配当金だけで生活できるその日まで

4%以上の高配当株をメインに取引記録を報告するブログ

タグ:投資資金

魔の相場と呼ばれている9月らしく、順調に株価は下げております。

想定内なので逆に買いのチャンスだと目を光らせています。

こんな時に資金がないととても悔しい思いをしますので、ネットバンクに入れておいた資金を各証券会社へ移しました。

いつでもスタンバイOKです。

ですがネットバンクの残高がみるみる減っていて、いい感じに危機感を感じます。

私の中で投資に回しているお金→もしかしたら返ってこないかもしれないお金
と思っています。あくまで生活費は都市銀行に預けているお金やネットバンクに入れているお金だけです。

今まではこの余裕資金がたくさんあることによって心にゆとりがありましたが、以前「全資産の何割を投資に回すべきか」でも書きましたが、3ヶ月分の生活費を残して他は投資に回してしまって良いと思っています。

今までここまでの額を投資に回したことがなかったので、ビビリな私はビクついていますが、


大丈夫。18の頃なんて全財産30万円くらいだったじゃん。

と思うと100万円は生活費として手元にあるなんて当時から見たら超お金持ちです。

元からないと思えば良いので、ビビらずチャンスだと思ったらいきたいと思います。

今日は1銘柄利確しましたので、更に投資に回せる資金が増えました。

アラートが鳴るのをじっと待ちたいと思います。


配当・配当金ランキング

株式投資人気ランキングへ



style="display:block; text-align:center;"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5305997651">











配当だけで生活していけるのが夢ですが、実際そうなったらとてつもなく『暇』だと思います。

今朝から晩まで働いている生活から、株価をチェックするくらいしかすることがなかったら、退屈でしょう。

なので自宅でしている通販の仕事は辞めるつもりはありません。

今の私の収入は、

・家賃収入 8万円
・お昼 10万円~40万円
・夜 30万円~80万円

見ての通り、安定しません。

サボればサボるだけ収入が減ります。12月は昼も夜も忙しくなるので一切遊ばず、昼も夜も週6日フルで働きます。

月に120万円程稼げますが、本当にしんどいです。もしこの生活を何年も続けられるのならば年間1000万くらいは貯められるはずですが、

体がもちません。遊びにもいけません。

若いうちしか海外旅行も行けないだろうと、年に1度は海外へ行きますし、年に2回くらいは国内へ旅行も行きます。

夜のお仕事は、年齢的にきつくなってきたら、スパッと辞めるつもりなので、いくら収入があれば辞めることができるのか、計算してみはました。

節約して、節約して、ギリギリの生活は嫌なので1ヶ月の生活費を多めに35万円として、5万円は残せるようにとっておきたいので月40万円。

-家賃収入8万円-お昼の収入25万円とすると、月7万円の配当を受け取れるようになれれば夜は辞めても生活していけます。

年3%の配当で計算すると、3000万円あれば月に7.5万円いただけることになります。

2.8%の配当で、ちょうど7万です。

3000万円ならばあと1000万円。近いうちに貯められそうな額です。

(夜を辞めて昼のお仕事に集中できれば、25万円以上稼げるはずですが、絶対とは言えないので少な目に見積もっています)

あと1000万円!

というゴールが見えてきたので、気を引き締めてバリバリ働こうと思います(笑)


私の現在の総資産は約2000万円です。

内訳は、

■運用中 
1591330円(SBI証券)
892000円(家族口座SBI証券)
1137500円(GMOクリック証券
3250000円(野村証券国債)

合計6870830円

______________________

生活費用普通預金 340万円
家賃引き落とし用口座 60万円
クレジットカード引き落とし用(楽天銀行) 60万円
投資用資金として(楽天銀行) 500万円
ネットバンク(住信SBIネット銀行) 350万円
現金80万円

(細かい数字は四捨五入しています)

合計1390万円

______________________

合計20770830円になります。

野村證券の国債は、堅実な母親に無理やり買わされました(笑)

前にも書きましたが、以前インドの国債を購入して大失敗している母は今、元本保証で安心・安全・低利息の国債に預けています。

元金保証は魅力的ですがあまりの利率の悪さに、解約して自分で投資したくてたまりませんが、しばらくは大人しく持っていようと思います。

↑このページのトップヘ