配当金だけで生活できるその日まで

平均4%以上の高配当株を長期保有して複利で増やしていきます。目指せ1億円!!

タグ:公開

毎月月初に報告している資産額ですが、保険の入金が入ったり米国さんが回復してきたので資産額がアップしました。


2月3日時点での資産額は24,601,731円でしたが、2月18日時点では26,619,471円ということで、わずか半月で200万円程増加しました。

BeautyPlus_20190217223625858_save

これがまた暴落の際には1日で100万円減ったりしますから、一時的にはこれだけ増えてたよー!という単なる備忘録ですが、すかいらーくホールディングス (3197)を500株売却したのもあり、現金比率が高くなってきてしまいました。


また、先日いくつか買い増ししたのも含めて保有リストを更新しました。
年間受取予定配当金・分配金は768,823円(税引後)となりました。



現在買付余力としては400万円程ありますので、平均利回りが税引後3.5%の銘柄を買付すれば年間14万円程は配当金額がアップする見込みです。

税引後4%では16万円


年間100万円への道が少し見えてきました。(チラッ)


年間100万円の配当金収入がある。というのはかなり大きいです。

減配や株を手放さない限り、毎年100万円が貰えるんです。30年で3,000万円!!


正直なところ、年間100万円程度ではリタイアできるレベルではないですが、一区切りとして早く到達させたい額です。

早く買付余力を減らしていきたいところではありますが、焦らずにタイミングを見てじわりじわりと買い進めていきたいと思います。




▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)















日本株の損益状況が見たい。

とのコメントをいただきましたので、先日の米国株に引き続き、日本株の損益状況を。と思ったのですが、

円で保有している米国ETF等を差し引いた純粋な日本株の損益状況を抽出するのが難しかったので、円で保有している資産の評価格を載せることにします。

手数料の関係で複数の証券会社を利用しているため、とても見難いですがご了承ください。


▼私名義SBI証券NISA口座
F_ - https___site2.sbisec.co.jTGate_
(画像は全てクリックすると拡大します)


▼私名義SBI証券特定口座
ps___site2.sbisec.co.jp_ETGate_


▼私名義GMO証券特定口座
Fiリック_ - https___kabu.clicu_List.do
FireSho_kabu.click-sec.com_sec1-a_ka
Fbu.click-sec.com_sec1-a_kabu_genPositionList.do



▼私名義 松井証券特定口座
BeautyPlus_20190203233408696_save



▼私名義スマートプラス特定口座
BeautyPlus_20190203233615659_save



▼家族名義SBI証券NISA口座
BeautyPlus_20190203234026777_save


▼家族名義SBI証券特定口座
BeautyPlus_20190203233936863_save


15,540,750円(+642,846円)+4.13%


となっています。

買付余力や投資信託は含みません。


普段、証券会社1つ1つを確認するのは大変なので、全体の損益はマネーフォワード等のアプリで一括して確認できるようにしています。

現在はプラスに戻ってきていますが、昨年節税のために大幅な損出しを行ったため、評価格が下がりプラスになっていますが、あのまま保有し続けていたらまだマイナスのままだったと思われます。

損切りをするのは勇気がいりますが、他の売却益や配当金等があるのならば相殺できるので、高値で掴んでしまったものは潔く切って、割安で高配当な銘柄の買付資金に充てたほうが懸命です。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)















2019年2月3日現在の資産額です。
BeautyPlus_20190202174153806_save


24,601,731円ということで、1月1日時点での資産額は23,184,686円でしたので、+1,417,045円となりました。


が、


2018年12月13日時点での資産額が24,676,205円でしたので、まだ昨年末に比べマイナスです。

今は現金比率を高めにして、次なる暴落に備えています。


半月で150万円近く減ってみたり戻ってみたり、昨年末は良い経験をさせていただきました。


先月は母がリハビリ用の病院へ転院したので、以前の病院分の医療保険の請求をして入金がある予定です。長い入院期間で手術もしているので、ある程度まとまったお金が入ってくる予定です。一部は保険引き落とし用の口座に入金して残りは全額買付資金に回す予定です。

ちょうど家族名義の買付余力が10万円程しかなかったので、今年のNISA枠分として活用したいと思います。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)












昨年末の暴落は何だったんだろう?

というくらい順調に復活している米国株ですが、一時期日本円換算で60万円分以上の含み損を抱えていましたが、-286,801円にまで戻しました。

そんな米国株達の個別の損益状況です。

▼個別株
ding0.sbisec.co.jp_bff_fbonds_BffAccountSummary.do

全体的にタバコ銘柄が足を引っ張っている感じがしますが、全体的に上がり調子だった2017年の天井付近で買い付けてしまった銘柄が多いため、マイナスが大きいです。

それでも、4銘柄はプラスに転じてきてくれたので、あとはタバコ銘柄が徐々に値を戻してくれればと思っています。

値を戻さなくても、現状の配当を維持していただければ長期間保有していればペイできるので、あまり気にしていません。



▼ETF
Firng0.sbisec.co.jp_bff_fbonds_BffAccountSummary.do

6銘柄がプラスになってきました。

ETFは分配利回りが個別株に比べ低いですが戻りが早いです。分散が効いているということですね。

今年1月のまだ下がっている時に10万円分買い増しましたが、今になるともっと買い増しておけばよかった。なんて思いますが次の暴落時を狙っていくしかありません。


▼トータル損益
Fireng0.sbisec.co.jp_bff_fccountSummary.do

ここから更に上がるのか、また調整が入るのかは分かりませんが、下がれば買い増す。騰がっている時は見守る。というスタンスでいきたいと思います。

どんな相場も永遠に上がり続ける。ということはないので、どこかで調整は入るはずです。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)













2019年1月中に受け取った配当金・分配金額の報告です。

■円での受取
・60,763円

■ドルでの受取
・249.39ドル(109.28円換算で27,253円)

■特定口座還付金
・72,680円

■優待
なし


合計160,696円


還付金を含めるか悩んだのですが、純粋な配当金のみの金額は88,016円(税引後)でした。


弱い弱いと嘆いていた10月権利銘柄でしたが、意外と米国株からの入金が多く税引で8万円を超えることができました。


ですが先日も書いた通り、来月入金分は雀の涙なので配当金の入金報告も少なめになります。今月の半分もいかないと思います。


また、昨年売却したり今年買い増したりしてポートフォリオが入れ替わったので、今年受取分の配当金額が把握できていませんでしたが、ようやくエクセル入力が終わりました。

今のところ、744,588円(税引後)の予定です。

何とか税引後で100万円は欲しいところです。

引き続き、コツコツ買い増していきたいと思います。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)













↑このページのトップヘ