘柄を売却しました。貴重な非課税枠を手放すのは残念でしたが、このままホールドしていても今度は優待改悪の心配もありますし、せめてプラスのうちに撤退です。

おいしすぎる利回りでしたので、いつか手放す日が来るとは覚悟の上保有していましたが、まさか優待ではなく配当金のほうとは意表を突かれました。


それでも保有期間中、3回の配当金と優待をいただきましたので充分恩恵は受けたと思っています。(12月権利分も含めると4回です)

業績が伴っていれば利回りが高いのは大歓迎ですが、無理に配当や優待を出しているような銘柄は安心してホールドしておくことができません。

とはいえ、どこの会社であっても今は良くても数年後、数十年後と今の利益率をキープできるという保証はありませんので、あれこれマイナス要素を考えすぎて買い渋るよりは数年間でも配当金・優待を貰い、減配や優待改悪等の際には速やかに撤退すれば良いのかもしれません。


絶対にここを買っておけば減配の心配はない!という会社は存在しないと思っていますので、数十年と増配が続いている米国株であっても、減配のアナウンスはないかだけはしっかり確認する必要がありますね。

本業が忙しく、保有銘柄全てを確認するのは難しい。という方も多いと思います。銘柄数が増えれば余計に大変です。

そういった方は完全に放ったらしておけるETFがやはり一番無難なのかもしれません。

利回りは個別株に比べ劣りますが、決算等の確認の必要がないというだけでも、充分時間との兼ね合いを考えたらメリットはあります。

兼業投資家はとにかく情報収集に割ける時間に限りがありますので、極力手間をかけずに自動的に資産が増えていく仕組みを作る必要があります。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)














↑このページのトップヘ