私には弟がいるのですが、離れた場所に住んでいるので会うのは数年に1回。連絡は主にラインか仕事中はgmailなんですが、最近「株やってみたいんだけ、何買ったらいい?」と連絡が。


何年か前にもやるやる言って証券会社の申し込みまでしたのに、NISAの手続きに手間取って途中で投げてしまったようで、数年ぶりにまたやろうと思い立ったようです。


というのも、結婚を考える彼女と出会って今までのように散財していてはダメだと思い、結婚資金を貯めるため、節約して毎月投資に回したいとのこと。


投資に回せる資金は月5万。


初めて投資をする人がいきなり個別株をやるのは難易度が高いですし、そもそもチャートの見方も決算資料の読み方も分からないのですから、放ったらかしておけるインデックス投資を勧めました。


インデックス投資といってもたくさんありますが、勧めたのは


MAXIS全世界株式(オール・カントリー)上場投信 (2559)
iシェアーズ S&P 500 米国株 ETF (1655)


を25,000円ずつ毎月買っていく。


個人的に投資信託よりもETFのほうが好きなので、この2つを勧めました。


インデックス?アメリカなの?指数って?って質問攻めだったので、以前買って分かりやすいな、と感じたお金は寝かせて増やしなさいという本を送りました。


本を読むか読まないかは本人次第ですし、実際にやるかやらないかも本人の意思なので、私からはアクション起こしませんが、果たして弟は実際に投資を始めるのでしょうか?


弟はたぶん一般的な「投資=怖い」の考えの持ち主で、資産が減る時もあれば増える時もある、のこの「減る時もある」に躊躇するようです。


誰しも自分のお金が減るというのは嫌なものです。


元本保証で年利5%なんて商品は今はもうないので、そこはリスクをとれるかどうか、本人の考え方なので、買ってすぐに大きめな暴落が続いてみるみる資産が減っていったら「やっぱりやるんじゃなかった!!」と思うでしょうし、早くやりなよ。とはなかなか言えないですね。


しっかりリスクも把握して、腹に落ちた状態でスタートしないと長く続けていくのは難しいと思うので、また弟がこの後どういう行動に出たかは報告したいと思います。


★ランキングに参加しています

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
にほんブログ村

tt
Twitterは毎日更新中