配当金だけで生活できるその日まで

平均4%以上の高配当株を長期保有して複利で増やしていきます。目指せ1億円!!

タグ:格付

資産の入れ替えにより1,750円→2,520円へ大幅な増配を発表したMCUBS MidCity投資法人 投資証券 (3227)を82,200円で1口買い付けました。
FireShotite2.sbisec.co.jp_ETGate_

以前保有していてすでに売却していましたが、またポートフォリオに戻ってきました。

6月・12月権利で次々回分配金予想も2,665円と増配予定です。

利回りは6.29%

総合型REITで三菱商事がメインスポンサー

格付は「A」で10万円以内で買付できるので、利回りの低い銘柄と入れ替えてもう少し買い増したいと思います。

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="8309740292">


*****

また、昨日インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人 投資証券 (3298)を15,540円で1口買い増して合計36口にしました。
Fbisec.co.jp_ETGate_

4月・10月権利で利回りは5.43%

税引後でも4.3%ありますのでこのくらいの利回りがあれば充分です。

1口400円の分配金と考えると36口で税引後でも11,520円になります。年間2万円以上いただける計算になります。

何より1口15,700円で買付できるように大胆な分割をしたので、NISA枠の隙間を埋めるのにもオススメです。


▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)














日本リテールファンド投資法人 投資証券 (8953)より、2月権利分の分配金のお知らせをいただきました。

FireShot ub.mypot.jp_web_Docu_messageNo=2018


今回は1口あたり4,410円で権利時には2口保有でしたので、税引後7,029円をいただきました。現在は1口売却しています。

利回りは4.38%

購入時からの損益は+3,045円となっています。

次回分配金は4,430円と20円のプラスの予想です。

格付はAA-/安定的 で、確かに安定した分配金・業績ではありますが4.38%の利回りは少し魅力に欠けますので、今後投資資金に余裕ができた際には安定銘柄として買い増したいと思います。

現状はできる限り利回りの高い銘柄で投資資金を増やしていきたいです。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




▼ランキングに参加しています(^o^)
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)












4月・10月権利のJREIT、いちごオフィスリート投資法人 投資証券 (8975)を79,900円で買い増して4口にしました。
BeautyPlus_20180407022806_save

利回りは4.88%
格付はA−
NAV倍率は1.08と割高でしたが、15期連続増配というJREIT最長記録を誇っています。

さすがは一期一会!
(いちごオフィスのいちごは一期一会から来ているそうです)

これからも10円も良いので意地でも増配を続けて欲しいです。

10万円以内で買付できるので、コツコツ買い増していけるのも魅力的です。

さすがに4月権利銘柄の買い増しはこれで最後かな、と思っていますが更に下がるようなことがあれば買い増すかもしれません。

こればかりは来週以降の相場次第です。

段々と買付余力も減ってきているので、暴落に備えて現金も確保しておきたいですし、割り振りに悩むところです。

悩むと言っても、こうして一人でぶつぶつ言いながら悩んでいる時間が一番好きな時なんですけどね。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




▼ランキングに参加しています(^o^)
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)









貴重な5月・11月権利の阪急リート投資法人 投資証券 (8977)を家族名義のNISA枠で132,100円で1口新規購入しました。

BeautyPlus_20180227230006_save

今年の家族名義のNISA枠は残り366,400円になります。

できる限り4月か5月権利銘柄で割安な銘柄で埋めたいと思います。


阪急リート投資法人 投資証券 (8977)ですが、初めての買付のため銘柄詳細を書きたいと思います。

・名前の通り関西を中心とした総合型REIT
・ポートフォリオの73%は商業施設
・スポンサー 阪急阪神ホールディングスグループ
・稼働率 99.7%
・格付 AA-
・NAV倍率 0.87
・分配金は2,877円(5月)→2,950円(11月)→3,000円(平成30年11月)予定
・分配利回り 4.49%

分配金が少額ずつでも増額しているところが魅力です。

NAV倍率も0.87と割安です。
(1以上だと割高・1以下だと割安)

何より5月・11月権利銘柄が少ないので、4%以上の利回りが続けば私名義のほうでも買い付けていきたいと思っています。

次の暴落をじっと待ちたいと思います。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




▼ランキングに参加しています(^o^)
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)











今日は久々移動中に相場がじっくり見れたので、MCUBS MidCity投資法人 投資証券 (3227)を79,800円で1口、新規購入しました。

BeautyPlus_20180122174838_save

こちらは今年の1月に5分割して、10万円以下の手数料無料銘柄になりました。

今回初めての買付のため、銘柄詳細を書きます。


MCUBS MidCity投資法人 投資証券 (3227)

スポンサー 三菱商事株式会社・UBS
格付 A/安定的
東京圏、大阪圏、名古屋圏のオフィスビルが中心
稼働率 96.5%
6月・12月権利確定
NAV倍率 0.98倍
利回り 4.06%

分配金履歴
011224

1,600円程の利回りが続けば利回りは4%以上となりますので、ギリギリ持っていてもいいかな、という範囲です。

それでも購入した最大の理由は

10万円以内で買付できる手数料無料銘柄だったからです。

もし何年か保有して、途中で手放したくなった時にも10万円以上に上がらなければ手数料無料で売却できますし、損だしに使ってもいいわけですから使い勝手がよく、ポートフォリオに置いておいても損はないと個人的に思います。

ちなみに10万円以下で買付可能で利回り4%以上のREITは現時点で8つあります。

現在50万円以上のREITは是非分割して買いやすくしていただきたいです。

やはり1銘柄に50万円以上は躊躇してしまいます(´- `*)

*****

今日はもう1銘柄、上場インデックスファンド新興国債券 (1566)を53,700円で1口買い増して合計10口にしました。

01222

本当は53,600円と指値で入れていたつもりが、56,300円と打ち間違えていて、すぐに約定のメールが来たので、もう約定したんだ!と思ったら53,700円で約定されていました。

スマホの小さい画面で注文を入れる時はちゃんと確認しなくては、ですね。

今日の終値は53,700円だったので良しとしましょう。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




▼ランキングに参加しています(^o^)
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)









↑このページのトップヘ