配当金だけで生活できるその日まで

4%以上の高配当株をメインに取引記録を報告するブログ

タグ:報告

5万円でスタートしたレオス-ひふみプラスですが、8ヶ月目の成績はどうなったでしょうか?

03051
↑クリックすると拡大します

+9,035.79円で損益は+18.07%となっています。


先月は、+13967.71円でしたので減ってしまいました。


こちらは当面1年間は様子を見たいと思っていますので、このままホールドしていきます。

*****

楽天・全米株式インデックス・ファンドのほうは始めて4ヶ月が経過しましたが、結果は

03052

−1572.82円と、3.06%のマイナスになっています。

分配金が出ないのでマイナスは痛いです。

せめて分配金が出ていれば評価格はマイナスでも気になりませんが、出ないとなると運用している意味が・・・となってしまいます。

投資信託は、毎月コツコツ一定額を積み立てていくほうが向いていると思われます。

私みたいに一度にいくらか投資してそれをじっと見守るのは悪い例です。

1ヶ月3千円ずつとか、少額ずつ高い時も下がっている時も価格は気にせず、ひたすらコツコツ積み立てていって、投資信託がプラスになってきて他で損が出た年に解約してもいいですね。

逆に他でプラスがたくさん出てしまった年にマイナスになっている投資信託を解約してもいいですし、ただ無計画に解約するのは勿体ないと思います。

私はコツコツ積み立てていくよりは毎日相場をチェックしたい派なので、自動積立はしませんが、普段本業で忙しくて相場をチェックできない環境の方は、自動積立が一番手間もかからず日々の株価も気にすることなく気楽に投資できて楽ちんです。

今は高配当株を買い集めていきたいので投資信託の額を増やすつもりはありませんが、これはこれで、実験的な意味も込めて毎月報告していきたいと思います。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




▼ランキングに参加しています(^o^)
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)











9月権利確定分の三井住友フィナンシャルグループ (8316)野村ホールディングス (8604)三菱商事 (8058)日本取引所グループ (8697)より配当金のお知らせをいただきました。

12013

12012


12015


三井住友フィナンシャルグループ (8316)は1株あたり80円で200株保有のため12,750円をいただきました。先日100株売却して現在100株の保有です。購入時からの損益は+32,500円となっています。

三菱商事 (8058)は1株あたり47円でNISA口座で100株保有のため、4,700円をいただきました。
購入時からの損益は+61,700円になっています。

野村ホールディングス (8604)は売却済みですが、1株あたり9円で100株保有していましたので税引後718円をいただきました。

日本取引所グループ (8697)は1株あたり24円で100株保有のため税引後1,913円をいただきました。購入時からの損益は+13,900円になっています。


少額ずつですが、こうして配当金が入金されるとモチベーションアップしますので、継続して高配当銘柄を買い増していきたいと思います。


いただいた配当金はある程度貯まったら次の銘柄の買付資金として活用します。

最近は日本株が高騰しすぎていて買える銘柄がほとんどありませんので、コツコツドル転して米国株を買っていこうかと思っています。

ただ、最近またドルが上がってきてしまって、下がっていた時にもっとドル転しておくのだったと悔やまれますが、それでも下がっていた時にいくらか買い付けていたのはラッキーでした。



▼ランキングに参加しています(^o^)
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">








毎月15日頃に支払われます、ソーシャルレンディング2回目の分配金のお知らせをいただきました★

私は1万円だけお試しで投資しています。

さて今回はいくら分配金がいただけたのでしょうか。

11161

今回は333円(うち出資金の返還206円)ということで、実際の分配金は127円、税引後102円をいただきました。

今回と同じくらいの分配金が出ると計算すると年間1,224円で利回りは12.24%となります。

期待利回り11.4%で応募したので今のところ期待以上の利回りとなっています。

3年間の運用ですので無事返還されることを願います。


配当・配当金ランキングへ

株式投資人気ランキングへ

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">









毎月報告している「毎月分配型投資信託」の分配金報告です。

今月で8回目の分配金となります。

さて、今月はどうなったでしょうか?

▼私保有分

10171

5月ぶりに「普通分配金」が出ました!
私名義では3万円分を保有しています。

トータルリターンは571円のプラスとなっています。


10176


家族保有分はといいますと、

10172
10173

15,000円ずつ保有していますが、1つだけ「普通分配金」が140円出ました。

トータルリターンは、434円・286円のプラスになっています。

10174

久々の普通分配金に嬉しく思いましたが、そもそも特別分配金ばかりなので感覚が麻痺してきてしまいました。

1年経過したら、実際の普通分配金の利回りはいくらだったのか計算したいと思います。


高額な信託報酬を差し引いて、銀行に預けているよりも多ければいいと思っています。
毎月分配型投資信託はどうしてもやってみたくて、実際にやってみないと納得できなかったからです。


でもやってみて実態が分かったので後悔はしていません。特別分配金がここまでの比率で出るのか!ということも分かりましたし、良い勉強となりました。

改めて普通分配金のみで信託報酬の安いETFの素晴らしさを実感しました。

投資信託に関しては、解約するまでは報告は続けていきたいと思います。


配当・配当金ランキングへ

株式投資人気ランキングへ

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">










style="display:block; text-align:center;"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="4464367899">



6月30日に5万円買い付けた「ひふみプラス」の2ヶ月目運用報告です。

こちらの投資信託は分配金は出ないので、値上がり益が全てになります。

さて、今月の結果は・・・?


9011


2071.55円のプラスになっています。

プラス4.14%


信託報酬は0.8424%と、ETFと比べると高く感じます。

特に米国ETFのVOOと比べてしまうと0.04%ですので、20倍です。

分配金が出ないのでどこまで旨味があるのか、どうしてこんなに人気があるのか、試してみたくて始めました。

1年様子を見てみたいと思っていますので、追加投資する予定はありません。

過去1年でのトータルリターンは30.47%となっています。

・自分で個別銘柄を調べるのは面倒だ
・数十万の資金を1社に投入するのは怖い
・でも資産運用には興味がある
・少額からまずは始めてみたい

という方にはこういったプロが選んで投資してくれる投資信託は便利だと思います。

はてさて今後どうなりますか???

また1ヶ月後に報告したいと思います。

それではお仕事行ってまいります☆


配当・配当金ランキング

株式投資人気ランキングへ



style="display:block; text-align:center;"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5305997651">








↑このページのトップヘ