配当金だけで生活できるその日まで

平均4%以上の高配当株を長期保有して複利で増やしていきます。目指せ1億円!!

タグ:VYM

バンガード トータル ワールド ストックETF(VT)バンガード 米国高配当株式ETF(VYM)より9月権利分の分配金をいただきました。

FireDocumentTextDisplayAction.do_message
バンガード トータル ワールド ストックETF(VT)からは1口あたり0.3615ドルでNISAで15口保有のため、税引後4.87ドルをいただきました。

買付時からの損益は-16.5ドルと私が保有中の米国ETFの中では数少ないマイナスとなっています。

利回りは2.24%

正直、これから米国ETFデビューをしようかな?と検討中の方にはあまりオススメできません。あくまで個人的な感想ではありますが。

ETFを選ぶ際にVTIか、こちらのVIかで悩みました。VTIは米国株式に投資するのに対してVTは米国を含む全世界の先進国株式市場および新興国株式市場を投資対象としています。

米国だけではなく、全世界に投資できるなんてこれ1本持っているだけでいいのでは?と当初は思っていたくらいですが、蓋を開けてみたら【米国強し】ということでVTIのほうが良いパフォーマンスになっています。

どちらにしようか悩んだ末、どちらも買ってみようということでVTも保有しているわけですが、何事も経験です。実際に身銭を切ってやってみないことには、いくらネットで調べてみても実際のところは分からないので、保有していることに後悔はしていません。

今はマイナスですが、長い目で見たらプラスになる可能性もありますし、あまり気にせずに保有しておこうと思います。


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="7514400157">


FireShot Capt.postub.mypot.jp_weblayAction.do_message
また、バンガード 米国高配当株式ETF(VYM)からは1口あたり0.6718ドルでNISAで12口保有のため税引後7.26ドルをいただきました。

買付時からの損益は+36.84ドル

利回りは2.9%

こちらも同じような高配当ETFのHDVとで悩みました。HDVは米国の高配当75銘柄で構成されていて、銘柄数が少ないのが特徴です。VYMは米国の高配当株350社以上に分散されています。

分散が効いている分、VYMのほうが安定していて良いのではないかな、と思っていましたが、現状HDVのほうが含み益が多く利回りも良いという結果となっています。


私が米国ETFを始めてまだ1年3ヶ月です。短い期間でのパフォーマンスですのでどちらが良いとは一概に言えません。

ETFに関しては利回りが低い分、自動的に銘柄の入れ替えをしてくれる。複数の銘柄で構成されているので安定感があるという点で個別株よりも楽に投資ができると思います。米国株デビューをするならばいきなり個別株を始めるよりもETFで慣れていって、ゆくゆくは個別株も保有していく。というやり方が良いのではないかな〜と思います。


▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)












バンガード 米国高配当株式ETF(VYM)・バンガード トータル ワールド ストックETF(VT)・バンガード S&P 500 ETF(VOO)より3月26日権利分の分配金をいただきました。

BeautyPlus_20180331105621_save

3月26日権利で30日に入金なので、かなりスピーディーです。

明細はまだ届いていないので月曜に画像差し替えます。

今回はバンガード 米国高配当株式ETF(VYM)は1口あたり0.6084ドルで7口保有していますので、10 %の税引後3.75ドルをいただきました。
購入時からの損益は-7.49ドルとなっています。
利回りは3.01%


バンガード トータル ワールド ストックETF(VT)は1口あたり0.2573ドルで5口保有していますので、1.16ドルをいただきました。
購入時からの損益は+5.05ドルとなっています。
利回りは2.16%


バンガード S&P 500 ETF(VOO)は1口あたり1.0837ドルで10口保有していますので、9.77ドルをいただきました。
購入時からの損益は-5.7ドルとなっています。
利回りは1.86%

合計で14.68ドルになります。

29日に受け取った分配金と合わせると34.19ドルが年4回定期的にいただける額となります。

来月以降も少しずつ買い増していきます。


いただいた分配金は、ある程度の額がまとまったら次の購入資金に充てたいと思います。


米国株全体での損益は-1239.32ドルとなっています。

プラスに転じてくれるまで気長に待ちます。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




▼ランキングに参加しています(^o^)
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)









共に9月20日権利確定分の VYM・VOOから分配金をいただきました。

9276

▲バンガード 米国高配当株式ETF(VYM)は1口あたり0.602ドルで私は2口保有のため1.08ドル
利回りは3%となっています。
購入時からは2口で3.5ドルのプラス


9275

▲バンガード S&P 500 ETF(VOO)は1口あたり1.176ドルで3口保有で3.18ドルいただきました。
利回りは1.95%となっています。
購入時からは3口の保有で19.29ドルのプラス

NISA口座での保有のため、外国税の10%のみ引かれた金額となっています。
投資額がかなりの少額のため、かわいい数字となっています。


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="4464367899">



来年は私名義のNISA枠は全て米国ETFを買い付ける予定ですが、家族名義のNISA枠も米国ETFにしようか悩み中です。

もし年内にドルが安くなったら、家族名義の住信SBIネット銀行でドル転するかもしれません。

優待の関係などで家族名義でも取引をされている方は多いと思いますが、わたしは家族名義と私名義での取引はパソコンのアカウントを切り替えて作業しているのですが、いちいちログインし直してチェックするのは結構な手間なんですよね。

中には家族名義で5つ優待とりました!なんて方もいて、どうやって管理されているのかとても興味深いです。

取引が複雑になってくるので、家族名義は日本株だけにしようと思っていたのですが、米国株は通常の取引では手数料が高く、ちょこまか買いができないので、1度に50万円以上は買い付けないと、等と考えると今の私はNISAの範囲内での取引にとどまってしまいます。

米国株の魅力については米国ブログの勢いを見ていると説得力もありますし、とても分かります。

この件に関してはしばし悩もうと思います。


配当・配当金ランキングへ

株式投資人気ランキングへ

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">










最近早起きで23時半まで最近起きていられないので、米国株をリアルタイムで見ることができないということに気づいたラブリです。

今日はがんばって起きてみようと思いますが、購入予定のETFを注文入れておきました。

価格はまた微調整しますが、とりあえず注文入れておいて「訂正」したほうが早いと思いまして☆

61191

色々な方のブログを参考にさせていただいて、上記の4つに絞りました。

米国株に関しては本気のド素人なので、経験者の皆様のお知恵をお借りして勉強していきたいと思います。

きっとそのうちに、ETFじゃなくて米国個別株を買うわ。と言ってそうな気がします。

日本株に関しては、配当益さえ安定していただければ値は上がらなくても良い(下がらなければ良い)という定期預金感覚の投資でしたが、米国株に関しては、PFFを除いて、配当益だけを重視するのではなく、値上がり益も重視したトータルリターンで選びました。

私の購入基準である「配当利回り3.5%以上」をクリアできるETFは本当に少なくて、配当だけで探してしまうと購入できる米国ETFがほとんどない。という状況だったのもありますが、まずは少額から様子を見てみようと思います。

個別の詳細はまた後日書こうと思います。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7010119667143120"
data-ad-slot="5058886892"
data-ad-format="auto">




配当・配当金ランキング

株式投資人気ランキングへ





↑このページのトップヘ