配当金だけで生活できるその日まで

4%以上の高配当株をメインに取引記録を報告するブログ

タグ:外貨建てMMF

ドルが上がってきたので、外貨建てMMFを7,221.58ドル分買い付けました。

8192

以前買付分と合わせて9823.08ドルの保有になります。
来年米国ETFを買い付けるまでの間、こちらに置いておこうと思います。

現在の外貨建てMMFの利回りは年0.943%となっています。

10,000ドル預けていても1ヶ月あたり税引き後6.28ドル位の分配金となりますが、ないよりはいいと私は思っています。

ドルがどこまで上がるか分かりませんが、買うタイミングをいつまでも見計らっていても勿体無いので、111円を超えたら申し込もうと決めていました。

外貨建てMMFを解約する時には、あえてマイナスを出して税金がかかるのを防ぐつもりですので、もしかしたら12月中にドルが下がったら一旦解約するかもしれません。

*****

体調横ばいですが昨日の夜から「両目結膜炎」という通販のラベルも書けない、とても困った自体に見舞われました。今日は祝日でしたので発送がお休みで助かりました。

目を少しでも開けると涙ぼろぼろで蛍光灯の電気もまぶしくて、暗い部屋でずっと寝ていました。抵抗力が落ちているからあちらこちら悪さしちゃうんですよね。夜になってようやく涙は出なくなってきました。

明日また病院行ってきますーヾ(´ω`=´ω`)ノ


配当・配当金ランキング

株式投資人気ランキングへ



style="display:block; text-align:center;"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5305997651">




 






先月7月31日に申込みをしてちょうど1ヶ月経過した外貨建MMFから、分配金のお知らせです。

8316

わたしは2,601ドル分保有していまして、平均利回りは年0.912%とのことですので、税金を引かれて1.54ドル(日本円でおよそ169円)をが自動的に再投資されます。

ネットバンクの外貨普通預金の金利が0.4%なので、普通預金に入れておくよりはいいかと思っています。


先日書いたように、解約の際にはドルのまま受け取ってその資金で米国ETFを買い付ける予定なのですが、日本円に換算した金額での為替差益が発生した場合には解約時にも税金を引かれてしまいますが、円高の時に解約すると税金が引かれず、ドルのまま受け取っているので、実際にはその時点で損はしていないはずなのに、損益通算でマイナス分の税金が戻ってきますので、極力ドル高の時に申込みをしたいと思っています。

あくまで外貨建MMFは今使う予定のないドルの仮置き場として私は利用していますので、外貨建MMFで資産を増やしていくという商品ではないと思いますが、定期預金と違っていつでも解約できますし、普通預金よりは金利が高いので使い勝手は悪くないと思います。

解約時の税金のことを考えたら、円高とかタイミングを考えなくてもよい外貨普通預金に預けておくのが一番無難です。

金利をとるか、安全をとるか、です。

私はネットで調べてみるだけではよく分からず実際に試して納得したかったので、はじめは100ドルで試してみました。

解約してみるまでどうなるかは分かりませんが、また毎月レポートしたいと思います。


配当・配当金ランキング

株式投資人気ランキングへ



style="display:block; text-align:center;"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5305997651">












2,500ドル分外貨建てMMFを買い付けました。

 7312


やはり先日の謎の1円は分配金でした。
7313

毎月自動的に再投資してくれるのは嬉しいですね☆

コツコツ増やしていきたいと思います。

今日はiシェアーズ 米国優先株式 ETF(PFF)のほうは上がってしまって買えないので、権利落ちで下がったら今年最後の1口を購入したいと思います。

では今日は取引する予定がないので爆睡したいと思います。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




配当・配当金ランキング

株式投資人気ランキングへ





↑このページのトップヘ