配当金だけで生活できるその日まで

平均4%以上の高配当株を長期保有して複利で増やしていきます。目指せ1億円!!

タグ:解約

2017年9月に長年悩んでいた国債を、思い切って解約しました(詳しくはこちら

325万円分だったのですが金利は0.05%でしたので、もしあのまま継続していたらと思うと、もっと早く解約しておけば良かったーと思います。

現在保有中の日本株の平均利回りは6.1%(税引前)になります。
米国株は3.4%

解約した資金全てを高配当株の買付に充てました。

この資金があったお陰で年間受取予定の配当金額は763,132円(税引後)まで増やすことができました。元金の保証されている安全資金ももちろん大切ですが、多少のリスクは資産を増やしていく上で覚悟しなければなりません。

それでもインカムゲイン投資は極めてリスクの少ない投資であると思います。

多少値が下がっても、値動きは気にせず配当金・分配金をいただきながら値が戻るのを何年でも待てば良いので、資金が貯まれば新たな銘柄を増やし、また貯まれば増やす。ただこの繰り返しだけで一時的に評価格は下がったとしても、下がれば利回りが上がるわけですから、買い増しのシャンスだと思えます。

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="8309740292">



では一時的にではなく、数年間下がり続けたとしたら?

減配や無配にならない限りは気にする必要ありませんが、もし減配等になった銘柄はマイナスでも速やかに売却して損益通算すれば税金対策になりますし、保有株全てが減配・無配になるとは考えにくいです。

なので銘柄は分散させる必要がありますが、全てのリスクを恐れていたら投資はできないでしょう。

100戦100勝を目指す必要はないのですから、トータルしてプラスになれば良いと考えればそう身構える必要はないはずです。

全財産を投資に回すのは危険ですが、3ヶ月分くらいの生活費を確保して後は全力で投資に回しても私は良いと思っています。

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="8309740292">




▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)












投資信託を長年やられている方からしたら「常識」「当たり前」の話題かもしれませんが、投資信託にかかる信託報酬って、年間何%と書いてありますが、1年経過せずに解約した場合って、日割り計算になるのかな?解約時に信託報酬を差し引かれるのかな?それとも申し込み時に1年分差し引かれているのか?色々謎でした。

聞こうと思いつつ忘れていてようやくSBI証券のほうに問い合わせましたので、参考になればと思います。


▼SBI証券からの回答

信託報酬は、投資信託の運用・管理にかかる費用として、信託財産から日々差し引かれております。基準価額は、すでに信託報酬を差し引いた金額として提示されておりますので、直接お客様の買付余力からは差し引かれることはございません。

※純資産総額に対する年率で表示されますが、日割り計算で日々信託財産から差し引かれます。


日々、信託報酬を差し引いた額になっていたんですね!!!

てっきりここから信託報酬を差し引かれると思っていました。

良心的ですね。

しかも日々差し引かれているということはいつ解約しても損はないです。
たぶん規約に小さな字で書いてあったんでしょうが、分からないことは問い合わせてみるに限ります。

毎月分配型の投資信託については、長い期間持っていればいずれプラスになっていくとも思えないので、年内には解約予定です。

でも、買ってみて後悔はしていないです。

ネットに書かれていることが本当なのか?
特別分配金がどのくらいの頻度で出ているかまでは残念ながら書いてあるところは見当たらなくて、「特別分配金が出ることもある」くらいの比率なのか、それとも「ほぼ特別分配金」なのか?

実際に試してみないことには納得できなかったので、実際にやってみて特別分配金の比率の多さに驚きました。やって納得しましたので、信託報酬の安い投資信託に切り替えていきたいと思います。


配当・配当金ランキングへ

株式投資人気ランキングへ

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">








以前から悩みの種だった国債325万円をついに解約することにしました。
(以前書いた国債からの利息のお知らせはこちらを御覧ください)

理由は0.05%という超低金利でお金を預けておくのが勿体無いからです。

年間で1,296円という利息はいくら元本保証といえど割に合いません。

325万円を税引後3%の利回りで運用したら年間97,500円の配当を受け取ることができます。それを複利で運用していったら、と考えると一刻も早く投資に回すべきだという結論となりました。

配当金再投資による資産形成には「時間」が必要です。

あと7年で満期になりますが、7年待ってから運用するのでは遅すぎます。

もちろん安定資産も大事だとは思いますが、今の私にはそこまで守るものもありませんし、3ヶ月分の生活費以外は買付余力として証券会社内に入金しておいて、買いのチャンスに備えようと思います。

*****

今日も日経平均は+101.13円と大幅に上がりました。
監視銘柄も上がってしまい取引なしです。

9月の権利落ち後に下げるかな?と思っているのでしばし様子見したいと思います。


配当・配当金ランキング

株式投資人気ランキングへ

Twitterはこちら
@haitou_seikatu



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">











ドルが上がってきたので、外貨建てMMFを7,221.58ドル分買い付けました。

8192

以前買付分と合わせて9823.08ドルの保有になります。
来年米国ETFを買い付けるまでの間、こちらに置いておこうと思います。

現在の外貨建てMMFの利回りは年0.943%となっています。

10,000ドル預けていても1ヶ月あたり税引き後6.28ドル位の分配金となりますが、ないよりはいいと私は思っています。

ドルがどこまで上がるか分かりませんが、買うタイミングをいつまでも見計らっていても勿体無いので、111円を超えたら申し込もうと決めていました。

外貨建てMMFを解約する時には、あえてマイナスを出して税金がかかるのを防ぐつもりですので、もしかしたら12月中にドルが下がったら一旦解約するかもしれません。

*****

体調横ばいですが昨日の夜から「両目結膜炎」という通販のラベルも書けない、とても困った自体に見舞われました。今日は祝日でしたので発送がお休みで助かりました。

目を少しでも開けると涙ぼろぼろで蛍光灯の電気もまぶしくて、暗い部屋でずっと寝ていました。抵抗力が落ちているからあちらこちら悪さしちゃうんですよね。夜になってようやく涙は出なくなってきました。

明日また病院行ってきますーヾ(´ω`=´ω`)ノ


配当・配当金ランキング

株式投資人気ランキングへ



style="display:block; text-align:center;"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5305997651">




 






先月7月31日に申込みをしてちょうど1ヶ月経過した外貨建MMFから、分配金のお知らせです。

8316

わたしは2,601ドル分保有していまして、平均利回りは年0.912%とのことですので、税金を引かれて1.54ドル(日本円でおよそ169円)をが自動的に再投資されます。

ネットバンクの外貨普通預金の金利が0.4%なので、普通預金に入れておくよりはいいかと思っています。


先日書いたように、解約の際にはドルのまま受け取ってその資金で米国ETFを買い付ける予定なのですが、日本円に換算した金額での為替差益が発生した場合には解約時にも税金を引かれてしまいますが、円高の時に解約すると税金が引かれず、ドルのまま受け取っているので、実際にはその時点で損はしていないはずなのに、損益通算でマイナス分の税金が戻ってきますので、極力ドル高の時に申込みをしたいと思っています。

あくまで外貨建MMFは今使う予定のないドルの仮置き場として私は利用していますので、外貨建MMFで資産を増やしていくという商品ではないと思いますが、定期預金と違っていつでも解約できますし、普通預金よりは金利が高いので使い勝手は悪くないと思います。

解約時の税金のことを考えたら、円高とかタイミングを考えなくてもよい外貨普通預金に預けておくのが一番無難です。

金利をとるか、安全をとるか、です。

私はネットで調べてみるだけではよく分からず実際に試して納得したかったので、はじめは100ドルで試してみました。

解約してみるまでどうなるかは分かりませんが、また毎月レポートしたいと思います。


配当・配当金ランキング

株式投資人気ランキングへ



style="display:block; text-align:center;"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5305997651">












↑このページのトップヘ