配当金だけで生活できるその日まで

平均4%以上の高配当株を長期保有して複利で増やしていきます。目指せ1億円!!

タグ:年金

国民年金に加入している方は皆さん同じ時期に届くのでしょうか?

将来いただける(予定の)年金額のお知らせの手紙が届きました。

私の現時点での将来の年金受給額は・・・



style="display:block; text-align:center;"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="4464367899">






年間263,748円


という結果でした。


月額2万円ちょっとですね。


60歳まであと数十年納めていくら貰えるのでしょう??


現時点では、20歳から60歳までの40年間国民年金を納めると65歳から年間78万100円

厚生年金加入者は収入によって異なるため一律いくら、というわけではないが平均年間144万円程となっているそうです。


私はOL時代と会社をやっていた数年間、厚生年金に加入していました。その他は国民年金です。

これから先、就職しない限りは国民年金の加入となります。

最終的にいただける金額は分かりませんが、マックス月額65,000円と考えると、とうてい年金だけでは生活していけないので、今のうちからコツコツと老後の収入を確保する必要があると痛感します。

自分の最低限欲しい生活費はいくらなのか?

今いくらあって、逆算していくら足りないのか割り出せば、何歳までにいくら貯めておけばいいのか計画が立てやすいです。

まだ老後のことなんて考えられない、20代、30代の方も今のうちから考えておいて損はないと思います。年金の制度もこれから変わっていくかもしれませんが、現状の把握は大事です。


配当・配当金ランキング

株式投資人気ランキングへ



style="display:block; text-align:center;"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="4464367899">













確定申告について調べているのですが、どうも難しくて頭に入ってきません。

もっと私みたいなおバカさんにも分かるように分かりやすく解説してほしいと思ってしまう今日この頃。さてそんな理解力に乏しい私が調べた結果をお知らせします。


■NISA口座の場合
年間120万円までは非課税になるので、確定申告の必要なし


■うちの母の場合(年金生活)
今のところ配当収入が年間20万円を超えることはないので、確定申告の必要はありませんが、確定申告したら税金が少し戻ってくる場合があります。
 
通常でしたら、いただいた配当に対して20.315% の税金が引かれます。

年間の所得が 695万円以下の場合(配当所得以外の収入がない人は年間38万円以内)、総合課税で「配当控除」をすることにより、税金が戻ってきます。


haitoukoujyo


去年はと言いますと、

2016

103839円の売約益と、配当がありました。配当については株式数比例配分方式にしていなかったため、証券会社のサイトから確認することができませんが、4万円程度です。

合計しても20万円になりません。

本来ならばこの場合、「特定口座(厳選徴収なし)」にしていれば、税金を引かれることなくまるまる貰えていました。

よく分かっていなかったので、確定申告をしなくて良い方法を選んでしまいましたが、来年からば「源泉徴収なし」を選びたいと思います。


■年間330万円以下の収入の場合

さて、では年間330万円以下の収入の場合で、配当金で年間20万円いただいたとしたら、差し引かれる税金は40630円。

確定申告で戻ってくる金額は26230円になります(7.2%で計算)

売却益+配当益が38万円以上あると、払う税金のほうが多くなる場合があるようなので、確定申告しないほうが良いそうです。


年間38万円以内の配当+売却益ならば、確定申告したほうが得になります。

給与が年間695万円以下の方も少し返ってきますが、3%ほどです。

 
■結論 

非課税でまるまる利益がいただけるNISA最高!

ということになります。ただ、年間120万円しか枠がないので、多額の資金を運用している方には全然足りないかと思いますが・・・

家族がいる方でまだNISA口座を作っていない人がいる場合は、作ってもらって非課税枠を増やすのが一番お得ですね。



↑このページのトップヘ