配当金だけで生活できるその日まで

平均4%以上の高配当株を長期保有して複利で増やしていきます。目指せ1億円!!

タグ:SBI証券

SPDR S&P500 ETF (1557)から6月権利分の分配金をいただきました。
BeautyPlus_20180901135753179_save

今回は1口あたり1.245568ドルで10口保有のため、税引後993円をいただきました。(1ドル110.72換算)

買付時からの損益は+34,920円

S&P500に日本円で投資できるETFになります。米国株に投資してみたいけれどドルで資産を持つことに抵抗がある方にはオススメのETFでありますが、SBI証券での保有では残念ながら、指定の銀行口座への振込か、郵便局での受取になってしまいます。

カブドットコム証券ならば証券会社の口座へ振込、特定口座で損益通算の対象になるみたいなのでそのために口座を作ろうかと悩んだこともありましたが、1銘柄のために口座を増やすのも手間なので辞めました。

SBI証券でも確定申告すれば損益通算可能とのことです。

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="8309740292">


私はドルで直接買い付けるバンガード S&P 500 ETF(VOO)も16口保有していますが、16口の保有で+336.96ドルになります。(111円換算で+37,065円)

買付時期が異なるので何とも言えませんが、パフォーマンス的にはVOOを直接買い付けても、SPDR S&P500 ETF (1557)を買ってもさほど差はないと思っています。

米国ETFはNISAで買えば買付手数料は無料になりますが(SBI証券の場合)、特定口座での買付は手数料が高額です。NISA枠以外で買うのであれば、手数料を考えたらSPDR S&P500 ETF (1557)を買ったほうが良いと思っていますので、今後は1557のほうをコツコツ買い増していこうと思っています。


▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)















先日アクティブプランの料金プランが変更になったSBI証券ですが、今度はスタンダードプランの手数料が変更になるようです。

12月22日約定分より、以下のように変更になります。(税抜)

11301

完全に楽天証券を意識した料金プランになっていますね(笑)

私の愛用しているGMO証券が上記の表に載っていなかったので確認してみますと
11302

GMO証券のほうは【税込】価格なのでGMOが一番安いですね。

私は優待で年間1万円分キャッシュバックされるので引き続きGMO証券を利用していきますが、今までSBI証券を利用していた方は安くなるのでありがたいですね☆

日本株ばかりでなく、是非米国株の手数料を下げてください〜!日本株に比べて高すぎます。

どこか1社が下げてきたら他も合わせて下げてくるでしょう。

日本株くらい手数料が下がったら米国株を始めてみる人もかなり増えるでしょうね。


▼ランキングに参加しています(^o^)
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">








1日1500円から初めた外貨積立ですが、なかなか希望の額で購入できないので、1日の購入金額を5000円から一気に5万円にアップしました。

 6168

今日は1ドル111.27円と値上がりしてしまってまた約定ならず。

でも、470.43分ドルあるので、試しに少額ならば米国ETFが買えます!試しにiシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF(HDV)ならば、85.34ドルで1口から購入できますので、約9387円から購入することが可能です。

6169

SBI証券のほうにドルも移したことですし、実際に自分で試してみないことには、かかる税金はNISA口座で購入の場合、外国税の10%のみなのか?とか色々分からないことだらけですので実践あるのみです。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




配当・配当金ランキング

株式投資人気ランキングへ




 

今朝SBI証券にログインしましたら、こんなお知らせが


osirase

今まではIPOに応募しても、当選結果発表の日に自分で当選したかどうか確認しなければなりませんでしたが、5月9日からは当選したかどうかのお知らせがメールで届くようです。

便利になりますね♪

でも今のところ新規の募集はないようですが、新しい案件が登録されたらお知らせがくる機能も追加してくれたらありがたいです。
 


配当・配当金ランキング

株式投資人気ランキングへ

 

SBI 証券に口座を持っている方はメールが来たかもしれませんが、

早期償還が発生しなければ、年率5.40%(税引後4.302%)の利金を3ヵ月に1度のペースで得られる!

というEB債。


『電通(4324)』の株価が1年半、一定の範囲で推移すれば、3ヵ月に1度のペースで年率5.40%(税引前)の利金が受け取れ、満期には額面100%で償還されるそうです。

ですが、購入金額よりも70%以下の水準になってしまうと、その時点で終了。

ノックインが発生します。

つまり元本保証ではなく、大変危険な投資ですね。

過去、70%以下になったことはないようですが今後何があるかは誰も予測できません。

これが1万円から投資可能であれば試しに少額購入してみても良いですが、こちらは100万円が1口になります。

5.4%の配当は魅力的ですが100万円を投資する気にはなれません。

それならば、例え株価は下がったとしてもノックインにならずにずっと保有しておける日本株を20万円×5銘柄保有しておいたほうが、長い間配当を受け取り続けることにより、株価の下落をカバーすることができます。

配当がで続ければの話ですが。

増配、もしくは一定の配当を長期間安定して受け取れる銘柄研究は、なかなか時間はかかりますが楽しいです。

自分で納得して購入したものに関しては値が下がっても、慌てず騒がず保有し続けていく。

が投資方針なので、長いお付き合いのできる会社を探して少しずつ増やしていきます。

↑このページのトップヘ