配当金だけで生活できるその日まで

平均4%以上の高配当株を長期保有して複利で増やしていきます。目指せ1億円!!

タグ:(1566)

上場インデックスファンド豪州リート(1555)上場インデックスファンド新興国債券 (1566)より分配金をいただきました。


共に3月権利で4月17日の入金です。


上場インデックスファンド豪州リート(1555)からは1口あたり9.4円でNISAで150口・特定口座で100口保していましたので(現在は390口)税引後2,160円をいただきました。


買付時からの損益は-153,500円と大きくマイナスになっています。


利回りは5.51%


長いこと安定した値動きが続いていましたのでここまで下がるとは驚きです。


オーストラリアのREITになりますが、オーストラリアのコロナの被害はそこまで深刻なのでしょうか。

オーストラリアの4月22日現在感染者数は6,647名・うち死亡者数は74名

日本と比較してみると感染者数は11,350名・うち死亡者数は277名


オーストラリアの被害が他国に比べて極めて深刻というわけでもなさそうです。最もコロナの影響が株価に直接影響をもたらしているわけでもなく、オーストラリアと密な関係にある中国の影響だったり他に下がる要員はいくつもあるのかもしれませんが、とにかくボコボコに売られています。


ここで分配金が今後も下がらないという確約があれば全力で買い増していくところですが、そんな保証はありません。


分配金さえ今の水準が続いてくれれば株価が戻るのに5年かかったとしてもゆったり待っていられますが、早い段階で減配になって以前の3%台の利回りに落ち着いてしまうとなると、今後継続して保有を続けていくべきか悩ましいところです。


しかもNISAで買い増しを行っているため損だしもできません。


NISAで買ってしまったから5年間は売れない。というイメージが強すぎて減配のアナウンスを受けてもNISA期間終了時までには以前の配当に戻っているのではないか。株価も戻っているのではないか。という期待も込めて保有を続けてきてしまいましたが、今後は減配となった際にはNISAであっても最小限のダメージに抑えるべく、速やかに売却することとします。


また、上場インデックスファンド新興国債券 (1566)からは1口あたり419円でNISAで1口・特定口座で8口保有していますので税引後3,093円をいただきました。


買付時からの損益は-52,990円


利回りは5.99%


500円台だった分配金がじわじわ下がってきていますが、大幅に減配されるわけではなく上手に気にならない程度に下がっていて、上手いやり方です。出来高も少なすぎますし、いつか売ってしまおうと思いつつ保有を続けています。


最近では5%台の利回りの銘柄もゴロゴロあるので飛び抜けて高配当というわけでもなくなってきていて、余計に手放すべきかで悩ましいところです。近いうちに手放すかもしれません。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)

















上場インデックスファンド豪州リート(1555)上場インデックスファンド新興国債券 (1566)より1月権利分の分配金をいただきました。2月18日の入金です。


上場インデックスファンド豪州リート(1555)からは1口あたり9円でNISAで80口・特定口座で120口保有していますので税引後1,438円をいただきました。

買付時からの損益は+19,630円

利回りは3.15%


国内株式|SBI証券 (7)

このところ値が上がっていて買い増しできていません。


1,650円以下に下がったタイミングでも利回り3.27%程です。


昨年特定口座で買い増ししましたが、1,577円まで下がったのは絶好の買い増しポイントでした。少しずつしか買い増ししていなかったので120口しか増やせなかったのが今となっては悔やまれますが、今後も1,600円以下まで下がった時には、少し多めに注文を入れようと思います。


どうしても性格上、様子を見ながら少しずつ少しずつ買っていきたいので、10口ずつとか注文をいれていました。10口といっても1口あたりが1,600円以下でしたので、1万6千円くらいの注文を金額を変えながら注文しているような状況です。


大きく資産も増えませんが、大きく減ることもないのでこの臆病すぎる性格も悪くはないと思っていますが、上場インデックスファンド豪州リート(1555)に関してはアラート登録した値まで下がった時には勇気を出してもう少し買い増していかないとですね。




上場インデックスファンド新興国債券 (1566)からは1口あたり420円でNISAで1口・特定口座で8口保有していますので税引後3,098円をいただきました。


買付時からの損益は+3,710円
(損だしで一旦売却したりしているので、実際のマイナスはもっと多いです)


2017年頃までは500円台の分配金が続いていましたが、2018年から少しずつ下がってきて100円近く下がってしまいましたが、それでも利回りは5.22%あります。


出来高が少なすぎるのが気になります。

国内株式|SBI証券 (9)

出来高158???

売買代金762万円??


以前は高配当ETFとして色んな方のブログで紹介されていましたが、インカム投資家の皆さん、見切りをつけちゃったのかな?


2018年から右肩下がりに値が下がっていましたが、このところ底を脱したのか、安定してきました。

国内株式|SBI証券 (8)

こうして見てみると7ヶ月間下がり続けていたんですね。もっと長く感じましたが、毎日下がっていく感じでこの先保有を続けていくべきか悩みましたが、安定してきてくれてホッとしました。


今後またこのようなことがあるかもしれませんが、今のところは利回り5%以上あって値動きも安定してきているので、保有数を増やしても良いのではないかと思うようになってきました。


なんといっても年6回分配金支払いがありますし、特定口座で保有していれば最悪値が下がっても損だし要因で活躍してもらえば良いです。

これってすごく便利なんですよね。

配当金がメインの投資スタイルですと、一部含み損銘柄が出てしまっても、あえてマイナスで売却することによって税金が取り戻せるので、無駄にならないので多少は値が下がったとしても気にせずにいられます。


でもマイナスが出ても良いのは特定口座での話ですので、NISA枠で買う銘柄は本当に悩みます。NISA終了まで

・極力含み損にならない
・減配にならない

であろう銘柄選びが非常に難しい!!


上場インデックスファンド新興国債券 (1566)は新興国への投資になるので、今後の値動きも読めませんし、分配金もじわじわと更に下がって行く可能性もあるかと考えるとNISAでの保有はできません。


上場インデックスファンド豪州リート(1555)は分配金も安定していて、そこまで大きな暴落は過去きていないのでNISA向きだと思っています。3.5%程の利回りがあればすぐにでも買付けしたいのですが、現在3.15%


いくら安定しているとはいえ、3.15%では悩むところです。


でもこうして銘柄選びで悩んでいる時間が好きなので、明日もあれこれ悩みながら買い進めていきたいと思います。




▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)


















隔月分配金支払いのある上場インデックスファンド新興国債券 (1566)上場インデックスファンド豪州リート (1555)より11月権利分の分配金をいただきました。


上場インデックスファンド新興国債券 (1566)からは1口あたり420円で特定口座で8口(現在は7口)・NISAで2口保有中のため、税引後3,518円をいただきました。


買付時からの損益は+1,460円


利回りは5.25%


前回の411円よりは増額しましたが、2年前には500円台あったかと思うとかなり分配金は下がりました。それでも5%以上の利回りはありますので継続して保有していきますが、300円台にまで下がるようになってきたら、保有を続けるかは考えます。


また、上場インデックスファンド豪州リート (1555)からは1口あたり9.2円で特定口座で150口・NISAで30口保有中のため、税引後1,470円をいただきました。


買付時からの損益は+6,490円


過去分配金は9円〜9.4円の範囲でとても安定しています。


利回りは3.36%


利回り的には少し物足りないものがありますが、値動きも緩やかで分配金額もほぼ一定と安心して長期間保有しておけるETFです。


円でオーストラリアのREITに投資できるので、為替手数料や現地課税が差し引かれることもなく、1口あたりの買付価格もお手頃なのでコツコツ買い増していけて少額投資家にも買付けしやすいです。


来年は家族名義のNISAで積極的に買い増していきたいと思っています。


隔月で分配金がいただけるのも、モチベーションアップに繋がります。


▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)


















上場インデックスファンド新興国債券 (1566)上場インデックスファンド豪州リート (1555)より9月権利分の分配金をいただきました。10月18日の入金です。

上場インデックスファンド新興国債券 (1566)からは1口あたり411円でNISAで1口・特定口座で8口保有していますので、税引後3,033円をいただきました。

買付時からの損益は-7,075円

利回りは5.23%


分配金額はじわじわと下がってきています。

1566 - 上場インデックスファ|日興アセ


2017年3月分と比較すると100円下がっていて、年間600円の差は大きいです。

利回り5%を切り、ダラダラと分配金が下がるようでしたら今後の保有について考えなくてはいけませんが、ETFで利回り5%以上もあることのほうが稀ですので、3.5%くらいまででしたら許容範囲なのかもしれません。


続いて、上場インデックスファンド豪州リート (1555)からは1口あたり9.1円でNISAで80口・特定口座で100口保有していますので、税引後1,454円をいただきました。

買付時からの損益は+10,830円

利回りは3.35%

一度も損だししていませんが含み益が出ていて何よりです。


利回りが少し物足りないものがありますが、利回り3.5%まで値が下がったタイミングで買い増しするようにしていますので買付ベースでの利回りは3.5%程となっています。


今後も一時的に値が下がったタイミングで買い増していこうと思っています。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)


















上場インデックスファンド新興国債券 (1566)
上場インデックスファンド豪州リート (1555)より7月権利分の分配金をいただきました。8月16日の入金です。


上場インデックスファンド新興国債券 (1566)からは1口あたり426円で、NISAで1口・特定口座で9口保有していましたので(現在はNISA1・特定口座8)税引後3,483円をいただきました。

買付時からの損益は-15,225円


過去分配金は少しずつ下がってきています。
FireShot Capture _lineup_bcem#bunpai

2017年度は500円台が続いていましたが、このところ400円台に入り、更にじわじわと下がってきていますが、投資口価格も比例して下がっているため、利回りは426円×年6回を基準としても5.5%あります。

新興国への投資になりますので、リスクがあるのは覚悟の上です。

含み損は年末に損だし要因として活躍してもらいます。


それでも年6回の分配金は魅力があり、いくら値上がり益があっても分配金の少ない銘柄を保有しているよりも、保有していてストレスがありません。


この辺りは好みの問題になってくるので、あまりオススメ!とは言い難いETFではありますが、今後も継続して保有していくことでしょう。


また、上場インデックスファンド豪州リート (1555)からは1口あたり9.3円でNISAで80口・特定口座で40口保有していましたので(現在はNISA80・特定口座100)税引後1,042円をいただきました。


買付時からの損益は+1,090円


なかなか値が下がらず買い増しできていませんでしたが、このところ下がるタイミングが何度かあったので少しずつですが買い増ししています。

昨日の終値での利回りは3.46%

高配当とは言えませんが、過去分配金も安定していて年6回分配金がいただけますので、ポートフォリオの一部に加えていても良いかと思っています。

下がればもう少し買い増したいです。

分配金の少ない月にも入金が入るので、モチベーション維持のためにも一役買ってくれている存在です。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)















↑このページのトップヘ