配当金だけで生活できるその日まで

平均4%以上の高配当株を長期保有して複利で増やしていきます。目指せ1億円!!

タグ:ホテル

フロンティア不動産投資法人 投資証券 (8964)より12月権利分の分配金をいただきました。3月10日の入金です。

no title (60)


今回は1口あたり10,526円で特定口座で1口保有していましたので、税引後8,388円をいただきました。


値が上がったことにより利回りが下がった銘柄を売却し、利回りの高い銘柄へと入れ替えのため、今回の暴落前に売却済のため、現在保有はありません。


あのまま保有していたら大きく含み損を抱えていましたので、今となっては手放しておいて良かったと思いますが、結果論でしかないので、今後も値が上がり利回りが4%を切ってしまった銘柄は、タイミングを見て入れ替えをしていきます。


JREIT全体も大きく値が下がっています。


利回り7%超えの銘柄は9つ
6%超え8つ


と、魅力的すぎる利回りがゴロゴロ転がっている状態です。


ホテルの割合が多いREITは正直、今後の分配金はどうなるのか読めませんし値もだだ下がりです。


でも住宅系REIT等は、さほど影響を受けることはないように思われます。


連動して下がってはいますが、買うのであればコロナに直接影響ないはずなのに、つられて売られている銘柄なのだろうな。と個人的には思います。


こんな時は静観しているのが一番。という意見もあるでしょうし、こんな時だからこそ安く買うチャンス。という意見もあるでしょう。


人によってどれほど買付余力があるのかも違いますし、どこまでのリスクを負えるかも違います。


私は投資をする上で多少のリスクは受け入れるつもりですが、一か八かの賭けに出られる勝負師でもありません。


投資はギャンブルではありませんので極力リスクは少なく、緩やかに資産を増やしていきたい派なので、値上がり益を狙って安く買いたいというよりは、安く買えれば利回りが高いから買いたい。というスタンスです。


なので下がれば少しだけ買う。また下がれば少し買っていって口数を積み上げていくつもりです。


数年かかったとしても徐々に値が戻り「あの時は安く仕込めたなー。最近は高くて買うタイミングが難しいや」と思えればそれで十分です。


すぐにプラスに転じることを期待しなければ、とても気楽です。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)






















2月20日の取引です。

ズルズル下がっていくインヴィンシブル投資法人 投資証券 (8963)を3口売却しました。

220

保有数が多く、どこまで下がるのか読めないのでリスク分散のため、一部保有数を減らして他銘柄へ振り分けるためです。

+13,246円

━━━━━━━━━■

売却した資金で以前から監視していたリベレステ (8887)を893円で100株新規買付。

口座管理|SBI証券 (10)

首都圏で分譲マンションを手掛けていますが、現社長は元々大工さんでした。そして独立しビル建設等の大型案件を経て、小規模マンションの開発・販売を手掛けるようになります。


そのため現在も自社施工率が高いのが特徴です。会社の歴史についてはHPに詳しく記載されていますので、気になる方は読んでみてください。


一部リゾートホテルを保有しているため、買い付けするか悩みましたが割合としてはごくわずかでしたので、保有してみることにしました。


配当権利は5月・11月で、先日大江戸温泉リート投資法人 投資証券 (3472)を1口売却したため、5月・11月権利銘柄が減ってしまい極端に弱くなっていたのでありがたいです。


配当は年45円の予想で利回りは5%


配当性向は43.4%


2016年からは安定した配当金が支払われているようですが、2016年以前は減配もあったりと業績に応じてあっさり減配になる可能性があります。


特定口座で保有していたほうが無難か悩みましたが、1単元たりの価格も10万円以内で手頃ですし、NISAで保有することにしました。


今年は追加資金の捻出が難しそうなので、極力早めにNISA枠を埋めてしまいたいと思っています。


今までのように毎月追加資金が出せるのならば、もっと吟味してNISA枠はじっくり選びたいところですが、今年は状況が違うので仕方ありません。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)

















1月28日の取引です。

精算表〔取引履歴・CSV〕 - GMOクリック証券 (5)

先日も書きましたが、価格高騰により利回りが3%台に下がってしまったインベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人 投資証券 (3298)を23,100円で5口・23,200円で5口売却しました。合計で+88,836円


利益を確定させたかったわけではなく、利回りの高い銘柄への入れ替えのための売却です。


残りはNISA2口・特定口座28口の保有となりました。



また、家族名義の特定口座で保有していましたディア・ライフ (3245)を586.4円で100株売却しました。

口座管理|SBI証券 (8)

+7,140円

こちらはクオカードの優待がなくなり、500株〜カタログギフトの優待に変わってしまい、合わせて減配のアナウンスもありましたが、このままホールドしておいたら売りつくされていつか値が戻るのか、試してみたくて試験的に保有を続けていました。


ありがたいことに業績も回復してきて株価も戻ってきたので売却することにしました。


利回りは4.79%ありますが、年1回の配当金支払いなのと、買付時には配当とクオカードの優待を合わせた利回りは6.79%ありましたので、かなり利回りは下がってしまいました。より利回りの高い銘柄へ入れ替えしたいと思います。


今回売却した資金で、家族名義のNISA枠の買付けをしようと注文を入れていましたが約定されず。

焦ることはないので、ゆっくりNISA枠を埋めていきたいと思います。




新型肺炎の感染拡大を懸念してか、ホテル系のREITががくっと下がっています。特に個人的に保有数の多いインヴィンシブル投資法人 投資証券 (8963)の連日の下げは酷いです。ぐいーんと下がっています。

国内株式|SBI証券 (4)

1月24日に発表の運用実績で、稼働率が前年度よりも大きく下がったことも影響していると思われます。

タイミングが悪いです。そのため、他ホテル系REITよりもダブルパンチで大きく下がっているような。

こういった時とるべき行動は

1)利益の出ているうちに一部売却する
2)下がっているので買い増す
3)何もしない


この3択だと思うのですが、私がとった行動は


3)何もしない

でした。

1)の利益が出ているうちに一部売却して、下がったら売却分を買い戻す

という選択肢もかなり悩んだのですが、過去の取引を振り返ると

値が下がる⇒焦って売る⇒翌日大きく値を戻す⇒買い戻すタイミングを逃す



といったケースも多くて、下手に売買せずにホールドしておけばよかった!!と思うことが多々ありましたので、「大幅な減配がない限りはホールドしておく」ことにしました。


2)の買い増すについては、新型肺炎の感染拡大問題だけならば、買い増しもありだったかもしれませんが、今回インヴィンシブル投資法人 投資証券 (8963)自身の業績も関わってくるので、そう簡単には値は戻らないかもしれない。と考えると積極的に買い増そうとは思えませんでした。


ただ、ここまで下がると買い戻しも入りそうですし、案外あっさり値を戻すかもしれませんし、読めませんね。


保有数が多いとはいえ銘柄の分散をしているので、ホテル系REITが下がるとその他の住宅系REIT等が上がったりと、トータルでのダメージはほとんどありません。

改めて、銘柄の分散は大事だなと思います。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)

















↑このページのトップヘ