2022年3月に入気があった配当金です。

・カナディアン・ソーラー・インフラ
・すかいらーくホールディングス
・マリモ地方創生リート投資法人
・iシェアーズ S&P 500 米国株 ETF
・GMOフィナンシャルホールディングス
・日本たばこ産業
・ヒューリック
・日本リート投資法人
・アーバネットコーポレーション
・キリンホールディングス
・フジオフードグループ本社


64,452円(税引後)


という結果でした。


12月権利銘柄はけっこうたくさんあるはずなのですが、権利前に高値だった銘柄は手放してしまいました。JTをもっと仕込んでおけばな〜とか後悔は多々ありますが、高くて買えなかったので無理に高値で仕込む必要もないですね。


本当は暴落時に仕込んで、あとはじっと配当や優待をいただけば良いのですが、加熱しているなと感じた銘柄は手仕舞いして、投資口発行等でガッツリ下がっている銘柄等の買付に充てて、資金を回転させていきたい派です。


どちらがパフォーマンスが良いか検証したことはないので分かりませんが、思っていたように値が上がらなければ権利とって配当貰いながら気絶しておけるし、値が上がれば利益確定させて次の割安銘柄探しに資金を使えるので、リスクも少なくとても楽しい。というのが大きいです。


ほとんど趣味もないですし、唯一長い期間夢中になっている(続いている)のがトレードなので、この先もチョロチョロ銘柄入れ替えるスタイルは変わらないと思います。


投資への情熱がなくなってきてしまったら、個別銘柄は全て売り払って無心でインデックス投資に切り替えると思います。


■2022年度受取配当金・分配金
・1月143,694円
・2月13,795円
・3月64,452円


■2021年度受取配当金・分配金
・1月136,944円
・2月59,064円
・3月71,662円
・4月86,931円
・5月119,762円
・6月187,630円
・7月43,215円
・8月26,018円
・9月19,590円
・10月7,649円
・11月54,373円
・12月58,495円

2021年度750,190円円(税引後)


■2020年度受取配当金・分配金
・1月138,594円
・2月68,048円
・3月96,568円
・4月81,943円
・5月115,205円
・6月118,588円
・7月100,373円
・8月84,652円
・9月105,898
・10月78,486円
・11月102,196円
・12月79,650円


2020年度1,170,201円(税引後)

 


★ランキングに参加しています

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
にほんブログ村

tt
Twitterは毎日更新中