配当金だけで生活できるその日まで

平均4%以上の高配当株を長期保有して複利で増やしていきます。目指せ1億円!!

タグ:銘柄

ようやく!!第一目標だった「年間受取配当金額100万円(税引後)」を達成することができました。


以前からやろうと思っていた利回りの低い銘柄から高い銘柄へ乗り換える作業をいくつかしまして、追加投資資金なしで銘柄を入れ替えました。


まずは先日売却したさくら総合リート投資法人 投資証券 (3473)2口・スターアジア不動産投資法人 投資証券 (3468)1口の資金でヘルスケア&メディカル投資法人 投資証券 (3455)タカラレーベン不動産投資法人 投資証券 (3492)を買い増し。

_20190605_231139

ヘルスケア&メディカル投資法人 投資証券 (3455)は合計6口・タカラレーベン不動産投資法人 投資証券 (3492)も6口になりました。

売却した資金は米国株買付に充てる予定でしたが、予想外にすんなり騰がってしまったため、JREIT買付に充てました。


また、利回り3.91%と4%を切ってしまった平和不動産リート投資法人 投資証券 (8966)を3口中1口売却(+31,695円

年間4,800円の分配金予想ですが、利益確定をする基準として2年分の分配金(予想)額よりも含み益が出ていて、利回りが低下した銘柄。と個人的に定義しています。今回は約6年分の分配金以上になりました。

_20190605_231038

売却した資金で他REITに注文を入れていましたが約定されずでした。

今回買い増した銘柄は貸株金利が1%つく銘柄でしたのでGMO証券で買付しました。




_20190606_024938

更に家族名義のスマートプラスのほうでも、大江戸温泉リート投資法人 投資証券 (3472)を1口買い増し。合計3口に。買付資金が不足していたので、買いすぎてしまった日経平均高配当株50指数連動型上場投信 (1489)を32,150円で1口売却(地味に250円の損だし)合計15口に。


ということで、年間受取配当金・分配金(予定)は1,001,743円(税引後)となりました。

1ドル108.37円換算ですので、ドルが下がれば100万円を切ってしまいますので、余裕を持ってもう1銘柄早急に買い増したいと思います。


他にも利回りの低い銘柄がいくつもありますので、時間のある時に随時銘柄の入れ替えをしていきたいと思います。


今回銘柄の入れ替えに踏み切ったのは、JREITの適時開示を見ていてどのREITも「より利回りの高い物件への入れ替えを積極的にしている」と感じました。


売却益もあり、その資金でより利回りの高い物件へ乗り換え、利益を拡大している構図は株式投資でも同じで、株価が上がろうが利益確定せずにひたすら保有しておくべきなのか、利益確定して他銘柄の買付に回すべきかの正解はありませんが、全てを入れ替えなくとも、利回りが下がってしまった銘柄の一部は、より利回りの高い銘柄へ入れ替えるのも1つの方法だと思っています。


今ちょこちょこと口数を増している銘柄達も、数年後に株価が上がり利回りが下がるかもしれません。そうなった時に6口中の2口を手放し、他銘柄の買付に回す。等がしやすいように極力1単元の単価が安い銘柄に絞って買い増すようにしています。

1単元が50万円以上するような銘柄は私の資産規模では1単元しか保有できないので、一部を売却するようなことができないので、今は買いを控えています。


株の売買では、取引頻度が多い程手数料がかかって結局損をする。下手に取引をしないほうが懸命だ。という考えもありますが、今回家族名義で利用したスマートプラスのように売買手数料のかからないアプリや、GMO証券のように優待で売買手数料がキャッシュバックされる範囲内での取引であれば、手数料のことは考える必要がなくなります。


どちらにしても正解はありませんので、ひとまずは銘柄の入れ替えを一部してみて様子を伺ってみようと思っています。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)




















5月はズルズルと下がりましたので、ちょこちょこと買付をしました。

ただ、今後もダラダラと下がる可能性があるので、まだまだ高値かもしれません。


■そんな5月の米国株買付状況です。
FireShot券)-オンライント国株式取引_ - ht

30日にVYMJXIが約定されていました。

5月の買付はNISA(ETF)2058.7ドル分・特定口座で3054.77ドル分となりました。


S&P 500高配当株式ETF(SPYD)は買ってから徐々に下がり、早速の含み損となっていますが、こればかりは読めませんので買ったことに後悔はしていません。

■2019年度米国株・買付状況
1月 NISA994.07ドル分
2月 NISA577.25ドル分・特定口座3320.86ドル分
3月 0
4月 NISA1292.36ドル分
5月 NISA2058.7ドル分

となっています。騰がっていた3月に無理して買付しなかったのは正解でした。

その分の枠で5月は多めに買付ができました。

米国ETFに関してはバランス良く買い増ししました。
今後も下がれば少しずつ買い増していきたいと思います。


2019年度の残りNISA枠は614,470円です。
全て米国ETFで埋めていきます。

買付手数料がかからないのでちょこちょこと買えてありがたいです。
ETFだけでなく個別株も無料になればもっと良いのですが、ETFが無料になるだけでも助かります。


▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)














5月29日の取引です。昨日1口売却したさくら総合リート投資法人 投資証券 (3473)を91,800円でもう1口売却して残り1口にしました。

FireShot Cリック証券_ - hom_sec1-1_

+6,943円のプラス

6月は権利月ですし、何もなかったかのように値が騰がっていくのかは分かりませんが、リスクを少しでも減らしておきたいと思って売却です(リスクに関する詳細は昨日の記事をご覧ください)。

残り1口はこのままホールドしておくことにします。

代わりにタカラレーベン不動産投資法人 投資証券 (3492)に注文を入れていましたが約定されずでした。

5月権利銘柄の権利落ち日でしたがそこまで下がっておらず、焦って高値掴みをしても仕方ないので、このところ下がっている米国株買付資金に充てればいいかな、とも思っています。


米国株の監視銘柄をしげしげと眺めていたのですが、ここを買えば間違いない!!と思える銘柄もなく、ちょびちょびとETFを買って終了。

iシェアーズ 米国リート ETF (1659)もほんの少し買い増ししたりしましたが、指値でなかなか約定されず、約定されていたのは本当にかわいい額です。

5月末までに買い増したETFはまとめて更新したいと思います。


改めて銘柄選びって難しいですね。

利回り5%以上あって、数十年と減配がなく安心して長期保有しておける銘柄なんてそうそうありません。

S&P 500高配当株式ETF(SPYD)が利回り5%以上になるまで下がるまでじっと待つか・・・

32ドルまで下がることはそうそうない気もしますが、もしそこまで下がることがあればためらわず買いにいきます。


こうやって銘柄選びで悩んでいる時間は楽しいですね。完全に「趣味」となっていますので、時間さえあれば延々見ていたいです。

なかなか仕事も家事もやらなければならないことが多く、時間を割けるのは少しの時間ですが1人でパソコンに向かっている時間は至福のひとときです。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)

















今日は日経平均が久々大きく下げました。

3月権利銘柄までもがセール状態で、このままズルズル下がるかもしれませんが、いくつか取引をしました。

Screenshot_20190325-182959~01

▲まずはスマートプラスのほうで日経平均高配当株50指数連動型上場投信 (1489)を34,000円で1口買い増し。相場全体が下がっている時にはETFを買うのが一番かと思われます。


Fック証券_ - http.click-sec.com_sec1-2_

▲またGMO証券のほうで、ずるずる値が下がるエフティグループ (2763)を138,900円で売却。配当利回りも4%を切ってしまっていたのでいつか売却予定でしたが、上がりそうもないので100株残して売却。+42,395円


その資金で更に下がった日経平均高配当株50指数連動型上場投信 (1489)を33,900円で1口買い増し。合計で6口の保有となりました。


また、3月権利の日特建設 (1929)を604円で100株新規買付。買値での配当利回りは4.63%。5%以上の利回りにまで下がったら買いたいと思っていましたが、1単元の買付価格も手頃なので100株だけ買いました。

日特建設 (1929)は麻生グループの傘下で、特殊土木大手の大手で災害復興工事等、工事採算も高水準とのことで、しばらくは安定した収益が見込めそうです。

配当も10円→17円→24円→28円の予想で増配傾向にあります。

今後の増配に期待して利回り5%以下ではありますが、買付しました。


Screenshot_20190325-183039~01
▲また、家族名義の特定口座で3月権利のモーニングスター (4765)を313円で100株新規買付。画像では買付手数料が加算されていますが、10万円以内の買付のため手数料はかかりません。家族名義の特定口座で買付た理由は昨年度の損失分と、3年間配当が繰越控除できるので少しは特定口座でも保有しておこう。と思いまして。

モーニングスター (4765)は、投資信託データ販売と投信運用、セミナーが3本柱の会社になります。

Firesite2.sbi.co.jp_ETate_

連続最高益、増配が続いています。

全くノーマークの銘柄でしたがTwitterで教えていただきました。

配当利回りは4.51%


優待として「株式新聞」のWEB版等が半年間無料で閲覧できるのと、2,779円相当の自社関連会社商品(サプリメント)引換券が1枚いただけます。

orningstar.co.jp_company_release_pdf_pdf

正直、優待はないものとして今後の増配に期待しての買付です。1単元の買付価格もお手頃ですので気長に保有してみます。

*****

こうして見てみると意外とちょこまかと買付しました。

1単元が10万円以内の銘柄ばかりなので、買付金額は少ないですが気になっていた監視銘柄が買えたので良しとします。

米国株がまた少し下がっているので、明日も下げそうですが買付余力を残しつつ、少しずつ拾っていきたいと思います。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)















以前、お問い合わせいただいたiシェアーズ 米ドル建てハイイールド社債 ETF(為替ヘッジあり) (1497)について、分析してみたいと思います。


SBI証券で買付できるETFの分配利回りランキングを見てみます。
Firec.co.jp_marble_

ETFで利回りが3.5%以上あれば良いほうだと思われます。利回りが3.5%以上ある銘柄は全部で7つありました。7つめは信託報酬が高いので一旦置いておきます。


1位はお馴染みの上場インデックスファンド新興国債券 (1566)で利回り5.9%


次いで2位にランクインしているのが今回分析してみるiシェアーズ 米ドル建てハイイールド社債 ETF(為替ヘッジあり) (1497)で利回りは4.91%となっています。


3位のiシェアーズ 米国リート ETF (1659)は今年から家族名義のほうで買い始めました。
以前買付した時の記事はこちら


4位NEXT FUNDS 金融(除く銀行)(TOPIX-17)上場投信 (1632)は保有していません。


5位のNEXT FUNDS 日経平均高配当株50指数連動型上場投信 (1489)は、先日分析してみましたが、監視リストに入れて買い時を伺っています。


6位の上場インデックスファンドアジアリート (1495)は個人的に気になっているので後日、分析したいと思っています。


ということで、今回は利回り4.91%iシェアーズ 米ドル建てハイイールド社債 ETF(為替ヘッジあり) (1497)についてです。

4.91%の利回りはとても魅力的ですが、一体どのような商品なのでしょうか?

Markit iBoxx米ドル建てリキッド・ハイイールド指数(TTM円ヘッジ付き)の動きに連動する投資成果を目指します。

・1口単位で買付可能なので2,400円程〜投資が可能
・年4回分配金支払い
・信託報酬 0.58%
・組入銘柄数 966
・為替変動リスクを低減している


そもそもハイイールド債とはなにか?
利回りが高い代わりに「信用格付の低い債権」のことで、ハイリスク・ハイリターンとなります。

社債なので、信用力の低い複数の会社へ投資するイメージです。


iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債 ETF(HYG)が円で買えるETFということになりますが、(HYG)は毎月分配があり利回りは4.87%1497は年4回(1・4・7・10月)の分配金となっています。

暴落時には大きく下げる危険性もあり、その辺は十分覚悟して保有しておかなければなりません。

リスクが大きい割には利回り4.91%では少々割に合わないような気がします。
せめて6%以上は利回りが欲しいところ(個人的に)


極力リスクをとりたくないのであれば、米ドル建て投資適格社債へ分散投資ができるiシェアーズ 米ドル建て投資適格社債 ETF(為替ヘッジあり) (1496)のほうが安心して保有できるかと思われます。

投資適格社債とは社債の中でも信用力が高く、リスクが低い社債と言われています。こちらも日本円で買付ができます。

ただ、リスクが低い分利回りも低くなっていて、利回りは3.09%程ですが先進国国債よりは利回りが高くなっています。


先進国国債に投資ができるETFとしては上場インデックスファンド海外債券(FTSE WGBI)毎月分配型 (1677)がありますが、1単元あたり50万円程の資金が必要になるのがネックで、利回りも3.02%と低めです。

実は初めにインカムゲイン投資に方向転換しようと考えていた時に、上場インデックスファンド海外債券(FTSE WGBI)毎月分配型 (1677)は買付有力候補銘柄でした。

当時は利回り3.3%程でさほど高配当ではありませんが、毎月定期的に分配金がいただけるのは魅力的だな。と考えていましたが、最近は分配金も徐々に下がってきていて利回りも下がってきています。


ということで、話はそれてしまいましたが、iシェアーズ 米ドル建てハイイールド社債 ETF(為替ヘッジあり) (1497)リスクを考えると現在の利回りでは旨味が少ないな。

というのが個人的な感想です。

ETFを保有する最大のメリットは、個別では管理できない程の複数の銘柄が組み入れてあることにより、リスクの分散を図ること。銘柄の入替えを自動的にしてくれるため、手間がかからず極力リスクが少ない。

という点だと思っていますので、信用力の低い会社が数百と集まっているETFでは不安要素が多いため、安心して長期間保有し続けていくことは難しいかもしれません。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)












↑このページのトップヘ