配当金だけで生活できるその日まで

4%以上の高配当株をメインに取引記録を報告するブログ

タグ:投資

去年、親戚のマンションを共有名義というかたちで遺産でいただいたのですが、その物件は今売却したならば6,000万円程になります。賃貸の家賃は22万円です。去年の3月に募集を開始してすぐに入居者が決まったのですが、今年の3月いっぱいで退去してしまいました。

次の入居者が決まるまで、月額22万円がゼロになるわけです。

遺産で引き継いだものなので、ローンの返済等はありませんが、もしこれがローンを組んで投資用に買った物件であれば冷や汗ものです。

月額22万円でも管理費や修繕積立費等を差し引くと利回りは4%程です。

空室のリスクがあって満室の場合で利回り4%・・・

だったら4%の配当が出る銘柄を複数保有していたほうが、よっぽどリスクが少ないと思ってしまいます。

6,000万円の部屋を1室ということは、6,000万円分を1銘柄に突っ込んでいるようなものです。普通投資をしていて1銘柄に数千万円を突っ込むのは、よほどの資産家でないとしないはずです。

複数の銘柄に分散していれば、もし1社が無配になったり不祥事を起こして株価が暴落したとしても複数のうちの1社であれば速やかに売却して、損益通算すれば問題ありません。

そう考えると、不動産というのは目に見える資産ではありますが、とてもリスクが高いことが分かります。

税金はとられますが本当は6,000万円で売却できるうちに売却してしまって、その資金を高配当株の買付に充てたいところですが、共有名義ゆえ、私の意見だけではどうにもなりません。

ただ、ここから数ヶ月空室が続いた場合には売却を提案したいと思っています。

この件に関しては、またいつかご報告したいと思います。

というわけで、3月から家賃収入がゼロになりました。
いくら旅行へ行くからとはいえ、先月の追加投資がゼロだったのもこれが大きいです。

不動産投資は以前、かなり興味があり1,000万円程で購入できるワンルームマンションを探していた時がありましたが、あの時もしマンションを買っていたら・・・と仮定して資産のうち1,000万円まではREITで保有しても良いことにしています。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




▼ランキングに参加しています(^o^)
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)







毎月恒例の、総資産額を入力しました

■投資用資金(買付余力含む) 

・SBI証券 2,179,109円 (前月2,361,190円)
・家族SBI証券 3,680,641円(前月3,577,879円) 
・GMO証券 8,316,783円(前月8,073,740円
・松井証券 2,731,406円(前月2,501,020円)
・米国株 3,815,407円 (前月2,918,412円

合計20,723,346円(前月20,333,026円)

______ 

■その他生活費等

生活費普通預金 773,736円(前月800,471円 )
家賃引き落とし用 376,055円(前月488,489円 )
ネットバンク(楽天)268,947円(前月1,043,706円)
ネットバンク(住信SBI)290,448円(前月 390,478円 )
現金 441,000円(前月396,000円)
ネットバンク入金予定現金 200,000円(前月300,000円)


合計2,350,186円(先月比−678,638円)


という結果となりました。

マ、マイナス!!!
(何度も計算し直してしまいました)

米国株・日本株共に昨日の終値で計算していますが、理由は米国株の大幅な下落があり、個別株を中心に大きな含み損を抱えていること、日本株も昨日下落して評価格が下がっていること、ドルで保有している資産に関しては円換算した金額で記載しているので、円高の影響を受けていること、等が挙げられます。

収入的には先月と変わりはありませんでしたので、一時的な資産減ですので特に気にすることもありませんが、やはりせっせと働いてマイナスになるのは気分的に良いものではありませんね。

ドルで資産を持つということは、株価と為替のダブルパンチを食らう恐れもあるわけで、投資にリスクはつきものだと改めて実感しました。

ただ、この逆になる場合もあるわけで昨年等はひたすら右肩上がりで、ドルも114円程でしたから、私のドルの資産だけでも7円違うと25万円程変わってきます。

数年、数十年という長いスパンで保有し続けていればまた米国株が盛り返し、ドル高になるタイミングはやってくるはずです。

しばらくは耐える時期が続くかもしれませんが、日々の株価は気にすることなく気長に続けていきます。

2月は受け取れる配当が少なかったのですが、3月は配当や優待が多く届く月なのでモチベーションアップします☆「すかいらーく」の優待が待ち遠しいです。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




▼ランキングに参加しています(^o^)
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)






今日は日経平均+428.96円と、持株達もほぼ元通りになりました。

ただ、がくーーーと下がっていた時に本当は日本株では日本たばこ産業 (2914)ローソン (2651)を、米国株ではジョンソン & ジョンソン(JNJ)プロクター & ギャンブル(PG)を買い増して、ブラックロック A(BLK)マクドナルド(MCD)を新規買付したかったのですが、余分に250万円程資金があれば欲しかった銘柄が買えたのですが、考えた末、10万円以下で買付できる銘柄をいくつか拾ったのと、グラクソスミスクライン ADR(GSK)の買付とETF等を少しずつ買い増す程度に留めました。

ここであえて買い増し等をしなかったわけではなく、純粋に資金がそこまでなかった。という残念な理由からです。

毎年4月に海外旅行へ行くのですが、今年はヨーロッパへ行ってみたい。というリクエストにより調べてみたら・・・高い。とても高い。

ならばアメリカは?ということで旅行会社へ相談に行ってきたのですが、ホテルの指定もできない安いプランで1人15万円〜です。ホテルが指定できて、となると30万円程かかります。


2人で60万円・・・Σ(´д`;)


さすがにそこまでは出せません。もう4年前になりますが病気で死にかけて生還してから、年1回海外旅行へ行くのが恒例行事となりました。

あそこで死んでいたらもうどこにも連れて行ってあげられなかった。

と思うと、毎日節約節約で楽しみがない毎日は可哀想で(私は相場を見ているだけで楽しい人間なんでストレスゼロなんですが)今までグアム・ハワイ・シンガポールと3箇所行きました。

でもねぇ、そうは言っても60万円って大金です。年間で貰える配当金全部消えちゃいます。せめて1人10万円以内で行かれて物価の安いところでなんとか・・・

ということで、4月の旅行でイレギュラーのお金が出ていくのが分かっていたので、大幅な買い増しができませんでした。

とても悔しかったです。

でも、もし調子に乗ってバンバン買い増しをしたとして、今回はすぐに戻りましたがもしかするとひたすら下がり続けて、含み損が増え続けていただけかもしれませんし、今回の80万円程の買い増しで良かったのかもしれません。

また同じように暴落があり買いのチャンスが訪れた時に少しずつ買い増していけばいいですしね。

長い投資人生、焦らずいきます。

それまでは資金を確保すべくコツコツ貯めておきましょう。

機会損失よりも、リアル損失のほうが圧倒的に嫌ですしね。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




▼ランキングに参加しています(^o^)
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)









議員の上西小百合さんが昨日「良かれと思って」に出演されていました。

1044


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="4464367899">



「現在は無職?どうやって生活しているの?」

の質問に対して

私はOL時代から資産運用のほうをしていて、それで生活はしていけます

と答えていました。

そもそも上西小百合さんって何歳なんだろう?と調べてみましたら今年で34歳。

34歳で資産運用で食べて行けるって凄いですね。

ウィキペディアを見てみましたらOL時代は7年のようです。
7年でいくら貯めたのでしょう??

是非どのような投資をされているのか興味津々なので、いつかどこかで公開していただきたいです。

*****

今日は通販のお仕事のほうがトラブっていて、ゆっくりパソコンに向かうことができませんでした。スマホで株価はチラチラ見ていましたが取引はゼロです。

どんな仕事もストレスはつきものですね。ストレスがないのがストレスだ、なんて言う人もいるくらいですが、ストレスがあるからリフレッシュする一時が幸せなのかもしれません。

私はだいぶ体調が良くなってきて、具合が悪くないだけで幸せです。ごはんも一人前食べられるようになりました。幸せのハードルを下げていると、ささやかなことに幸せを感じられるようになります。

元気でバリバリ働いていらっしゃる方は、ストレスももちろんたくさんあると思います。ストレスって溜まると爆発して一気に体にきます。

ストレスが一番体によくないと私は実感しています。健康はお金では買えないので、うまくストレスを発散させつつ、節約ばかりでなく時には趣味にお金を使ったり美味しいものを食べたりもしながら、長い目で資産を増やしていけるのが一番です。

私も体調は良くなりましたが、もう週6日昼も夜も働く!とか無謀なことをせずに休み休み長く働けるようにがんばりたいと思います。


配当・配当金ランキングへ

株式投資人気ランキングへ

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">












今、私が投資している総額は575万円です。国債を含めると900万円です。

全財産は2000万円ちょっと。

今までは投資に回すお金は1/3までとしていましたが、2/3はどうするのか?というと「いざという時のためにすぐに使えるようにとっておく」という考えでした。

都市銀行の普通預金に預けていても利息は雀の涙なので、少しでも利息の良いネットバンクに預けていましたが、果たして「いざ」っていつなのか?

という疑問が湧いてきました。

自分や親が病気をして働けなくなった時?
昼の仕事が上手くいかなくなった時?
車とか大きな買い物をする時?

病気をして入院すれば保険金が出ますし、昼の仕事は在庫が減った分だけ少量ずつ仕入れているので在庫が余るということもあまりありません。自宅の一室でやっているので家賃も倉庫代も人件費もかからないので、売上ががた落ちしても別に赤字になることはありません。

車を買うならば事前に計画立てて買いますし、他にいざってあまり私の場合、ないんですよね。

全財産を投資に回すのはあまりにリスキーですが、当面3ヶ月分の生活費くらいを手元に置いておけば、あとは働けば定期的に収入が入るわけですし、余分に残しておくことが疑問に思えてきました。

そうなると私の場合、1900万円くらいは投資に回しても良いのかな、と。

1900万円を年4%で運用したら年間76万円になります。
今はまだ21万円です(国債は含めていません)

この差は大きいです。

もしも想定外の「いざ」がやってきた時には、保有株を売却すれば、早ければ即日現金になるわけですし、そんなに「いざ待ち」しなくても良いんですよね。

ただ、ひとつ上げるとしたら、「投資に使ってもいいけれど現金でとっておく、いわゆるナンピン買い用の資金」これは現金で確保しておく必要がありますね。

はー!すごく買い時!でも資金がない・・・

と指をくわえて見ているうちにどんどん値が上がっていってしまったら悲しいですし、チャンスは逃したくないので、この資金も含めて1900万円。

と、いきたいところなのですが、親ががっつり握っている国債・・・どう説得して解約させてもらうかがとても課題です。

この歳になってお金を自由に使えないのは情けないです。


ところで放置している国債なのですが、-325円となっていましたがこれは何なんでしょうか??

6232

国債って元本保証じゃなかったの?よく分かりませぬ。
2025年まで解約できないなんて悲しすぎます。
何とかしたいです。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




配当・配当金ランキング

株式投資人気ランキングへ






↑このページのトップヘ