配当金だけで生活できるその日まで

平均4%以上の高配当株を長期保有して複利で増やしていきます。目指せ1億円!!

タグ:NTTドコモ

8月21日にNTTドコモ (9437)KDDI (9433)が大幅に下落しました。

一体何があった??

と思って焦ってニュースを読んでみましたら、「菅官房長官が講演で、日本の大手携帯電話事業者は競争が働いていないと述べ、携帯電話料金は4割程下げる余地がある」と発言したことを受け、大幅に下落したようです。

以前楽天が携帯事業に参入するというニュースを受けて大幅にドコモやKDDI株が下落しましたが、あの時はスペシャルタイムセールでした。

その後値は元に戻るどころか含み益をいただけるまでになっていましたが、今回も実際に業績悪化や減配等の悪材料というわけではなく、あくまで業界全体が下がっているだけなので時間が経てば元に戻っていくでしょう。気にする必要はないかと。

携帯利用料は格安携帯もありますし、値段にこだわるのならば格安携帯を利用すればいい。

若者はドコモならばずーっとドコモユーザー
auならばずーっとauユーザーと、ころころキャリアを変えないことは前にも書きましたが、今回の発言で株価は一時的に暴落していますので、買いのチャンスかもしれませんね。

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="8309740292">




▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)












NTTドコモ (9437)より3月権利分の配当金をいただきました。6月20日の入金です。

FireShot CapocumentTextDisplayAction.do_messageNo=2018

今回は1株あたり50円で私は200株保有していますので、税引後7,969円をいただきました。次回配当金は55円に増配となりました。2015年度からは増配が続いています。

買付時からの損益は+36,100円

利回りは本日の終値で現在3.89%

私は値が下がって4%を越えた時に買付しています。

一時はどんどん下がる株価に不安になったこともありましたが、びくびくしながら買い増したのを覚えています。含み益が出てくるようになって安心しています。ただ、まだこの先下落するかもしれませんし、株価に一喜一憂しても仕方ないんですけどね。

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="8309740292">



*****

私はドコモユーザーなのですが、auやソフトバンクのように毎週●●が貰える〜みたいなものがないので、羨ましいな〜と思いながらCMを見ています。

以前はymobailを使っていましたが、ドコモに親戚一同で変えてから、私の1ヶ月の利用料は2,000円になりました。

ドコモで2,000円って安くない?って感じですがパケット料を分け合う子回線に入ることによってかなり安くなりました。

ただ、通話は1回5分以内のみ無料なので、ほとんど電話は使っていません。無制限で通話無料ですと月額3,000円でした。1,000円の差に悩みましたが、母の携帯を通話無制限にして、どこかに電話をしなければならない時には母の携帯からかけています。

パケット料は家に無料でWiFiが引いてあるので、それを使って外出時にはポケットWiFiを持っているのでほとんど本体のを使うことはありません。

結局ポケットWiFiの費用月額3,980円がかかっているので、1ヶ月の通信費は8,980円かかってはいますが、通信費を気にしながら携帯で作業するのは嫌なので使い放題にしています。

よく月末になると通信制限で携帯見れないの。って聞くので不便だな〜と思います。

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="8309740292">




▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)













9月権利確定分のNTTドコモ (9437)より配当金のお知らせをいただきました。

通常9月権利確定銘柄の配当金の支払いは12月が多いですが、11月21日とは早いですね。11月は入金が少ない時期なのでとても嬉しいです☆

11211

ドコモはGMO証券のほうで200株保有しています。
1株あたりの配当金は50円で税引後、7,969円をいただきました。

株価のほうは購入時から最近ようやく上がってくれて、+39,800円となっています。

一時期含み損がけっこう出ていて100株買い増ししました。

購入時の配当利回りは3.86%でした。

現在の利回りは3.51%とそれでもまだ高配当ですね。

下がり続けていると不安になってきますが、下げる材料も特になく「割安だ」と思える時には自分を信じてナンピンするのも大事です。

臆病なので下がっていると買い増しするのは勇気が入りますが、いつもどうしようかな。と悩んでいるうちにどんどこ上がっていってしまうので、ここだ!と思えた時には行きます。

11212


ナンピンできるだけの買付余力を残しておくのも大事です。

余力がないと指を加えて見ているだけになってしまいます。本当はがっつりフルポジでいきたいところですが、チャンスを逃さないためにある程度の現金は持っておいたほうが相場全体が下がった時にも心のゆとりが生まれます。

下がる時はとことん下がり続けますからね・・・


配当・配当金ランキングへ

株式投資人気ランキングへ

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">







32.5円下げていたので、NTTドコモ (9437)を2590.5円で100株買い増しました。
合わせて200株の保有となります。

7251

ドコモは配当年10,000円で利回りは3.85%

3月・9月権利確定銘柄となります。

増配が続いていますし、長期保有でも値が上がったら利確してもどちらでも良いかな、という位置づけです。

先日買い増ししました産業ファンド投資法人 投資証券 (3249)は上がってくれました。買い増して正解でした。ただ、7月が権利確定月なので権利落ちが激しそうですが・・・


7258


業績も悪くないのに謎に値が下がっている銘柄は、そのうち値が戻ると信じているので、買い増すようにしていきます。

今日はもう1銘柄買いました。後ほど更新します。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




配当・配当金ランキング

株式投資人気ランキングへ






GMO証券の特定口座のほうで、NTTドコモ (9437)を100株購入しました。

6292

こちらは3月・9月権利確定銘柄で年1万円の配当予想です。
配当利回りは3.71%になります。

PER16.04倍・PBR1.8倍と、普段スクリーニングしている「PER10倍以内・PBR1倍以内」の条件には満たないのですが、安定した業績と増配が決め手となって購入しました。

少し条件を緩めるとヒットする銘柄がだいぶ増えるので頻繁にチェックしています。

他に気になっているのは
マックスバリュ東海 (8198)こちらは優待+配当利回りが4.6%で業績も安定していますが、値が上がりすぎているので、下がるのを待ちます。ただ、配当・優待が年1回2月だけなんですよねえ。

もし今購入しても次に貰えるの来年の5月か・・・。

配当や優待が年1回だけの会社はどうも買う気になれないのは私だけでしょうか???



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




配当・配当金ランキング

株式投資人気ランキングへ







↑このページのトップヘ