配当金だけで生活できるその日まで

平均4%以上の高配当株を長期保有して複利で増やしていきます。目指せ1億円!!

タグ:インヴィンシブル投資法人

日本たばこ産業 (2914)より12月権利分の配当金をいただきました。3月23日の入金です。

no title (66)

今回は1株あたり77円で特定口座で200株保有していますので、税引後12,272円をいただきました。


上記明細は100株ですが、スマートプラスのほうでもう100株保有しています。明細は1枚で割愛します。


買付時からの損益は−190,800円


優待が長期保有者限定になったため、優待の内容を見てみようと損だしせずにいましたが、残念ながら今まで通りの優待内容でしたので、年末には損だし要員として活躍してもらうことになりそうです。


利回りは驚異の7.92%


増配が続いていましたが、年154円の配当が据え置きとなりました。減配にならなかっただけ良いですが、今後も増配は期待できないかもしれません。


増配が続く米国株の買付資金に回したほうが良いのか、今後の保有については悩むところです。



また、インヴィンシブル投資法人 投資証券 (8963)からも12月権利分の分配金をいただきました。


今回は1口あたり1,725円でNISAで2口・特定口座で16口保有していましたので(現在は12口)税引後25,444円をいただきました。


買付時からの損益は−320,159円


次回分配金は1,812円⇒1,647円の予想で利回りは13.86%


計算を間違えたかな?と確認してしまうほどの利回りです。タコ足の投資信託レベルの利回りになっていますが、業績予想にはコロナの影響は盛り込まれていないとのことで内部留保があるとはいえ、どこまで今の分配金水準がキープできるのか不安な面も多いです。


暴落序盤で4口は利確していましたが、今思うともっと手放しておくんだったな。と思いますがタラレバを言っていても仕方ありません。今後の対応として暴落が起きた際には一旦利益が乗っている銘柄は処分しておくのも大切だな。と感じました。


でも今回たまたまこうして長い暴落が続いていますが、すんなり値を戻していたとしたら狼狽売りするんじゃなかったな。と思ったはずですし、やはり正解はありません。


今回4口ではありますが、一旦早い段階で売却して現金を確保しておけただけでも良い選択だったと思います。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)


















1月28日の取引です。

精算表〔取引履歴・CSV〕 - GMOクリック証券 (5)

先日も書きましたが、価格高騰により利回りが3%台に下がってしまったインベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人 投資証券 (3298)を23,100円で5口・23,200円で5口売却しました。合計で+88,836円


利益を確定させたかったわけではなく、利回りの高い銘柄への入れ替えのための売却です。


残りはNISA2口・特定口座28口の保有となりました。



また、家族名義の特定口座で保有していましたディア・ライフ (3245)を586.4円で100株売却しました。

口座管理|SBI証券 (8)

+7,140円

こちらはクオカードの優待がなくなり、500株〜カタログギフトの優待に変わってしまい、合わせて減配のアナウンスもありましたが、このままホールドしておいたら売りつくされていつか値が戻るのか、試してみたくて試験的に保有を続けていました。


ありがたいことに業績も回復してきて株価も戻ってきたので売却することにしました。


利回りは4.79%ありますが、年1回の配当金支払いなのと、買付時には配当とクオカードの優待を合わせた利回りは6.79%ありましたので、かなり利回りは下がってしまいました。より利回りの高い銘柄へ入れ替えしたいと思います。


今回売却した資金で、家族名義のNISA枠の買付けをしようと注文を入れていましたが約定されず。

焦ることはないので、ゆっくりNISA枠を埋めていきたいと思います。




新型肺炎の感染拡大を懸念してか、ホテル系のREITががくっと下がっています。特に個人的に保有数の多いインヴィンシブル投資法人 投資証券 (8963)の連日の下げは酷いです。ぐいーんと下がっています。

国内株式|SBI証券 (4)

1月24日に発表の運用実績で、稼働率が前年度よりも大きく下がったことも影響していると思われます。

タイミングが悪いです。そのため、他ホテル系REITよりもダブルパンチで大きく下がっているような。

こういった時とるべき行動は

1)利益の出ているうちに一部売却する
2)下がっているので買い増す
3)何もしない


この3択だと思うのですが、私がとった行動は


3)何もしない

でした。

1)の利益が出ているうちに一部売却して、下がったら売却分を買い戻す

という選択肢もかなり悩んだのですが、過去の取引を振り返ると

値が下がる⇒焦って売る⇒翌日大きく値を戻す⇒買い戻すタイミングを逃す



といったケースも多くて、下手に売買せずにホールドしておけばよかった!!と思うことが多々ありましたので、「大幅な減配がない限りはホールドしておく」ことにしました。


2)の買い増すについては、新型肺炎の感染拡大問題だけならば、買い増しもありだったかもしれませんが、今回インヴィンシブル投資法人 投資証券 (8963)自身の業績も関わってくるので、そう簡単には値は戻らないかもしれない。と考えると積極的に買い増そうとは思えませんでした。


ただ、ここまで下がると買い戻しも入りそうですし、案外あっさり値を戻すかもしれませんし、読めませんね。


保有数が多いとはいえ銘柄の分散をしているので、ホテル系REITが下がるとその他の住宅系REIT等が上がったりと、トータルでのダメージはほとんどありません。

改めて、銘柄の分散は大事だなと思います。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)


















インヴィンシブル投資法人 投資証券 (8963)
から6月権利分の分配金をいただきました。9月20日の入金です。

今回は1口あたり1,656円でNISAで2口・特定口座で15口保有していましたので(現在は16口)、税引後23,445円をいただきました。

買付時からの損益は+287,094円


次回分配金は1,725円の予想で、今回の1,656円を基準とすると利回りは5.16%


ここまで含み益も出ていても尚、利回り5%以上あるのは理想的です。他で価格高騰により含み益の出ている銘柄は利回りが下がっているので、インヴィンシブル投資法人 投資証券 (8963)に関しては今後も継続して保有していけます。


現在1銘柄に対して投資金額が110万円を超えているので、1銘柄に対する比率は最大5%までとしていますので、あまり調子に乗って買い増ししすぎないようには気をつけたいと思っています。5%まで保有するとあと2口くらいは買い増し可能ですので、それくらいを限度に留めておきます。


ただ、物件の入替えが積極的で物件売却益による分配金も多いため、今後も安定した運営が続くのか少し心配なところではありますが、2022年の分配金目標年3,700円を掲げ、今後も安定した分配金が続くことを強調しています。


あこもこれも心配していても仕方ありませんので、運用はプロにお任せするとして、あまり深くは追求せずにいきたいと思います。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)


















前日比-1,400円(-2.16%)と下がっていたインヴィンシブル投資法人 投資証券 (8963)を63,300円で1口買い増しました。

BeautyPlus_20190913011726198_save

NISA2口・特定口座16口の合計18口の保有です。

1口当たりの買付価格が7万円以下で買いやすいため、下がったタイミングで少しずつ拾っています。


前回分配金は1,656円。次回分配金は1,725円の予想で、過去分配金は多少の変動はあるものの比較的安定した分配金が支払われています。


1,656円を基準とすると利回りは5.23%


2022年の分配金額の目標は年間3,700円とのことで、今後も安定した分配金が続くことを願っての買い増しです。


私がJREITを買い始めた2017年はまだREITの知名度が低く、利回りの高い銘柄が多数ありましたが、このところ投資関連雑誌やネット記事等でもJREITの特集を組まれることが多く、個人投資家の間でも知名度が上がってきたように思われます。


価格も高騰していて利回り5%以上ある銘柄も9つとなっています。


以前はJREITの買付基準は利回り5.5%以上。なんて思っていましたが、現在5.5%以上の利回りがある銘柄は4銘柄となってしまいました。


5.5%以上の利回りで縛ってしまうと選択肢が少なくなってしまいますので、調整が入り現在4%台のREITが5%以上になったタイミングを狙って、まだ保有していない新規銘柄も買付していきたいと思っています。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)



















昨日の取引です。

インヴィンシブル投資法人 投資証券 (8963)
を家族名義のスマートプラスで53,400円で1口買い増ししました。


Screenshot_2019-04-10-12-45-50~01

昨日はJREITが下がっていましたが、買付したい銘柄はなかなか下がらないので前日比-800円のインヴィンシブル投資法人 投資証券 (8963)だけを買い増ししました。


6月・12月権利で次回分配金は1,582円(うち14円は利益超過分配金)→1,676円(うち14円は利益超過分配金)の予想で1,500円程の分配金が続いてくれれば利回りは5.6%ありますので、余剰資金を遊ばせておくよりは少しでも利回りの高い銘柄を保有していたほうが良いと思い、買い増ししました。



4月はそこそこ配当金の入金があるはずなのですが、後半に集中してしまうのか、前半は入金がなく寂しい限りです。

入金のお知らせが来るとモチベーションが上がるので、早くお知らせが続々と届いてほしいです。


最近はこれといっためぼしい個別株もなく、ETFは上がってしまい利回りが低い状態であまり積極的に買い増しができる状況ではありませんが、一応毎日相場はチェックして買いのタイミングを逃さないようにしたいと思っています。


▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)















↑このページのトップヘ