配当金だけで生活できるその日まで

4%以上の高配当株をメインに取引記録を報告するブログ

タグ:貸株

GMO証券のほうで行っている貸株金利アップキャンペーンのお陰で、11月もけっこうな額の貸株金利をいただきました。

12046

4,355円って結構大きいですよね。

毎月これくらいただけたら最高なんですが、残念ながらこの金利アップキャンペーンは12月24日までなので、1月からはガクンと減ってしまいます。


9月分 731円
10月分 3,848円

でした。私は権利前には手動で貸株を外しているので、「配当金」として問題なく受け取れています。年4回配当のある銘柄は貸株解除をするのを忘れてしまいそうなので、貸株にしていません。

優待のある銘柄は自動的に権利前には貸株を外してくれるので便利なのですが、配当のみの銘柄も自動的に外してもらえるようにしてほしいです。

松井証券のほうも10月分、11月分は「預株」申込みをしていたのですが、1円も金利がついていなかったので申し込み解除しました。


▼ランキングに参加しています(^o^)
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">









GMO証券のほうがまた貸株金利10倍キャンペーンをしているので、10月分の借株金利は合計3,848円となりました。

11041

11月20日に入金ですのでまだ入金になっていませんが、貸株をしているだけで1ヶ月で3,848円はけっこうありがたいです。

12月24日まで10倍キャンペーン中なので、あと2ヶ月はこのくらいの金利がいただけそうです。

▼10倍対象銘柄
・日経225銘柄
・10~12月に権利確定日が到来する銘柄(株主優待銘柄)
・ETF
・REIT

なので、REIT保有率高めの私は恩恵を受けています。

是非定期的にキャンペーンを実施していただきたいです。

*****

世間では3連休でしたが、お店の方は祝日も関係なく営業しているので、連休中は鬼のように混みます。今週は木曜・金曜・土曜と出勤でしたがもう体力を全部奪われました(笑)

寝て起きて通販の発送して、すぐさまシャワー浴びて仕事から帰ったら即爆睡の3日間でした。

というわけで昨日はブログも更新できず。本当は書きたいことたくさんあったんですがまた明日更新したいと思います。

コメントも明日返します☆


配当・配当金ランキングへ

株式投資人気ランキングへ

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">











今年の6月末から私名義のGMO証券のみ、貸株設定をしているのですが、9月まで貸株金利アップキャンペーンをしていたこともあり、8月は1,066円の貸株金利をいただきました。

過去にいただいた金利は以下のようになっています。

2017年6月→135円

2017年7月→474円

2017年8月→1,066円

2017年9月→731円

私が保有している銘柄は0.1%のものが多いので、あまり期待していませんでしたが、0.1%でも1,000万円保有していると年間1万円いただけるかと思うと、ちょっとしたお小遣いですね。


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="4464367899">



貸株については、権利確定前に自分で貸株を解除しないと「配当金相当額」になってしまう恐れがあるため、いちいち手動で貸株を解除したりと手間もあるのですが、私のように毎日証券会社のサイトにログインしている人にとっては、別に大した手間ではないと思っています。

普段本業で忙しくされている方にとっては0.1%のためにそこまでねぇ。と思われるかもしれません。

ちなみにGMO証券のほうで今日から12月24日まで貸株金利10倍キャンペーンが始まりました。REITを含め、私の持株も金利1%の銘柄がいくつかあり、9月権利確定銘柄については貸株設定を外していましたが改めて設定し直しました。

1022
↑意外と金利1%銘柄が多いです


金利一覧を見ていましたら、マックハウス (7603)等は通常の配当利回りが4.45%で貸株金利が3%となっています。ちなみに10万円以内で買付できる銘柄となっています。配当利回りだけで見てもおいしいかもしれませんね。ジーンズカジュアルのチェーン店みたいですが、わたしこのお店知りません(((( ;゚д゚)))

行きつけのお店だよ!って方には優待もあるみたいですし、良いかもしれません。


配当・配当金ランキングへ

株式投資人気ランキングへ

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">














昨日、貸株について書きましたが、「優待実施のない銘柄の配当については自動的に貸株解除にならず、配当金相当額として支払われてしまうのか?」という疑問を証券会社のほうに問い合わせてみました。

回答が来ましたのでお知らせしたいと思います。

_________________________

貸株サービスでは、貸株設定中に配当の受け取りに関する権利確定日を跨いだ場合、配当金に代わって[配当金相当額]が支払われます。
貸株配当金相当額につきましては雑所得として 総合課税の対象となります。

株主優待のある銘柄の場合、優先設定にて「優待優先」を選択いただくことができます。
優待優先で貸株を実行した場合、株主優待の権利を取得できるように、自動で貸株設定の解除が行われますので、お客様ご自身で貸株解除の操作は不要でございます。
解除されるため、配当金としての受取となります。

また、優待権利確定を伴わない権利確定(株主優待を実施しない場合)において配当金を受け取りたい場合は、ご自身で貸株設定を解除していただく必要がございます
※武田薬品工業 [4502]については、株主優待を伴いませんので解除されない場合には配当金相当額としての受取になります。

解除:権利付最終売買日(例:3月28日)の15時半までに解除申込 
設定:権利確定日(例:3月31日)の15時半までに貸株申込 
 ※ただし、解除中に売却をすると配当金相当額になる場合があります。
 ※「優待優先」「金利優先」でも同じです。
_________________________



style="display:block; text-align:center;"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="4464367899">




やはり、優待を実施しない銘柄の場合、「優待優先」を選択していても自動的に権利確定日に合わせて貸株解除はされないようで、「配当金相当額」として支払われてしまうようです。

配当金相当額の一番のデメリットは雑所得扱いとなるため、特定口座にしていても売却益や配当との損益通算ができません。

あいたたた・・・

今回の件で勉強しましたので、優待実施のない銘柄については都度貸株を解除していきたいと思います。


ただ、7月・8月権利確定の数社は配当金相当額として支払われてしまいます。
勉強代ということで(´Д⊂)


配当・配当金ランキング

株式投資人気ランキングへ



style="display:block; text-align:center;"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="4464367899">










貸株をすると0.1%〜の金利がつきますが、そのデメリットとして「配当金が配当金相当額という扱いになり損益通算できない場合がある」というものでした。

でも、「優待優先」を選択しておけば自動的に権利確定の期日前に貸株解除になるので問題ない。という記事を読み油断していました。

確かに優待のある銘柄については配当金として受け取ることができましたが、優待がなく配当のみの銘柄については、「配当金相当額」として入金されてしまいました。

8281


それから、●年以上保有の場合は優待のグレードをアップします。といった銘柄についても、貸株設定をしてしまうと適応されなくなってしまうようです。この件に関しましては個人の方のブログでの情報ですので実際にそうか確認していませんが、私の保有銘柄では日本取引所グループ [8697]だけは3年以上保有していると、いただける優待がクオカード3,000円分→4,000円分にアップするので、念のため貸株を解除しました。

貸株については、様々な情報が飛び交い、実際にやってみないとそのメリット・デメリットが分からないのでGMO証券のほうだけ貸株にして、他は貸株設定はしていません。

実際にやってみて、配当の受取を「株式数比例配分方式」を選択しているにも関わらず、優待もある銘柄の配当については銀行へ振り込まれています。

ここも謎なんですよね。

後で証券会社へ問い合わせてみようと思います。

一番良いのは任せきりではなくて、権利確定前になったら自ら貸株を解除して、また自ら貸株設定をすることなんでしょうね。

設定し忘れないように管理するのは面倒ですが、貸株金利が欲しいのであればそれくらいの手間は惜しまずやるべきです。

では一体どれほど貸株金利って貰えるのか?もちろん投資額によっても異なりますが、私の場合は5月から貸株を始めて約4ヶ月で1,598円です。

8282

1ヶ月平均400円くらいでしょうか。

GMO証券での評価額は4,809,500円となっています。8月に取得した3銘柄についてはまだ反映されていませんが、この手間をかけてこの金額が見合うと思うか、馬鹿らしいと思うかはあなた次第です。

私はきちんと配当金として受け取れ、特定口座内での損益通算の対象になるのであればありだと思っています。

今年は試しに色々実践してみて、損をしながら勉強の年にしようと思っているので、来年からはそれを踏まえて他の証券会社についてもどうしていこうか決めようと思っています。

また、証券会社によっても仕組みが異なると思いますのでそれぞれ自分の利用している証券会社に確認するのが一番だと思います。


配当・配当金ランキング

株式投資人気ランキングへ



style="display:block; text-align:center;"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="4464367899">












↑このページのトップヘ