Twitterのほうで以下のご質問いただきました。


ノートを見ていると小さく数千円単位で獲っていますが何%で利確のような基準を設けているんですか? 私は上げてくると、もっと上がるぞと強欲な悪魔が囁いて結果チャンスを逃すと言うのを何度もやってしまいます(>_<)


利食いに関しては何%とか基準は設けていなくて、デイであれば当日の値動きを見て判断しています。

2020-11-20_17.59.49
分足で上のようなチャートでしたら、朝一から㏌することはなくてだいたい10時くらいまでは今日の値幅を観察しています。


右肩上がりでドンドン上がっていったり、逆にダダ下がりのような値動きであれば㏌せず、10時までの間に上がったり下がったり動きがあれば、ここまで下がってきたら㏌しよう、緑色のラインを自分で決めて、指値で買い注文入れておいて約定されたら、すぐに緑のラインの上値で売り注文を入れておきます。


それ以上値が上がったとしても気にしない。


この緑の幅でとれれば良いと考えます。上限いっぱいとろうと思うとその直前で下がったり、ほんの数円の指値に届かず下がっていってしまったりするので、厳密には緑のラインはMAXでその少し低い額で指値を入れるようにしています。


欲張ると良いことないので(経験上)少ない利益を積み上げていっています。このやり方だといくら地合が良く相場全体が大きく上昇しているような日であっても、リバがなくて右肩上がりの値動きだと上昇の途中で入るのが苦手なのでどこにも入れず、せっかく地合の良い日なのに全然稼げない問題が勃発してきます。


いくら地合が良くてもいつ雪崩れてくるか分からないので、上昇中に無理して入らないようにしています。後場で一気に崩れてきたり、アルアルですよね。


そういった日は、事前に仕込んでおいた銘柄も上がっているはずなので、仕込んでおいたスイング用銘柄をいくつか利確して終了となります。


スイング用銘柄の利確のタイミングもチャートを分足から日足に変えるだけで、この範囲で動いているな。と判断したらその少し下で売りの指値を入れっぱなしにしておく感じです。


なので上場来高値を更新中の銘柄等は苦手です。どこまで上昇するのか全く分かりませんし、上昇が続いていると調整が入った時に長そうなので、上がり下がりがありつつ、長期で見ると確実に右肩上がり。みたいな値動きが好きです。


あと、余談ですが長期保有しておきたい優良銘柄に関しては、例えばトランプさんがコロナになった。とニュースが流れた時とか、一時的にマーケット全体がガっ!と下がることってあると思うのですが、そういう急激な下げのタイミングで買えたらいいな。と思う、とてもとても図々しい買値を指値で入れっぱなしにしてあります。

IMG_20201121_032320
このチャートだったら2,420円とか、年に数回来るかもしれない底で買えたらいいな~という期待を込めて指値で入れてあります。ただ難点はこういった注文で資金を拘束されてしまうので、余裕資金があれば。の話です。私もやたらと買付余力がないなぁ。と思っていたらこの入れっぱなしにしていた注文のせいでした。



私も日々模索しながら修行中の身ですのでこうしたら良いよ!とか偉そうに語れる立場ではありません。悪戦苦闘しながらもがいている様子をリアルにお伝えしていきたいので、あくまで1つの考えとして頭の片隅に留めていただければと思います。



★ランキングに参加しています

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
にほんブログ村

Twitterは毎日更新中