配当金だけで生活できるその日まで

4%以上の高配当株をメインに取引記録を報告するブログ

カテゴリ:収入報告 > 利確報告

今日は一般口座のほうで保有していた三井住友フィナンシャルグループ (8316)を4,520円で100株売却しました。

11291

+21,500円となりました。

利確したかったわけではなく、一般口座で保有していた銘柄をスッキリさせたかったからなんです。特定口座のほうであと100株保有していますが、そちらは売却予定はありません。

売却した資金で次に買い付ける銘柄は決めてあります。ただ、今は値が上がってしまっているので下がるまでじっと様子見していこうと思っています。

残す一般口座保有銘柄はすかいらーく (3197)100株のみとなりました!

ベインキャピタル問題で一時期株価が下がるも、最近また持ち直してきています。
12月の権利前にマイナスであっても売却予定です。

(配当2,000円+優待3,000円分よりも権利落ちが激しそうな気がします。。。)


とにかく今年は

・長年の塩漬け株を処分したかった
・来年からは特定口座のほうだけで取引できるよう、利益の出ている銘柄も一般口座での保有分は処分したかった

という理由により無駄な売却をたくさんしていますが、来年からはよっぽどのことがない限り売却はせず、ひたすら高配当株を買い増していこうと思っています。

今年の売買履歴をまとめていたのですが、「数万円の利確には意味がない」ことが分かりました。もちろん減配や優待改悪になったものは速やかに売却する必要がありますが、目先の含み益よりも数年後、数十年後のインカムゲインを重視していくつもりです。

ただ、今年に関しては含み損銘柄を全て売却したので、数万円の利確×数銘柄がとても助かりました。

*****

松井証券のほうでインヴィンシブル投資法人 投資証券 (8963)を48,450円で2口買い増しましまして、合計9口にしました。

BeautyPlus_20171129143505_save

少し上がってきてしまいましたが、それでも利回りは6.46%とまだまだ魅力的です。

12月権利銘柄なので、これから値が上がると(個人的に)予想しています。

手数料無料の範囲内でコツコツ買い増していきます。


▼ランキングに参加しています(^o^)
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">









昨日ですが、長年の塩漬け銘柄だったティーガイア (3738)を2,415円で売却しました。

11232

+20,940円となりました。過去にいただいた配当も合わせると配当約25,000円・クオカード3,000円・専用サイトで使える優待券3,000円をいただきました。

これでGMO証券の一般口座で保有していた銘柄は全て売却できました。

本来であれば売却する必要ない銘柄なのですが、来年からはすっきり特定口座だけで取引したかったので、値が上がっているうちに売却しました。

まだ上がるかもしれませんが、いずれ調整が入るのでは、と思うのでこのタイミングにしました。

残すはSBI証券で保有中の3銘柄のみなのですが、問題は一般口座のほうですかいらーく (3197)を100株保有しているんですよね。

12月の権利確定前に値が上がっていたら処分しようと思っていたのですが、現在の損益は-16,700円になっています。

このままひたすら保有していこうか、損切りして損だしに使うかは今後の値動きを見て決めたいと思います。

一般口座での取引はトータルで損益が出ないので1件1件計算する必要があります。今時一般口座で取引している方は少ないかもしれませんが、長年の塩漬け銘柄等で未だ一般口座で保有している場合、ちょっと面倒ですよね。

12月中に受取予定の配当金(分配金)を洗い出してみて損益がどうなっているか、週末計算したいと思います。


配当・配当金ランキングへ

株式投資人気ランキングへ

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">










久々の利確になります。

272,500円で購入しましたケネディクス・レジデンシャル投資法人 投資証券 (3278)を293,100円で利確しました。

1061

20,380円の売却益と7月権利確定分の分配金6,633円から税金を引かれて、21,610円のプラスとなりました。手数料は優待で無料の範囲内ですので計算に入れていません。


このまま上がるかもしれませんが、それは誰にも分かりませんので、この先約3回分の分配金よりも値が上がってきたので、私は十分満足です。値が下がっていく心配をするよりは値が下がっている銘柄に回したいと思います。

また買値近くまで下がったら買い戻したいと思います。


2017年度売却益
140,350円

前にも書いていますが、資産の8割は長期保有・残り2割は売却益狙いで運用していきたいと思っています。

売却益狙いといっても配当の出ない完全なる値上がり益のみの投資はしません。最低3.5%以上の配当が継続して出ていて、上がらずとも配当をいただきながら長期保有になっても良い銘柄に限定しています。

そうすれば値が上がらなくてもハラハラすることもないので、精神衛生上よろしいです。

あくまで以上は私個人の考えです。
数十年という長期間保有してじっくり含み益を増やしていく方法・デイトレ・様々な投資方法がありますので正解はないと思います。

自分が一番しっくりくる方法で長期間投資を続けていけるのが何よりです。


配当・配当金ランキングへ

株式投資人気ランキングへ

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">












7月7日に453,500円で購入したフロンティア不動産投資法人 投資証券 (8964)を、469,000円で売却しました。

9061

15,240円から税金・手数料差し引いて11,670円のプラスになりました。


12月まで保有していれば、分配金10,080円(税引後8,000円程)いただけますが、それまでに値が下がったら買い増そうかと思ったのですが、高額のため2口の保有は今の私の資金では難しいので利益が出ているうちに利確してしまいました。

また値が下がったら買い戻す予定です


値が下がっている時に仕込んでおいて上がらなければ長期保有で配当(分配)を貰いながらじっと待つ。上がったら利確する。

その繰り返しで資産を増やしていけたらと思います。

NISAで保有分はある程度上がっても利確しずらいので悩ましいですね。マイナスになってしまった場合、損益通算できないので5年の間に今だ!というタイミングで売却したいと思います。まだまだ先の話ですが。


2017年度売却益
119,970円


配当・配当金ランキング

株式投資人気ランキングへ



style="display:block; text-align:center;"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5305997651">












本日2つめの利確です。

7月12日に1,210円で100株購入したイチネンホールディングス (9619)を、1,436円で利確しました。

8312
 
22,400円のプラスです。手数料(往復210円)・税引後およそ17,700円になります。

年間3,600円の配当+クオカード1,000円分の優待がいただける銘柄でしたが、2年分にあたる9,200円よりも+になったので一旦利確しました。

右肩上がりは良いことなのですが、上場来高値とちょっと上がりすぎだと感じまして、ビビリな私は一旦利確することにしました。

8313

ここまで上がる原因が解明できなかったので、何か良いニュースでもあればそのままホールドしたのですが、よく分からない高騰の時は逃げます。


2017年度売却益
108,300円

保有株が減ってしまったので、9月・10月に値が下がったらまた買い付けたいと思います。


配当・配当金ランキング

株式投資人気ランキングへ



style="display:block; text-align:center;"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5305997651">











↑このページのトップヘ