配当金だけで生活できるその日まで

4%以上の高配当株をメインに取引記録を報告するブログ

タグ:米国株

昨日は米国株・ETF共にほとんど上がっていて買えそうな銘柄がなかったので、下がっていたiシェアーズ 米国不動産 ETF(IYR) をNISA口座のほうで77.58ドルで1口・77.5ドルで1口買い増しました。

01121

合計で6口となりました。

NISA口座での買付手数料は無料なので1口ずつ買えてとても便利です。


円高が進んでいるので、昨日も2,200ドルほどドル転しました。

110円台まで下がるでしょうか?

とりあえず今年のNISA分120万円はドル転できましたので、あとは特定口座のほうで100万円分は個別株を買い付けたいと思っているので、あと9,000ドル分くらいはドル転したいと思っています。

3月16日までは住信SBIネット銀行の買付手数料が無料になるので、この期間中に今年の分のドルは確保したいです。

*****

11日に謎の「貸株金利0.03ドル」という入金がありまして、

01122

SBI証券は貸株設定をしていなかったはずなので、「?????」と思って調べていたら、だいぶ前にカストック(米国株の貸株)をどうやら申し込んでいたようで、焦って権利日をまたいでいなかったか確認したところ、AT&T(T)が1月9日が権利落ち日で、権利日に貸株扱いになってしまっていたようです(汗)

配当金相当額になってしまうか・・・

ドキドキです。

0.1%の金利で貸株設定を年4回外すのは面倒なので、もし配当金相当額になっていたら貸株は解除するつもりです。

ほんと、日々勉強ですね〜


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




▼ランキングに参加しています(^o^)
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)






11月28日に買付した米国株を含めた損益は以下の通りです。

1221

AT&T(T)は購入からほんの数日で153ドルのプラスになっています☆

いいタイミングで買えたかな?と値動きは気にしませんがやはり上がってくれていると嬉しいです。

全体の損益は+30,764円となっています。

1232

米国ETFのほうも、iシェアーズ 米国優先株式 ETF(PFF)以外は上がっています。それでも-7.26ドルくらいでしたら、11口で年間18ドル程の分配金がいただけるので全然問題ありません。

米国株の値動きは毎日見ていませんし、基本売るつもりはないのでとても気が楽です。

色んな方のブログを読ませていただき、米国株の魅力を痛感していますので、投資に回せる資金を貯めてコツコツドル転していって、ある程度のドルが貯まったら米国株を買っていきたいと思います。

*****

先週末から忘年会シーズンに突入してとんでもない忙しさでした。仕事から帰ってきてぐったりで即爆睡で、12月は毎日こんな感じが続くと思うので、12月分の日用品や保存のきく飲みのもの等を今日は爆買いしてきました。

12月最終週は日曜も全部営業になるので、鬼の連勤です。

とりあえず倒れない程度にがんばろうと思っています。

明日は夜お休みなので久々相場チェックしたいので早々に寝たいと思います。おやすみなさい☆


▼ランキングに参加しています(^o^)
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">










ブログを徘徊していると、米国株メインの方が多いですね。

私もそういったブログを読ませていただかなかったら、米国株に興味を持つこともなかったと思います。

確かにその騰落率を見ていると日本よりも遥かに優れていますし、そう簡単に配当・分配金を下げない増配銘柄が多い点、権利確定から支払いまでがスピーディーであったり、年に4回配当がいただけたりと魅力満載です。

でも私がどうしても米国個別株に踏み出せないのは、特定口座のほうで買い付けたとして、外国税の10%に日本での20.315%の課税がされる・買付手数料が高い・為替手数料がかかる・今後円高になった時に評価額が下がってしまう恐れがある

等が挙げられます。

NISA枠で購入すれば日本での20.315%の税金は免除されますが、それでも外国税10%と手数料ははかかってきます。

ETFは無料ですが、個別株は手数料が最低5ドルかかるので、1株ずつの購入などのお試し買をすると損をしてしまいます。

エクソン モービル(XOM)を例に挙げると、1株80.12ドルで1株だけ試しに買おうと思ったら本来ならば約定代金の0.45%(0.36ドル)ですが5ドルかかってきてしまいます。

ただ、上限が20ドルとなっていますので、仮に100株(約897,344円ぶん)買い付けるのであれば、36ドルの手数料がかかるところを20ドルで済むのでお得ですよね。買うならばある程度まとめて買わないと損です。

でもいきなり1銘柄にそれだけの資金を投入する勇気がないんです。
初めは少額から様子を見たい慎重派の私には米国個別株はまだ勉強不足です。

私がETFだけの購入に留まっている理由は

NISAであれば買付手数料が無料なので1口ずつのお試し買いができる

これに尽きます。
なので、ETFであっても今のところは特定口座のほうでは購入予定はありません。

いずれ本格的に米国株中心でいこう、と思うことがあったらその時には個別株デビューすることもあるでしょう。

でも日本株もまだまだ優秀な会社はたくさんありますし、米国株にはない「株主優待」という何とも貰うと嬉しい非課税の特権もありますから、米国株の魅力は分かった上で、配当・優待利回りの良い日本株も増やしていくつもりです。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




配当・配当金ランキング

株式投資人気ランキングへ






今日はお客様とイタリアンのコース料理をいただきました☆

IMG_20170628_2258_28


投資関係の仕事をされている方で資産運用の話をずっとしていました。

改めてドルの強さ、リスク分散のためにも資産の半分はドルで運用すべきだと熱く語ってくれました。


円安はこれからも続くようです。
あくまでお客様個人の意見ですが。

それを聞いて外貨積立の金額を修正しました。

109.6円を上限に積立をしていたのですが最近はドルが上がってしまって積立できない日々でしたので、111.9円に変更。あと2つは安めに設定しました。

BeautyPlus_20170628230440_save


細かく設定できるのが便利ですね♪

これでも買えない気がしますが・・・

私の今年のNISA枠があと169874円あるので、米国ETFで埋めたいと思っているので、焦らずいいタイミングで購入できたらと思います☆



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




配当・配当金ランキング

株式投資人気ランキングへ




海外のETFです。

米国株は未経験なので色々と勉強中です。

日経平均が下がり続けてくるとどうしても目がいってしまうのが「海外」

でも、私が購入する銘柄として決めていることは

・聞いたこともない知らない会社には投資しない

いくら説明を見て、こうこうこういうことをしている会社で業績は、と書かれていても実際に知らないし、そういう米国株は怖くて手が出ません。

米国株でもアップルやフィリップモリスなど、日本でも聞き馴染みのある会社であれば事業内容も規模も分かりますし、それを知った上で業績うんぬん調べる気になるのですが、 

一番は、もしも値が下がり続け投資に失敗したとしても、自分が納得して購入したものは、諦めがつくから。というのが一番大きいです。

ですので米国株についてはかなり慎重になっていました。

そこで探していて気になったのが、

PFF「iシェアーズ米国優先株式ETF」


毎月分配型(普通分配のみ)

直近利回りは5.94%

管理報酬年 0.47%


米国の優先株に投資するETFとのことですが、1つの銘柄を購入するよりもETFのほうがリスクが少ないと思いまして初めて購入する米国株はETFで探しています。ただしこちらは金融に集中しているようなので、何かのきっかけで大きく値が下がる可能性はあるので、

少額ならば購入してみても良いかな、と思う銘柄です。

 

↑このページのトップヘ