ネットを徘徊しているとよく目にする外貨預金の「南アランド1ヶ月定期34%!」の広告。

34%?それ凄くない?

って飛びつきそうになりました。
ということで、どういう仕組みなのか調べてみました。


年間34%(税引後)27.09%ということは、1ヶ月あたり2.25%という計算になります。

1ヶ月限定での特別金利なので、この金利で1年や3年預けておけるわけではありません。

1アランドあたり8.46円(4月21日現在)

為替コストは1南アランドあたり15銭

仮に30万円分投資しようとすると、35460アランドになります。為替手数料は5319円。

1ヶ月でいただける金利は7500円

あら〜じゃあ、たった1ヶ月で為替手数料を差し引いても2181円になるじゃないか!

と思うかもしれませんが、南アランドのお金をそのまま持っていても仕方ないですよね?いつか日本円に変える時がきますよね?


この時に更に日本円に戻すための為替手数料が同額の5319円かかるんですね。

あれれ?

2181円−5319円=???


−3138円???

 

からくりは、南アランドがドル等に対して単位が小さすぎるため為替手数料がめちゃかかる。というものなんです。

1ドル=109.3円
1南アランド= 8.46円

ドルで30万円分購入しようと思ったら2744ドル、為替手数料は412円で済みます。
南アランドの場合、同じ30万円分購入しても5319円かかる。

その分金利が高くても儲からない。


南アランドが上がれば話は別ですが、上がって・・・いません。

外貨の定期預金に興味がある方の参考になれば幸いです。


配当・配当金ランキング

株式投資人気ランキングへ