証券会社の口座を作る際に、一般口座・特定口座(源泉徴収あり・なし)から選択すると思いますが、私ははじめ良く分からず、「一般口座」を作ってしまいました。

その後で確定申告をしなくても良いという「特定口座(源泉徴収あり)」に変更したのですが、よくよく調べましたら、年間の配当+売却益が20万円以下は税金がかからず、確定申告の必要もないことが分かりました。

私の場合は来月から家賃86000円も入ってきますし、20万円を超えてしまうと思うのでダメですが、家族分口座は現在100万円運用していまして、NISA口座が開設できたらその枠の範囲だけで運用していくので、100万円の投資資金で年間20万円の配当をいただけるとは思えないので、家族分の口座は、特定口座(厳選徴収なし)に変更しました(NISA口座と特定口座は損益通算できないので)


あと、前から気になっていたのですが、

証券会社を複数利用している場合、損益通算って証券会社ごとにしかできないのかな?

ということです。

結論、特定口座(源泉徴収あり)にしていれば、確定申告すれば証券会社が違っても損益通算できる!

例えば

A証券 年間50万円プラス
B証券 年間30万円損失

→確定申告すれば、A証券で支払った50万円分の税金のうち、30万円分は戻ってきます。


確定申告するのが面倒くさいから特定口座(源泉徴収あり)にしているんだ!

って方にはオススメできませんが、節税になるのならやってみようかな?

という方にはオススメです。


配当・配当金ランキング

株式投資人気ランキングへ