もし大きな暴落がやってきた時に、どう立ち回れば良いのかシミュレーションしておく必要はあると思います。


それぞれ投資方針も保有銘柄も異なりますので正解はないと思いますが、私の場合の立ち回りを考えてみました。


・含み益が出ている銘柄、含み損のある銘柄も一旦は売却
・長期優遇のある優待銘柄や高配当株等、仮に半値になったとしても保有を続けられる優良銘柄(現物)は残しておく
・現金比率を高くしておく
・底をついたのを確認してから拾っていく


一旦は大きな損失を確定することになるかもしれませんが、どこまで下がるか分からない不安を抱える日々を送るよりも、一旦はポジションを軽くしてしまえば連日株価が暴落を続けても問題ありません。


全てを手放しても良いのですが、思ったよりも下がらず数日でリバウンドを始めるかもしれませんし、高配当株くらいは残しておいても良いかと思っています。


一番怖いのが信用で持ちすぎていて「追証」になることです。


大きくマイナスを出したとしても地合の良い時に取り戻せば良い。と割り切ることも大事です。マーケットに居座っていればいつか大きく資産が増やせるタイミングってあるはずなので、とにかく退場にならないように、ダメージを最小限で食い止める必要があると思っています。


大きな暴落がおきないのが一番ですが、もし来ても慌てないように自分のポートフォリオだったらこうしよう。と戦略は練っておいて損はないと思います。




★ランキングに参加しています

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
にほんブログ村




tt
Twitterは毎日更新中