配当金だけで生活できるその日まで

4%以上の高配当株をメインに取引記録を報告するブログ

タグ:収入

今更ですが、2018年1月にいただいた配当・分配金収入をまとめてみました。

・スターツプロシード投資法人 投資証券 4,624円
・いちごオフィスリート投資法人 1,539円
・PM 25.58ドル
・トーセイ・リート投資法人 投資証券 2,696円
・貸株金利 3,719円

合計 15,366円(税引き後)


という、とても寂しい感じでした。

1月に受け取れる配当金は日本株では10月権利のものになりますが、私は10月・11月権利銘柄が少ないので以前から補強せねば、せねば、と書いてきましたが、本当に弱いですね。
ちなみに2月はもっと少なくなる予定です(汗)

ただ、4月・10月、5月・11月権利銘柄はJREITばかりになってしまうので、あまりREITの比率が高くなりすぎるのも考えものなので、米国株等で1月・2月にも受け取れる銘柄を増やしていけるように、パズルのように組み合わせて理想的なポートフォリオを5年以内には完成させたいと思っています。

5年後の目標は1ヶ月平均10万円(税引後)の配当金をまんべんなくいただけるようにする


です。

株価は気にしません。

減配さえなければそれでいいと思っています。

できれば資金が貯まったら1銘柄、また資金が貯まったら1銘柄と増やしていきたいですが、どうしても資金が足りなくて欲しい銘柄があった時には、利回りの悪い銘柄を売却して資金を作りたいと思います。

ということで、今私にできることは株価に一喜一憂することではなくて、頑張って仕事して1円でも多く投資資金を作ることなので、来週も火曜〜土曜までお店出て、昼・夜頑張ります。

明日はお昼だけ仕事なので個人的にはほぼお休み。みたいな呑気さなので今日中に確定申告の書類を完成させて火曜には提出してこようと思います。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




▼ランキングに参加しています(^o^)
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)








気になる他人の収入〜♪
ということで、知っている人には絶対に教えないであろう私の収入報告です。


●5月度収入

・お昼の通販利益  28万円
・夜  13.7万円
・家賃 7.5万円

合計 49万円

という結果でした。

お店には5日くらいしか出勤できていないので、かなりお給料が・・・
でも通販のほうが頑張ってくれたので、なんとか。

あと入院していてお見舞いとして合計10万円いただきましたので、それを含めると59万円になります。

配当金や売却益は再投資するので、収入には含みません。

保険会社の給付金は6月度のほうで計算するとして、今月はいくら残るか。
退院したら割り振りして計算してみようと思います。

今月は夜の収入がなくなる分、保険のお金で何とかなりそうですが、お昼の仕事は頑張ろうと思います!



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




配当・配当金ランキング

株式投資人気ランキングへ


 
 

確定申告について調べているのですが、どうも難しくて頭に入ってきません。

もっと私みたいなおバカさんにも分かるように分かりやすく解説してほしいと思ってしまう今日この頃。さてそんな理解力に乏しい私が調べた結果をお知らせします。


■NISA口座の場合
年間120万円までは非課税になるので、確定申告の必要なし


■うちの母の場合(年金生活)
今のところ配当収入が年間20万円を超えることはないので、確定申告の必要はありませんが、確定申告したら税金が少し戻ってくる場合があります。
 
通常でしたら、いただいた配当に対して20.315% の税金が引かれます。

年間の所得が 695万円以下の場合(配当所得以外の収入がない人は年間38万円以内)、総合課税で「配当控除」をすることにより、税金が戻ってきます。


haitoukoujyo


去年はと言いますと、

2016

103839円の売約益と、配当がありました。配当については株式数比例配分方式にしていなかったため、証券会社のサイトから確認することができませんが、4万円程度です。

合計しても20万円になりません。

本来ならばこの場合、「特定口座(厳選徴収なし)」にしていれば、税金を引かれることなくまるまる貰えていました。

よく分かっていなかったので、確定申告をしなくて良い方法を選んでしまいましたが、来年からば「源泉徴収なし」を選びたいと思います。


■年間330万円以下の収入の場合

さて、では年間330万円以下の収入の場合で、配当金で年間20万円いただいたとしたら、差し引かれる税金は40630円。

確定申告で戻ってくる金額は26230円になります(7.2%で計算)

売却益+配当益が38万円以上あると、払う税金のほうが多くなる場合があるようなので、確定申告しないほうが良いそうです。


年間38万円以内の配当+売却益ならば、確定申告したほうが得になります。

給与が年間695万円以下の方も少し返ってきますが、3%ほどです。

 
■結論 

非課税でまるまる利益がいただけるNISA最高!

ということになります。ただ、年間120万円しか枠がないので、多額の資金を運用している方には全然足りないかと思いますが・・・

家族がいる方でまだNISA口座を作っていない人がいる場合は、作ってもらって非課税枠を増やすのが一番お得ですね。



↑このページのトップヘ