配当金だけで生活できるその日まで

平均4%以上の高配当株を長期保有して複利で増やしていきます。目指せ1億円!!

タグ:投資

5月29日の取引です。昨日1口売却したさくら総合リート投資法人 投資証券 (3473)を91,800円でもう1口売却して残り1口にしました。

FireShot Cリック証券_ - hom_sec1-1_

+6,943円のプラス

6月は権利月ですし、何もなかったかのように値が騰がっていくのかは分かりませんが、リスクを少しでも減らしておきたいと思って売却です(リスクに関する詳細は昨日の記事をご覧ください)。

残り1口はこのままホールドしておくことにします。

代わりにタカラレーベン不動産投資法人 投資証券 (3492)に注文を入れていましたが約定されずでした。

5月権利銘柄の権利落ち日でしたがそこまで下がっておらず、焦って高値掴みをしても仕方ないので、このところ下がっている米国株買付資金に充てればいいかな、とも思っています。


米国株の監視銘柄をしげしげと眺めていたのですが、ここを買えば間違いない!!と思える銘柄もなく、ちょびちょびとETFを買って終了。

iシェアーズ 米国リート ETF (1659)もほんの少し買い増ししたりしましたが、指値でなかなか約定されず、約定されていたのは本当にかわいい額です。

5月末までに買い増したETFはまとめて更新したいと思います。


改めて銘柄選びって難しいですね。

利回り5%以上あって、数十年と減配がなく安心して長期保有しておける銘柄なんてそうそうありません。

S&P 500高配当株式ETF(SPYD)が利回り5%以上になるまで下がるまでじっと待つか・・・

32ドルまで下がることはそうそうない気もしますが、もしそこまで下がることがあればためらわず買いにいきます。


こうやって銘柄選びで悩んでいる時間は楽しいですね。完全に「趣味」となっていますので、時間さえあれば延々見ていたいです。

なかなか仕事も家事もやらなければならないことが多く、時間を割けるのは少しの時間ですが1人でパソコンに向かっている時間は至福のひとときです。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)

















以前書きましたが、投資を始めてみたい。というお客さんがSBI証券の口座とNISAを無事開設し、証券会社への入金が完了したのでお店へやってきました。本当は連休前に買付できたらよかったのですが、仕事の都合上来れなかったので連休中ではありましたが、晴れて第1回投資勉強会を開催できました。
その経緯はこちらの記事をご覧ください


お客さんの要望
・今年はNISA枠120万円分をとりあえず買いたい
・120万円以外にも投資可能な資金はある
・仕事の都合上、日中相場を見ることができない
・楽しみとして優待銘柄も保有したい
・同じ業界のことには詳しいのでできれば同業種の銘柄で、値上がり益も得たい

とのことでした。


NISAの非課税という恩恵は最大限活用したほうが良いので、年間120万円分はきっちり使うべきですが、優待目当てでの保有・売却益狙いでの保有は特定口座のほうで保有することをオススメしました。また、

・NISA枠で保有するならば、ロールオーバーも含めて最大10年間売却せずに配当金を受取り続けることができるであろう銘柄(極端な減配はないであろう銘柄)を保有するべき

・120万円でできるだけ分散して銘柄を買い付けること(1単元60万円×2銘柄ではなく、10万円×12銘柄というように1単元の買付しやすい価格の銘柄のほうがリスクは少ない)

・優待は改悪の可能性があること。無配当で優待だけを目当てに保有するのは危険であること(それでも欲しいのならばあとは個人に任せる)

・売却益狙いでの投資は難しいこと(大きく含み損を抱える可能性もあるが、それでも絶対にこの会社は伸びるという自信があるのならば特定口座のほうで保有。ただし1単元の高額な銘柄は避けたほうが無難)

・相場をチェックできない環境であれば、個別株よりもJREITやETFが便利であること


等を説明し、いざ指値で注文を入れてみることに。

BeautyPlus_20190427213837537_save

初めての注文に「成行」ってなんだ?

1株から変えたり100株からしか買えなかったり、わけが分からない。

等とボヤキながらも何とかいくつか注文を入れてみました。


日中相場を見れないので完全に指値で注文を入れっぱなしにしておくしかありません。この金額で買えたらいいな〜という額で入れてみて様子を見よう。ということで、注文期間は最大日数で入れておきました。

急な下落の際に高値掴みをしてしまう可能性もありますが、こればかりは仕方ありません。

「この利回りならば良し」と思える価格で買ったわけだし、例え約定された後で更に下がったとしても気にしないように。と伝えました。


もっと伝えたいことはたくさんありましたが、一度にアレコレ言っても覚えられないだろうし、少しずつ覚えていったほうが身につくと思うので、当面注文を入れておいて何か約定されたらまた連絡してね。ということで第一回勉強会は終了。

そして彼はハワイへバカンスへ旅立ちました。


初めて何かを始める時ってワクワクしますし、大人になると新しいことを覚えたりすることも年々減っていきますから、きっと彼は楽しみができて毎日が充実してくると思います。

配当金が初めて入金された時には嬉しいでしょうし、入金額が増えてくればもっと嬉しくて無駄なお金を使わずに投資に回したい。と思える良いサイクルができてくるといいです。

彼が今後も投資を続けていくかは分かりませんが、良い方向へ向かってくれることを願うばかりです。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)















このところ相場全体が上がりすぎている気がしています。

右肩上がりだと、今買っておかないとどんどん上がっていってしまうのでは・・・

という気持ちになり、焦って買いに走りがちです。

ですが、過去を振り返ってみても永遠と上がり続けるということはなく、米国株にしても長い目で見れば右肩上がりかもしれませんが、その間に何度も調整があるものです。


過去、個人的に少ない経験ではありますが右肩上がりの相場に乗ってみて、しばらくは上がってもドスーンと含み損を抱える。というパターンが何度もありました。

なのでどうしても今のようなタイミングで買うことに違和感を感じてしまって、いつか大きく下がる気がしてしまいます。


このようなタイミングであっても毎月10万円。等と決めた金額をコツコツ買い増していくべきなのか、買いを控えるべきなのか正解はないと思っています。


なので、私は今

・下落に備えて買付余力を確保しておく
・全く買いをストップするのではなく、1単元の手頃な銘柄に絞って少額ずつ買い増していく

ことにしています。


インカム狙いであれば数十年と配当金を受取り続けていれば、多少の含み損は気にする必要はありませんが、ど天井で買うのだけは避けたいところです。


こう上がり調子だと買いのタイミングは非常に難しいですが、こうして日々買いのタイミングを伺ったり、時には失敗したりしながら経験を積んでいけば良いので、ただ様子を伺って何もしないでいるよりは、ずっと価値があるはずです。


昨年末のような暴落がやってきた際には喜んで買えますね。

いざドスンと下がると含み損も日々拡大し不安になりますが、たまにはバーゲンセールが来て欲しいと思ってしまいます。


▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)


















毎月月初に報告している資産額ですが、保険の入金が入ったり米国さんが回復してきたので資産額がアップしました。


2月3日時点での資産額は24,601,731円でしたが、2月18日時点では26,619,471円ということで、わずか半月で200万円程増加しました。

BeautyPlus_20190217223625858_save

これがまた暴落の際には1日で100万円減ったりしますから、一時的にはこれだけ増えてたよー!という単なる備忘録ですが、すかいらーくホールディングス (3197)を500株売却したのもあり、現金比率が高くなってきてしまいました。


また、先日いくつか買い増ししたのも含めて保有リストを更新しました。
年間受取予定配当金・分配金は768,823円(税引後)となりました。



現在買付余力としては400万円程ありますので、平均利回りが税引後3.5%の銘柄を買付すれば年間14万円程は配当金額がアップする見込みです。

税引後4%では16万円


年間100万円への道が少し見えてきました。(チラッ)


年間100万円の配当金収入がある。というのはかなり大きいです。

減配や株を手放さない限り、毎年100万円が貰えるんです。30年で3,000万円!!


正直なところ、年間100万円程度ではリタイアできるレベルではないですが、一区切りとして早く到達させたい額です。

早く買付余力を減らしていきたいところではありますが、焦らずにタイミングを見てじわりじわりと買い進めていきたいと思います。




▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)















2日間の正月休みに今後の投資についてじっくり考える時間がありましたので、今後の投資方針について整理したいと思います。


現状、本業の合間にちらっと株価をチェックして売買をしている状況で、じっくり銘柄研究をする時間はなくこのままでは本業も疎かになってしまいそうな状況でした。

加えて家族が入院中で毎日出勤前に病院へ顔を出しに行っているので、通常よりも更に時間がなく退院して日常生活に戻れるまでは昨年のような頻繁な取引は辞めようと思います。

とはいっても資産運用を辞めるというわけではなく、


極力手間をかけずに放ったらかしておけるか


に重点を置きたいと思います。


現在保有中の銘柄はそのままにしておきますが、

・今後買い増すのは放置しておけるETFを中心にする
・家族名義のNISAはJREITを中心に個別株の買付は控える



個別株は業績であったり減配の発表はないか、その他チェックしなければならないことが多く放置しておくのは難しいので、随時銘柄の入替を行ってくれるETFのほうが利回りは下がりますが、管理が圧倒的に楽です。

JREITはそもそも複数の物件を保有しているので、個人的に投資用のマンションを保有しているよりは管理をする必要もなく、空室によるリスクも少ないという点で魅力的ですが、もっとリスクを分散したいのならばiシェアーズ・コア Jリート ETF (1476)等の複数のREITに分散できるETFにしてしまっても良いかもしれません。ただ分配利回りは3.18%と低いのが残念です。


円で米国リートに投資できるiシェアーズ 米国リート ETF (1659)も検討しています。まだ運用実績が短いので今後の利回りは分かりませんが、現状4.47%となっていてETFで4%以上あれば御の字かと思われます。


投資に割いていた時間を本業に回して投資資金をアップさせたい

セミリタイアするまでは、定期的な収入が入ってきますが私のような仕事は毎月いくら。と決まって貰えるわけではなく、頑張らなければ驚くほど少ない。頑張ればたくさん貰える。という努力が目に見えて分かる仕事です。

働ける間は頑張って収入を増やして投資資金をアップさせることによって、下がってしまった利回りをカバーすれば良い。という結論になりました。

私個人的に、あれもこれも上手く時間を使える器用な人間ではないので、全部がんばる。というのは無理がありました。というか相当無理していました。

現状は収入を増やすことを頑張ったほうが効率がいいですし、買ったことすら忘れて気づいたら配当金が入金されている。というのが最高の状況だと思うのでしばらくはこのスタイルでいってみます。


また状況が落ち着いたら「やっぱり個別株にも投資したい」と思うようになるかもしれませんし「放置しておける状況最高!!」と思うようになっているかもしれません。こればかりは実際にやってみないと分からないので実践してみます。

現在、投資信託は月に1度しか評価格を見ていませんが、兼業投資家はこのくらいのまったり長期保有で良いのかもしれません。


*****

私の記事をご紹介いただきました♪わーい☆

http://well-off.info/post-1851/
コツコツ1,000万円貯めます



こんな素敵な紹介のされ方、嬉しすぎますヾ(´ω`=´ω`)ノ
女性で投資を積極的にされている方はまだまだ少ないので、投資=怪しいのイメージが少しでもなくなって、もっと一般的なものとなることを願っております。




▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)















↑このページのトップヘ