配当金だけで生活できるその日まで

4%以上の高配当株をメインに取引記録を報告するブログ

タグ:利益

今日は一般口座のほうで保有していた三井住友フィナンシャルグループ (8316)を4,520円で100株売却しました。

11291

+21,500円となりました。

利確したかったわけではなく、一般口座で保有していた銘柄をスッキリさせたかったからなんです。特定口座のほうであと100株保有していますが、そちらは売却予定はありません。

売却した資金で次に買い付ける銘柄は決めてあります。ただ、今は値が上がってしまっているので下がるまでじっと様子見していこうと思っています。

残す一般口座保有銘柄はすかいらーく (3197)100株のみとなりました!

ベインキャピタル問題で一時期株価が下がるも、最近また持ち直してきています。
12月の権利前にマイナスであっても売却予定です。

(配当2,000円+優待3,000円分よりも権利落ちが激しそうな気がします。。。)


とにかく今年は

・長年の塩漬け株を処分したかった
・来年からは特定口座のほうだけで取引できるよう、利益の出ている銘柄も一般口座での保有分は処分したかった

という理由により無駄な売却をたくさんしていますが、来年からはよっぽどのことがない限り売却はせず、ひたすら高配当株を買い増していこうと思っています。

今年の売買履歴をまとめていたのですが、「数万円の利確には意味がない」ことが分かりました。もちろん減配や優待改悪になったものは速やかに売却する必要がありますが、目先の含み益よりも数年後、数十年後のインカムゲインを重視していくつもりです。

ただ、今年に関しては含み損銘柄を全て売却したので、数万円の利確×数銘柄がとても助かりました。

*****

松井証券のほうでインヴィンシブル投資法人 投資証券 (8963)を48,450円で2口買い増しましまして、合計9口にしました。

BeautyPlus_20171129143505_save

少し上がってきてしまいましたが、それでも利回りは6.46%とまだまだ魅力的です。

12月権利銘柄なので、これから値が上がると(個人的に)予想しています。

手数料無料の範囲内でコツコツ買い増していきます。


▼ランキングに参加しています(^o^)
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">









昨日書いた通り、GMOクリック証券の方で保有していた武田薬品を売却しました。


5111

5800円のプラスと少ないですが、4回配当もいただいていますので、配当が36000円。税引き後33000円くらいはプラスになりました。

本当はSBIの特定口座で保有していた「あおぞら銀行」も5000円プラスになっていたので少し欲張って指値で出していたのですが約定ならず。

あおぞら銀行は値動きが激しいので、少し上がったら売ってしまいます。またすぐに下げると思いますし、下げたら買い増します。配当が4.37%と魅力的なので、少しくらい値が下がっても安心して保有しておけるお気に入りの銘柄です。地味に増配していますし☆

あおぞら銀行に関しては、長期保有するつもりがないので、NISA口座は使わない予定です。GMOクリック証券 の株主優待で購入手数料が無料になるので、その枠を使ってまた値が下がったら購入予定です。

ただ、値が上がりすぎていてこれ以上上がるのか?天井近いのでは?と思ってしまいます。380円付近にまで下がる可能性はあるので、欲張らずに少し上がったら売るのが正解かと。


5112

それでも年4回配当がいただけるのは嬉しいので、家族名義でも保有しています。

明日は売れるといいな〜と思いつつ、出勤の時間までお昼寝したいと思います。


配当・配当金ランキング

株式投資人気ランキングへ


 

長期保有がモットーですが、株価が上がってきた時には売却して利益確保する時もあります。

私の場合は、配当の3年分以上値上がりしたら売却することにしています。

年間5000円いただける会社であれば、15000円以上値上がりしたら売ります。

一旦売って利益を確定してまた値が下がったら買い戻します。

毎日株価チェックする時間がない時には、●円になったらお知らせしてくれる、アラート機能を使えばチャンスを逃すこともないのでオススメです。

もしくは、限られた予算の中で投資をするのであれば、今保有している銘柄よりも条件の良い銘柄を発見したのに購入資金がない時には、保有している中で損をしていないものを売却し、新たに購入するのも手だと思います。

特定口座であれば魅力の薄い銘柄をマイナスでも売却して節税するのも一つの手かもしれません。

配当・配当金ランキング

株式投資人気ランキングへ

 

↑このページのトップヘ