配当金だけで生活できるその日まで

平均4%以上の高配当株を長期保有して複利で増やしていきます。目指せ1億円!!

タグ:NISA

米国株はこのところ大幅な下落もなく、なかなか買い増しができていません。一応指値で注文は入れていますが約定されません。

FireSh - https___global.sbisec.bOrder

焦って高値で買っても仕方ないので、のんびり待つとしましょう。


今、一番注目しているのは先日も書きましたがSPDRポートフォリオS&P 500高配当株式ETF(SPYD) 

S&P 500採用銘柄の中から利回りの高い銘柄を集めたETFになります。

利回りも4.2%程と、ETFの中では良いほうです。ただ、今買ってもまた天井で買ってしまった・・・となりかねないのでじっと監視する日々です。


FireSオンライントレードで外国_ - ht

36ドル付近で買えたらいいな・・・と思っていますが、このまま上がり続けるのか、調整はやってくるのか、分かりませんが買うならば特定口座のほうで買い付けする予定ですので、まとまった額を買わないと手数料負けしてしまいます。

NISAであれば1口ずつ様子を見ながら買い増していけますが、すでにNISAでは8銘柄保有していますので、これ以上銘柄数を増やしすぎても1銘柄あたりの割合が減ってしまいますので、悩むところです。


仮に今よりも2ドル下がったら買おう。とタイミングを伺っていて数年経っても下がらなかった場合、今買付して年間1.6ドルの分配金を貰ったほうが良い場合もあります。

こればかりは分かりませんが、買うタイミングを考えている時間もまた楽しい。

ということで、自分なりにあれこれ考えて答えを出そうと思っています。


時間を戻せるならば、VTVYMの分をSPYDの買付に回したかったな〜

と思います。米国ETFはNISAで買付すれば買付手数料が無料になるので、1口ずつちょこちょこ買い増しができてかなり便利です。

下がれば買い増して、また下がれば買い増して、とできるので買付時期を分散することができるのは非常にメリットがあります。


手数料を気にしなければ特定口座でも1株(口)ずつなど買うことはできますが、最低手数料が5ドルかかりますので、トータルの手数料を考えると非常に効率の悪い買い方となってしまいます。

将来的に米国株の売買手数料が安くなることを期待していますが、現状は手数料のことを考えて買付していかなければならないので、そう考えると円で買付できる米国商品のETFは為替手数料もドル転の手間もありませんし、多少利回りは低くても1口ずつ等のちょこまか買いもできるので、非常に便利な商品だと思います。

もっと選択肢が増えてくれればありがたいです。


▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)
















配当金も売却益も非課税で運用ができる、とてもありがたいシステムNISAですが【非課税期間は5年】というイメージが強いですが、非課税期間が終了した後はどうなるのでしょうか?


私は2017年からNISA枠を使い始めましたので、2021年には一旦終了となります。

その後の選択肢としては

ロールオーバーする
更に5年間非課税で運用を続けることができます。計10年間非課税で配当金を受取り続けることができるんですね。ロールオーバーを希望する際にはNISA期間終了の年に書類の提出が必要(SBI証券の場合)。2018年は12月7日が返送期限でした。意外と締切が早めなので注意が必要。忘れていると自動的に「特定口座(一般口座)への移管」となってしまいます。評価格が120万円を超えていてもロールオーバー可能


特定口座へ移管する
含み損が出ていて、これからも下がりそうな銘柄に関しては特定口座へ移管する手もあります。特定口座へ移管後、更に含み損が膨らんだ場合は、マイナスで売却して損だしして損益通算することもできます。移管した場合、NISA時に取得した価格ではなく移管時の価格となります。NISA期間内の含み損は持ち越せません。


NISA期間終了前に売却する
含み益が出ているが買付時よりも利回りが下がってしまった場合や、もっと利回りの高い銘柄に乗り換えたい場合、非課税期間内に売却するのも1つの手です。売却益に対する税金がかからないので、大きく含み益が出ている場合等も一旦売却したほうが良いかもしれません。


この3つの選択肢の中から、自分の保有状況に合わせて選択していきます。

Fo.jp_ETGate_
↑私の場合ですと、日産自動車 (7201)あたりは特定口座へ移管したほうが良さそうです。現状価格が下がったことにより利回りは6.23%もあります。減配がない限りは手放す必要もないと思いますが、万一減配になった際には更に株価が暴落する恐れがあります。そうなった場合には速やかに売却したいと思います。

伊藤忠商事 (8001)は含み益が出ていて利回りも4.17%とさほど高くないので、終了前に売却すると思います。あくまで現時点での状況なので、2021年には日産自動車 (7201)も株価が回復に向かうかもしれませんし、更に下落しているかもしれません。どうなっているか分かりませんが、現時点で考えるならば、です。



仮に50万円分ロールオーバーした場合、残りの70万円分は更に翌年のNISA枠で新規買付が可能

これは素晴らしいシステムです。全額ロールオーバーしなかった場合は、残りの枠を翌年(6年目)のNISA枠として、新規買付が可能です。実質5年ではなくて10年と書いても良いのでは?と思います。

なので、せっかくのNISA期間が5年間伸びるのならば全額ロールオーバーしたほうが得なのでは?という考えはなくなります。

更に利回りの高い銘柄に乗り換えたり、大きく含み益が出ている銘柄等は利確して、新規の非課税枠を作ったほうが効率的です。
(NISA期間内に売却しても、その分の枠は戻りません。あくまでロールオーバーした翌年の場合です)


5年前とは状況も変わってきますし、何で自分、この銘柄を買ったんだ?と思うこともあるかもしれません。5年あれば人間成長しますから、そう思えたなら成長した証なので喜ぶべきことです。


ということで、個人的にはまだNISA終了期間まで数年ありますが、一応5年間の非課税期間終了後はどうすれば良いのだろう?ということは知っておいたほうが良いので、まとめてみました。


配当金・売却益に対する税金が免除される素晴らしいシステムなので、この非課税枠を使わないのは勿体ないです。20.315%の税金はバカにできません。



▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)












4月・5月権利銘柄JREITは上がってしまって、もう権利落ちを狙って買おうと思っていたのですが、今日少し下げたので貴重な5月・11月権利の阪急リート投資法人 投資証券 (8977)を134,700円で1口、家族名義のNISA枠で買い増しして2口にしました。

BeautyPlus_20180406154153_save
(阪急リート投資法人 投資証券 (8977)の銘柄詳細は以前記事にしましたのでこちらをご覧ください。)


次回(5月)分配金は2,950円、次々回(11月)分配金は3,000円を予定しています。

利回りは4.41%とREITの中では低めですが、増配が続いていますので徐々に利回りが上がってくれることを願います。

今回の買付で家族名義NISA枠は残り44,450円となりました。

選択肢が少なくなってきましたが、候補としては4月・10月権利のインベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人 投資証券 (3298)が本日の終値が15,060円ですのでこちらを2口、できたら権利落ち後に14,816円まで下がってくれたら3口買い付けて終了かな、といったところです。

NISAに関しては年間120万円と枠が決まっているので、パズルのように組み合わせていく作業がとても楽しいです。

資金がいくらでもあれば非課税のNISAでちまちま買っていないで、特定口座でガンガン買い付けていけばいいですが、私のような一般庶民は限られた資金の中で悩みながらリスクを分散しつつ、あーだこーだと考えながら買い付けていく必要があります。

でもこれはこれで楽しいので、銘柄選びが面倒くさい・・・と思わずに是非楽しい!と思って銘柄研究をしてみてほしいです。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




▼ランキングに参加しています(^o^)
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)









今日(12月27日)約定分の注文より来年度分のNISA枠が使えるようになります。

ということで、さっそく12月の権利落ちで値が下がっていた銘柄を狙っていたのですが、その中で以前から監視し続けていたキヤノン (7751)を家族名義のNISA枠で買い付けました。

前日よりも130円下げていて4,268円で100株買い付けました。

12271

100株あたりの配当金は年間16,000円の予想で、利回りは3.75%となっています。

NISAでの買付のため買付手数料は無料。
税金もかからず丸々いただけるので3.75%でも充分です。

3,800円以下に下がったらアラート設定をしていたのですが、業績も回復してきて3,800円以下にはしばらく下がらないような気がして、高値掴み感は否めませんが4,268円で買い付けました。

値動きは気にせずにのんびり保有していきたいと思います。

*****

今年中に一般口座で保有している銘柄を全て処分予定でしたが、悩んだ末、すかいらーく (3197)はそのままホールドしました。

権利前に上がらなかったこと、優待廃止(改悪)がまだ決定したわけではないこと、もし改悪等になっても配当・優待合わせて4%以上の利回りがあれば無理して売却する必要もないので様子見をしようと思います。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




▼ランキングに参加しています(^o^)
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)






年間120万円までの売買にかかる売却益・配当金にかかる税金が5年間無税となる、とても素晴らしい制度である「NISA口座」ですが、私は今年開設して何も考えずに欲しい銘柄を順に買ってしまいました。

今年の分は枠が一杯になり今年はもう買付できませんが、振り返ってみて

あーあーしておけば良かった!!


と思うことをこれからNISA口座で取引をされる方のために残しておきたいと思います。

ちなみに私は売買手数料等細かいところを気にする人間ですので、手数料の数百円なんか気にしていて大儲けできるか!という考えの方には全くためにならないかと思います。

限りある資金でコツコツ増やしていきたい方向けに書きますね。


日本株ならば売買手数料が高額な銘柄のほうがお得

まずNISA口座での売買の特権として、私が利用しているSBI証券を例に挙げますと、税金がかからないだけでなく

・日本株は売買手数料が無料
・米国ETFは買付のみ手数料が無料

というメリットがあります。

ということで、最大限NISA口座を活用するためには本来かかる手数料を考えて取引したほうがお得です。

SBI証券のスタンダードプランの手数料は以下の通り。

9052


style="display:block"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout-key="-8g+1n-dw+ep+i2"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5806370114">



もし買付候補の銘柄に50万円以上のものがるとします。本来かかるはずの買付手数料525円が無料となります。また途中で売却したいと思った時にも売却手数料の525円も無料となります。

50万円以上の銘柄ですから、高配当株であれば年間2万円程の配当も期待できます。2万円に対して通常約20%の税金がかかってきますから、本来差し引かれる4,000円もまるまるいただけます。

高額な取引はする予定はない。10万円以内の銘柄をコツコツ買っていくつもりだ。という方は、アクティブプランですと1日の約定代金10万円までは「無料」ですので、せっかく手数料が無料のNISA枠なのに10万円以内の銘柄を買ってしまっては勿体ないです。

もちろん今後、配当や売却の際にかかる税金は非課税になるので、税金分は特になりますが、恩恵を最大限は活かせません。


株主優待が魅力の銘柄はNISAでは買ったら勿体無い

これは本当、最近気づきました。

本来であれば配当(分配金)には約20%の税金がかかりますが、優待には都度税金を引かれることはありません。(年間20万円以上になると確定申告が必要)

例えば配当が年0.5%で優待利回りが5%ある銘柄

非課税になるのは配当部分の0.5%だけですので、かかる税金もわずかです。こういった銘柄は特定口座のほうで保有したほうが得だと思います。


頻繁に売買する予定のある銘柄はNISA向きではない

NISAの非課税期間は5年間。5年間にかかる配当が非課税になるのできっちりその恩恵を受けたいところ。できる限り長期で保有していける安定の銘柄をNISAでは保有しておくべきです。少し値が上がったら利確しようと思っている銘柄は特定口座のほうがおすすめです。


米国個別株よりは手数料を考えたらETF

米国株デビューしたい。でも初めてだし少額から始めたい。

通常米国株は手数料が日本株よりも高く、少額の取引には向いていません。ですが、米国ETFだけはNISAでの買付は手数料が無料になります。お試しに少しずつ買うことが可能です。ただ、売却手数料はしっかりとられますので、将来的に売却する時のことも考えて、買付手数料がいくら無料だからと1口ずつ100銘柄とかに分散してしまうと後が大変です。

最終的に1銘柄50万円ずつくらいに5年かけて増やしていける範囲内で銘柄は絞る必要があります。

米国ETFはNISA口座であっても、税国税の10%だけは引かれます。これは確定申告しても戻ってこないので10%は確実に引かれます。日本でかかる約20%の税金は非課税になります。

米国個別株を取引するならば、特定口座のほうが損益通算もできますし、外国税の10%は確定申告すればいくらかは戻ってくるようなので、特定口座のほうが良いと思います。



NISA口座の一番の欠点は損益通算ができないこと

NISA口座いい事だらけじゃん!と思いますが、欠点もあります。もしも保有株がマイナスになってしまった場合に、売却しても特定口座と違って損益通算できません。これは確定申告しても戻ってきません。

せっかくNISA口座で購入したのに、無配当や減配になって売却したい!でも株価も下がっている!という時に通常ならば売却して損益通算すればいいや。と思えますがそれができないので売る時がすごく難しいです。

理想はきっちり配当を貰いつつ、プラスで売却できれば売却益にかかる税金もかかりませんし、いいことずくめですが、全ての銘柄がそう上手くはいかないので、NISA口座で保有するべき銘柄をまとめると


・買付価格が高額な銘柄
・安定した配当(分配金)が長期間出ている会社
・株価の値動きが緩やか
・高配当だが優待は実施していない会社
・米国個別株よりは米国ETF

ということになります。

そもそもNISAの範囲内でしか投資予定がない方には必要ない豆知識ですが、NISAと特定口座を使い分けていきたい方には少しでも参考になれば幸いです。

また来年、新たな気づきがあるかもしれません。

日々勉強ですので、また新たに思うことが追記していきたいと思います。


配当・配当金ランキングへ

株式投資人気ランキングへ

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">














↑このページのトップヘ