家族名義のNISA枠、残り516,388円で何を買おうかずっと考えています。

正直、今の日本個別株は安心して保有しておける銘柄が少なく、特にNISAでの買付となるとロールオーバを含めて10年間、増配はなくとも減配のない(であろう)銘柄を保有したいものです。


となると米国ETFや連続増配が数十年と続いている米国個別株。ということになってきてしまうのですが、先日も書きましたが家族名義の口座ではドル資産を持ちたくないんです。

なので円で投資できる他国の商品で探していましたが、iシェアーズ 米国リート ETF (1659)利回り4.07%くらいしかヒットせず、1口あたりの買付価格が安いのでNISAで保有する必要性もあまり感じられないので、買うならば手数料無料の範囲内で特定口座で保有すればいいかな、と思うように。


NISAでの買付のメリットは「日本株は売買手数料が無料」「米国ETFは買付手数料が無料」という点ですので(SBI証券の場合)、この手数料無料の恩恵を最大限に活かすためには、日本株で1単元の高い銘柄を買うか、米国ETFを買うかの二択になります。


米国ETFを買付るとなると、ドル資産を持つことになるので今後のドルの割合が増えてしまいます。


最終的にドル1:円1 の割合で資産を形成していきたいと思っているので、家名義のNISAもドルにしてしまうのはなぁ・・・としばし悩んでいましたが、気になるETFが出てきました。


最近よく目にするS&P 500高配当株式ETF(SPYD) です。


S&P500高配当指数に連動する投資成果を目指すETFとのことで、S&P 500に採用されている銘柄の中から高配当株上位80銘柄を抜粋しています。

そのため、4.28%程と魅力的な利回りとなっています。


昨日買付した、日経平均高配当株50指数連動型上場投信 (1489)の米国版みたいなイメージですね。


S&P 500に採用されている銘柄ですので、ただ利回りが高いだけの集合体ではなく安心感もあり、パフォーマンスもなかなかです。

▼SPYD ▼VOO

SPYDは設定が2015年10月ですので、あまり参考にならないかもしれませんが、本家と比べてもいい戦いをしています。


値動きを見てみましょう。

Fire-オンライントレー国株式取引_ - ht

昨年末にはドカンと下がっていますが、今年に入ってからはグングン値を戻してきています。今は高値で買いたい水準ではありませんが、36ドル付近まで下がることがあれば利回りも4.5%程になります。


高配当米国ETFとしてはHDVVYMを保有していますが、高配当というわりにはHDVは3.34%、VYMは3.09%の利回りです。もう少し利回りがほしいところです。

私が保有しているETFと同じものを買うのもつまらないですし、リスク分散を考えたら新しいETFを家族名義のほうで保有してみる。というのもアリかもしれません。


ただ、1つ難点が!!

ここまで見るとSPYD最高じゃん。という感じですが、80銘柄のうち約半分が「不動産」と「公益事業」ということです。

利回りを追求したETFになるので、セクターの分散までは考えていない。

ということになります。ただ、1銘柄につき1.25%ずつ分散されていますので、そこまでの不安要素は少ないかもしれません。


今後、残りの家族名義NISA枠でSPYDを少しずつ買っていくか、それとも本来の予定通り円で買付できる銘柄にするかは、しばし悩んでみます。


一番の希望は、円で買付できるSPYDに連動したETFを作ってもらえたら最高です。SPYD自体、設定から日が浅いからまだ先でしょうね・・・。


▼ランキングに参加しています(^o^)1日1クリックしていただければ大変励みになります★
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村

株式ランキング

Twitterはこちら
ラブリ (@haitou_seikatu)